サムピングは親指で弦を叩きましたが、主に人差し指や中指を使い弦を引っ張り音を出すことをプラッキングやプルと言います。サムピングよりも鋭い音を出し、アクセントをつけられるのが、プラッキングの特徴でしょう。プルのみでも練習にはなりますが、サムピングとセットで練習する方が、感覚を掴み易いはずです。

プラッキング(プル)の基本


指を真っ直ぐに入れるプルの写真

指を真っ直ぐに入れるプル

上記の写真は1弦を、人差し指でプルする瞬間の写真で、その角度に注目してください。指が真っ直ぐに入っているのが、確認できると思います。過去のページ、スラップ奏法の親指で弦を叩くサムピングで説明した、フリー風サムピングならば、この指が真っ直ぐ入るプルになることが多いでしょう。


指を斜めに入れるプルの写真

指を斜めに入れるプル

次も同じく1弦を、人差し指でプルする瞬間の写真ですが、今度は角度が違っています。指が弦に対して斜めに入っているのが、確認できるでしょう。前述したフリー風サムピング以外の、ノーマルサムピングとサムダウン&サムアップならば、この指が斜めに入るプルが自然になるでしょう。

プルは浅めに軽く引っ掛ける

プラッキングやプルは「引っ張る」という意味なのですが、スラップ奏法では弦に指を軽く引っ掛ける程度が良いと思います。指の引っ掛かり具合も大袈裟でなく、僕は上記の写真くらいで、指先を浅めに引っ掛けている程度です。意識してプラッキングするのではなく、何となく指が弦に引っ掛かってしまったプル、というようなニュアンスが出せれば最高でしょう。もちろん個人差もあり、極端なところでは、指の第一関節あたりで弦を捉え、思い切り引っ張るベーシストもいます。

プラッキングをする指と弦

プラッキングする指ですが、最も使い易いのは人差し指でしょう。それだけでも問題ありませんが、中指でもプラッキング出来るようになると、ダブルストップと言われる二弦同時弾きなど、バリエーションが増えると思います。もちろん、薬指や小指でプラッキングしても構いません。また、プラッキングする弦についてですが、4弦ベースの場合だと、1・2弦ばかりでなく、3弦のプラッキングもよくありますし、強烈な音が欲しい時などは、4弦のプラッキングもあります。

プラッキング(プル)の基本練習

下記の動画とタブ譜面を利用し、プラッキング(プル)の基本練習をしてみましょう。最初にも説明したように、プラッキングはサムピングと一緒に練習した方が、感覚を掴み易いはずです。プラッキングする弦が違えば、指の距離感が大きく変わってきます。


プルの音楽記号

上記の動画はスラップ奏法の、サムピングとプルを組み合わせた、最も基本的なフレーズと言えるでしょう。このスラップのフレーズを基本として、次からのTAB譜面を参考に、サムピングとプルの練習をしてみましょう。また、プルを指示する音にはアクセント記号と同じ、プラッキング(プル)の記号の音楽記号を使うことが多いです。

サムピング&プルのオクターブ練習フレーズ

オクターブ練習フレーズ

先ほどの動画と同じフレーズのTAB譜面です。1小節目の1弦へのプルは、人差し指を潜り込ませやすいですが、2小節目はプルが2弦になるので、人差し指が1弦に当たってしまったりと、難しく感じられるかと思います。暫くこのオクターブ練習フレーズを繰り返し、サムピングとプルの、程よい指の距離感を掴んでみてください。

サムピング&プルの完全5度練習フレーズ

完全5度練習フレーズ

今度は先ほどのオクターブだったフレーズを、完全5度にした練習フレーズです。オクターブの練習フレーズとは違い、サムピングした直ぐ下の弦をプルするので、サムピングをする親指と、プルをする人差し指の距離感が、大きく違って感じられるはずです。

中指でもプラッキングする練習フレーズ

中指でもプラッキング

最後にオクターブと完全5度とを、ミックスアレンジさせた練習フレーズです。2弦5フレットのプラッキングは、人差し指でしますが、最後の1弦3フレットのプラッキングは、中指でも挑戦してみましょう。

ロータリー奏法

今度もプラッキングに関することですが、サムピングがサムダウン&サムアップに変わります。なので、サムダウン&サムアップが出来ない人は、先ずその練習からしていきましょう。サムダウン&サムアップをやらないという人は、無理に覚えるテクニックではないので、確認するだけでいいでしょう。


ロータリー奏法について

サムダウン&サムアップに続いて、プラッキングを入れてやるとロータリー奏法というものになり、ロータリー奏法はスラップ奏法の中でも、難易度の高いスキルとされています。後からTAB譜面でも説明していますが、上記の動画もオクターブのフレーズを、ロータリー奏法しています。

ロータリー奏法を表す記号

ロータリー奏法を表す記号ですが、サムダウンはダウンピッキングの記号と表され、サムアップはアップピッキングの記号と表され、これらはピック奏法のダウンピッキングと、アップピッキングに同じです。また、サムダウンはDownの頭文字を取り「D」と、サムアップはUpの頭文字を取り「U」とも表されます。プラッキング(プル)を表す記号は、このページで説明したプラッキング(プル)の記号です。この2小節のように、ロータリー奏法と判断できる譜面もあれば、そうでない譜面もあります。

ロータリー奏法のオクターブ基本練習フレーズ

ロータリー奏法の練習方法

動画でも弾いていた上記の2小節は、ロータリー奏法の基本練習レベルですが、初心者にはかなり難しく感じられるはずです。なので、最初から動画と同じテンポで弾こうとせず、そして、次のようにフレーズを区切っての練習、というのも効果的です。

サムアップ&サムダウンの練習小節

サムダウン&サムアップの練習

先ずは1小節目と2小節目の1拍目で弾く、サムダウン&サムアップを確実に弾けるようにしましょう。必ず次のようにする必要はありませんが、3弦をサムダウンしたなら、親指を振り切って2弦に当てて止め、そして、2弦に止めていた親指を返す時に、親指の爪あたりで3弦を弾きサムアップ、というフィンガリングをすると良いかもしれません。親指の爪ですが、少し伸ばす人もいれば、僕のように短い方が良いという人もいます。

1回目のプラッキングまでの練習小節

1回目のプラッキングまで

サムダウン&サムアップが出来たら、次はそこに1回目のプラッキングを入れる、ところまでを弾けるようにします。プラッキングが加わっているので、ここまででも一応は、ロータリー奏法が成立していることになります。2小節目の方が難しいと思うので、1小節目だけを繰り返し練習するのも良いです。

弾き終りの指を意識する練習小節

弾き終りの指を意識する

1回目のプラッキングまでが出来るようになったら、今度はサムダウンとサムアップを連続で入れてやりましょう。譜面にもあるように、弾き終りの指はアップピッキングの記号のサムアップなので、サムアップで終わる意識を持っておくと、分かりやすいかと思います。

ロータリー奏法を出来ないプロもいる

説明してきたように、ロータリー奏法で使うサムピングは、サムダウン&サムアップです。今はノーマルサムピングだけを練習したい、という人はそれで構いませんし、それが賢明かと思います。プロベーシストでも、サムダウン&サムアップを使わない人もおり、そういう人は当然ロータリー奏法も出来ません。スラップ奏法自体を、全くしないプロベーシストもいるので、自分が欲しい奏法を選べば十分です。