ピック奏法は肘を始点とする弾き方手首を始点にする弾き方とに分けられることが多いです。ピック奏法の弾き方に迷うことがあれば、肘と手首について、考えてみるのも良いでしょう。また、音を止めるミュートと、音を鳴らすミュート奏法も見ておきましょう。

ピック奏法の始点は肘か手首


肘からのピック奏法は力強い

動画は肘から動かしているピック奏法です。肘の動きを使う場合は、肘から下を軽く固定させ、腕の力を利用し弾いてやります。固定はさせますが、腕をガチガチするのは良くなく、肩から指先までリラックスさせてやりましょう。腕はボディーに触れても、浮かせたままでもいいでしょう。肘からのピック奏法は腕全体を使って弾くので、力強い音を出せるのが特徴的かと思われます。


手首からピック奏法は速弾き

次の動画は手首から動かしているピック奏法です。手首の動きを使う場合は、手首周辺をボディに置き、軽く固定させてやると良いでしょう。やはり手首に力を入れすぎるのは良くなく、団扇を扇ぐような感覚を掴めればバッチリです。肘から動かすピック奏法に比べると、力強さは劣りますが手首からのピック奏法は細かいフレーズや速弾きなどに効果的だと思われます。

立奏と座奏でピック奏法を練習する小節

立奏と座奏

動画でも弾いていたフレーズを練習してみましょう。音楽用語で立って演奏することを立奏(りっそう)と言い、座って演奏することを座奏(ざそう)と言います。手首から動かすピック奏法は、立奏でも座奏でも割と弾き易いですが、肘から動かすピック奏法は、座奏の場合だと腕が窮屈になり、弾き辛いかと思います。立奏でもストラップの長さに左右されるので、程よい調節が必要になってくるでしょう。


上下のオルタネイト

過去のページでは、ピックは弦に対し平行に当てると説明し、上記の動画もそうしています。この上下のオルタネイトというのは、真下にダウンピッキングし、真上にアップピッキングする、ピック奏法だと思ってください。上下のオルタネイトピッキングは、肘から動かすピック奏法で、使うことが多いと思いますが、ピックの長さによっては、弦に引っかかってしまうこともよくあります。そこで次のオルタネイトを見てみましょう。


斜めのオルタネイト

今度もピックは弦に対して平行に当てていますが、ダウンピッキングとアップピッキングを、斜めにオルタネイトしているのが、確認できますでしょうか。斜めのオルタネイトを意識してやると、流れるようにスルスルと、ピックが弦を抜けるかのような、フィンガリングになるかもしれません。肘から動かすピック奏法で、ピックが弦に引っかかってしまう時は、この斜めのオルタネイトを試してみてください。因みに、手首から動かすピック奏法では、自然と斜めにオルタネイトしていることが多いです。

ピック奏法にはリストバンド

前述したように、ピック奏法では手首をボディに接触させ、滑らせて弾くことが多いです。季節にもよりますが、夏場などは汗で上手く滑ってくれない、ということもあります。そういう理由からピック奏法ではリストバンドを重宝するピックベーシストも多いです。リストバンドを身に付け演奏すると、手首も上手く滑ってくれるようになり、汗が垂れる防止にもなります。

ピック奏法のミュート

ツーフィンガー奏法では、人差し指と中指で弾きながらも、同じ手の方の親指でミュートをする、というフィンガリングをします。同じように、ピック奏法でもミュートをしますが、親指はピックを持っているので使えません。先ずは音を止めるミュート音を鳴らすミュート奏法というものを見ていきましょう。


ピック奏法の音を止めるミュート

鳴っている音を止めるには、押さえている弦を浮かしてやれば良いのですが、それだと音量次第では、音が残ってしまうこともあります。音を完全にスパッと切ってやるには、上の動画のように、小指から手首にかけてのチョップ部分で、全ての弦に触れてやります。これがピック奏法で行うミュートの一つです。


曇った音を鳴らすミュート奏法

次の動画ですが、これは最初からチョップ部分を、ブリッジ付近の弦に触れさせておきます。そうしながらもピックで弾いてやると、サステインと言われる音の伸びが、短くて曇った音が鳴ります。これがピック弾きで行われる、ミュート奏法というもので、音を止めるミュートとは違います。しかし、このチョップ部分で弦に触れるということは共通しており、これを意識して次を見ていきましょう。

チョップミュートで弦の共鳴を防いでいる小節

チョップミュートで弦の共鳴を防ぐ

これより前のページでも説明していますが、共鳴は鳴っている弦の振動につられ、他の弦も震え出し音が鳴ってしまう、という現象です。ピック奏法ではこれを、先ほど説明したチョップ部分のミュートを利用して、弦の共鳴を防いでやります。このサイトではそれをチョップミュートと呼ぶことにしましょう。上記の4小節で、チョップミュートの練習をしてみましょう。

1小節目はチョップミュートなし

1小節目はチョップミュートの必要はありませんが、1・2・3弦が4弦の振動で共鳴してしまうので、こういう時は左手(弦を押さえる方の手)を使い、1・2・3弦をミュートしておきます。

2小節目は4弦をチョップミュート

2小節目は4弦をチョップミュートします。それでいて3弦を弾かなければならないので、器用なテクニックを必要とします。1・2弦を左手でミュートすることも、忘れないでおきましょう。

3小節目は4弦と3弦をチョップミュート

3小節目は4弦と3弦をチョップミュートします。2弦までもチョップで触れてしまうと、ミュート奏法になってしまうので気をつけましょう。1弦のみを左手でミュートしてやります。

4小節目は4弦と3弦と2弦をチョップミュート

4小節目は4・3・2弦をチョップミュートします。チョップミュートの範囲が広く、これが一番ポイントを見つけるのに苦労するかもしれません。左手でのミュートは必要ありません。

チョップミュートも焦らない

今度は押弦をしながら、チョップミュートの練習をしてみましょう。3弦を弾く時は4弦を、2弦を弾く時は4・3弦を、1弦を弾く時は4・3・2弦を、それぞれチョップミュートします。チョップミュートさせながらも、同じ手でピックを使い弾くので、繊細なポイントを見つけることが大事です。しかし、共鳴は直ぐに起こる現象ではないので、2小節目なら3弦1フレットを弾くと同時に、4弦をチョップミュートしなければならない、ということはありません。チョップミュートもゆっくり慌てずに行いましょう。

チョップミュートも必要ない?

チョップミュートとして説明してきた、ピック奏法のミュートですが、これもツーフィンガー奏法の親指ミュートと同様に、ベーシストにより有無が分かれます。一概には言えないですが、ピック弾きならロックやパンクなど、賑やかなジャンルが多いので、共鳴など気にならないベーシストもいるでしょう。そういう場合は、無理してチョップミュートをする必要もありません。