少し前まではチョッパーと呼ばれていましたが、現在ではスラップ奏法スラッピングと呼ばれることが多くなってきました。近年ではツーフィンガー奏法やピック奏法と、同じくらいメジャーな弾き方になってきており、スラップを弾きたくてエレキベースを始めた、という人も多いでしょう。しかし、全く分からない人の為にも、ここではスラップ奏法の基本的なことから見ていきましょう。また、スラップ奏法は弦高によっても、弾き易さが左右されやすいので、弦高の調節方法についても見ておきましょう。

スラップ奏法をYouTubeで見る


ラリー・グラハムはスラップ奏法の元祖

ラリー・グラハムはスラップ奏法の元祖、の一人とされるベーシストです。ライブでドラムが不在だった為に、エレキベースでドラムのような感じは出せないものか、と考え生まれたのがスラップ奏法らしいです。


マーカス・ミラーの「Run For Cover」

マーカス・ミラーも世界的に有名なスラッパーで、彼の代表曲である「Run For Cover」は、スラップ奏法の良い練習曲になっています。また、マーカスのエレキベースや機材にも、一度は憧れると思います。

サムピングとプラッキング(プル)

スラップの動画を見ても速すぎて分からない、と思った人もいるかと思いますが、スラップ奏法は親指で弦を叩き、他の指で弦を引っ張り、音を出すのが基本です。親指で弦を叩くことをサムピング、人差し指や中指で弦を引っ張ることをプラッキング(プル)と言います。サムピングとプラッキングについては、後のページで詳しく説明しているので、参考にしてください

好きなスラップベーシストを見つけよう

最近ではスラップ奏法に関する、市販の教則本も多くなっており、それで基本などを学ぶことが出来て便利です。しかし、それだけではモチベーションなども継続しないと思うので、好きなスラップベーシストを見つける、ことも大事かと思います。スラップ奏法はツーフィンガー奏法やピック奏法に比べると、まともな音を出すのも難しいはずです。その為に挫折してしまう人も多いので、お手本となるスラップベーシストを見つけ、目標にしたりイメージを持つほうが、上達にも繋がるかと思います。

弦高とオクターブチューニング

スラップは音を出し難い奏法ですが、エレキベースのセッティング次第で出し易くもなり、その一つが弦高(げんこう)にあります。弦高とはフレットと弦の間の距離のことを言い、これが数ミリ違うだけで弾き易さに影響します。


12フレット目の弦高のアップ写真

ローアクションは低め

少し分かり辛いかもしれませんが、写真でも見られるように、フレットと弦の僅かなスキマを弦高と言います。スラップは弦高が高いより低い方が弾き易い、というのが多い意見で、低めにセッティングされた弦高のことをローアクションと言います。

弦高は12フレット目

一般的に弦高は12フレット目を基準にセッティングすることが多いです。僕は1弦と4弦を1.5ミリ、2弦と3弦を2.0ミリのセッティングで、これが僕のローアクションかと思います。何処からの低さがローアクションになる、という明確な決まりはないので、弦高のローアクションに、個人差はあって当然です。また、練習量や季節によっても、細かく弦高を調節するベーシストもいます。


ブリッジのサドルとネジの写真

ブリッジで弦高の調節をする

弦高の調節はブリッジで出来るようになっています。写真でも見られますが、弦はサドルや駒(こま)と言われるパーツに乗っており、そのサドルには番と番のような、二本のネジがあります。それらを六角レンチやマイナスドライバーで、時計回りだと弦高が上がり、反時計回りだと弦高が下がる、というのが一般的でしょう。二本のネジは、同じ高さで合わすのが基本ですが、意図的に高さを変えることもあります。弦高の調節は、最初に弦を緩めてから行いましょう。

オクターヴチューニング(オクターヴピッチ)

弦高の調節をすると、必ずピッチに誤差が生じます。ピッチというのは音程のことで、特に12フレット以降のハイポジションで、正確な音程が出せなくなる、フレット音痴という現象が起こります。そこで番のネジを回し、正確なピッチを出せるよう調節します。これをオクターブチューニングオクターヴピッチなどと言います。オクターブチューニングの手順を見ていきましょう。

  1. 先ずは普段通りにチューナーで、開放弦のチューニングをしましょう。
  2. 各弦の12フレットを押さえた実音と、12フレットのハーモニクス音を、チューナーで比べてみます。
  3. 実音がハーモニクス音より高い時は、番のネジを時計回りの方向へ回し、サドルを下(エンドピン)の方へ動かしてやります。
  4. ハーモニクス音が実音より高い時は、番のネジを反時計回りの方向へ回し、サドルを上(ヘッド)の方へ動かしてやります。

オクターブチューニングも繊細

以上がオクターブチューニングですが、12フレット目の実音とハーモニクス音を、完全に一致させるのは無理だと思うので、なるべく誤差が出ないようにする程度が良いでしょう。また、弦高調節はネックの状態が悪すぎると、上手くいかないことも多いです。一度は楽器修理のプロであるリペアマンに頼んでみて、弦高調節やネックについて、相談してみるのも良いでしょう。