指で弦をはじき音を出すのがツーフィンガー奏法と言われる弾き方で、それは指弾きとも言われます。ツーフィンガー奏法で使う指に決まりはありませんが、人差し指と中指で弾くのが、最も一般的なフィンガリングです。具体的に指のどの部分を使うか、爪の長さなどについてなど、ツーフィンガー奏法の基本的なことを見ていきましょう。

ツーフィンガー奏法の位置と爪の長さ


弦に当てる指の位置を示した写真

ツーフィンガー奏法は指の腹

ツーフィンガー奏法は人差し指と中指で行いますが、弦を当てる位置にもポイントがあります。絶対的なことではありませんが、上記の写真でも示すように指の腹で弦をとらえることが大事かと思います。そうすることにより、太く力強い音が出せるでしょう。速弾きになれば指先で弾く方が適しており、それはそれで悪いことではありませんが、先ずは指の腹で弦を確実にとらえ、しっかりとした音を出せるよう心がけてください。


爪の長さと指の記号を記した写真

ツーフィンガー奏法は深爪

ツーフィンガー奏法では爪が長すぎると、爪が弦に当たってしまうので、常に爪を短く整えておくようにしておきましょう。僕の場合ですが、写真のように爪側から指を見て、指先が少し見える程度が丁度良い爪の長さです。これにも個人差があるので、程好い爪の長さはベーシストにより違ってくるでしょう。いずれにせよツーフィンガー奏法の指は深爪が普通くらいに思っておくと良いかも知れません。

人差し指と中指の記号

英語式で人差し指のことをインデックスフィンガー、中指のことをミドルフィンガーと言います。それぞれの頭文字を取って、人差し指を人差し指を表す記号で表し、中指を中指を表す記号で表すことがあります。ツーフィンガー奏法の練習時などに、それらのような指示を目にすることもあるので、覚えておくと良いでしょう。

アポヤンド奏法とアルアレイ奏法


1弦を人差し指でとらえている写真


弾き終えたら2弦で止めている写真

アポヤンド奏法について

上の写真は1弦を人差し指の腹でとらえて、弾く直前の写真です。1弦を弾き終え音が出たら、下の写真のように、人差し指は2弦で止めてやりましょう。こういったフィンガリングをアポヤンド奏法と言います。アポヤンド奏法をすることにより、はっきりとした力強い音を出せるでしょう。人差し指のアポヤンドに慣れたら、今度は中指でもアポヤンド出来るようにし、最終的には人差し指と中指を交互に使い、アポヤンドで弾けるようにします。

アポヤンド奏法のコツ

指の第一関節は指先に近い方で、第二間接は根元に近い方を言います。1弦を弾き終え、アポヤンド奏法で指を止めている、下の写真に注目してみましょう。指の第一関節は真っ直ぐに伸び、第二間接が少し曲がっているのが分かります。自然なアポヤンド奏法が出来てない人は、第一関節まで曲げてしまっていることが多いです。そういう人は指の第一関節は伸ばし、第二間接を少し曲げたアポヤンド奏法を意識してみてください。


4弦を人差し指でとらえている写真


4弦を弾き終えて親指で止めている写真"

4弦を弾き終えた場合のアポヤンド奏法

1弦を弾き終えたら2弦で指を止め、2弦を弾き終えたら3弦で指を止め、3弦を弾き終えたら4弦で指を止めるというように、弾いた直ぐ上の弦で止めるのがアポヤンド奏法ですが、4弦の上にはもう弦がありません。この場合、人差し指と中指は空を切っても良いですが、違和感を覚えることもあります。そういう時は写真のように、ピックアップの上に乗せている、親指に当てるようにしてやると良いでしょう。親指については、後のページでも説明しています。

アルアレイ奏法について

アポヤンド奏法に対してアルアレイ奏法という弾き方があります。少し触れましたが、弦を弾いた人差し指と中指を直ぐ上の弦で止めず、空を切る状態にするのがアルアレイ奏法です。アルアレイ奏法は和音を作るのに効果的で、人差し指と中指に加え、親指や薬指なども使い弦を弾く、ギタリストの弾き方に近くなるでしょう。しかしアルアレイ奏法は力強さに欠けてしまい、ポピュラー音楽には不向きなフィンガリングかと思います。なので、先ずは使い勝手が良く力強い音の出せる、アポヤンド奏法から習得していくといいでしょう。