ツーフィンガー奏法(指弾き)の時、親指はピックアップの上に置いて演奏する、と説明されていることが多いです。この状態を維持したまま、演奏を続けても構いませんが、親指を移動させることにより、ミュート状態を作ることが出来ます。それをこのサイトでは親指ミュートとして説明していきます。

親指ミュートの作り方


ピックアップの上に乗せている親指の写真

4弦を弾く時の親指はピックアップの上

親指は宙ぶらりんでも構いませんが、写真のようにピックアップの上に乗せてやると、ツーフィンガー奏法も、安定したものになるでしょう。エレキベースの教則本などでも、そう説明していることが多いので、これを基本に考えておくと良いと思います。


4弦の上に乗せている親指の写真

3弦と2弦を弾く時の親指

3弦を弾く時の親指は、ピックアップの上でも良いですし、4弦の上に移動させても良いです。2弦を弾く時は、親指を4弦の上に移動させてやりましょう。これをミュートと言って、4弦の音を出さない為のフィンガリングです。詳しくは後からも説明しています。


3弦の上に乗せている親指の写真

1弦を弾く時の親指は3弦の上

1弦を弾く時は、親指を3弦の上に移動させてやりましょう。この時に親指を3弦の上に乗せながらも親指の裏側あたりを、4弦にも触れさせるのがポイントです。これも先ほどと同じく、親指でミュート状態を作っており、4弦と3弦の音を出さないようにしている分けです。

親指ミュートで弦の共鳴やノイズをカット

指を触れさせていない弦があると、弦の共鳴(きょうめい)という現象が起こります。例えば、1弦を鳴らし続けていると、その振動で他の2・3・4弦が震え出し、マイクの役目を持つピックアップがそれらを拾い、アンプから音を出してしまいます。また、アンプの電源を入れるだけで、何もせずともジーっというような、ノイズを出す場合があります。ノイズは弦に指を触れさせてやることにより、軽減させることが出来ます。これら弦の共鳴やノイズを防ぐ為に、親指でミュート状態を作るのです。

親指を移動させてミュートを作る練習小節

親指ミュートの練習

親指のミュートを作りながら、ツーフィンガー奏法の練習をしてみましょう。1小節目は4弦、2小節目は3弦、3小節目は2弦、4小節目は1弦ですが、全て0フレットである開放弦です。ツーフィンガー奏法の人差し指を表す人差し指を表す記号と、中指を表す中指を表す記号も、指示の通り順番に使っていきましょう。

1小節目の親指はピックアップの上

1小節目は4弦を弾くので、親指はピックアップの上に乗せながら弾きましょう。1・2・3弦のミュートですが、これは弦を押さえる側の手を触れさせ、ミュートしてやりましょう。

2小節目の親指はピックアップの上か4弦の上

2小節目は3弦を弾くので、親指はピックアップの上から、4弦の上に移動させてもいいですが、ピックアップの上のままでも構いません。何故なら3弦を弾き終えたら、アポヤンド奏法で4弦に、ツーフィンガー奏法の指が当たり、それがミュートになるからです。

3小節目の親指は4弦の上

3小節目は2弦を弾くので、親指は4弦の上に乗せてやりましょう。4弦は親指によるミュート、3弦はアポヤンド奏法によるミュート、1弦は弦を押さえる手を触れさせミュート、という具合です。又は、この時点で3弦の上に親指を乗せてもいいでしょう。

4小節目の親指は3弦の上

4小節目は1弦を弾くので、親指は3弦の上に移動させてやります。前述の通り、親指は3弦の上の乗せながらも、4弦にも親指が当たるようにし、親指で3弦と4弦を同時にミュートさせてやります。

親指ミュートは余裕を持ってフィンガリングする

親指ミュートを意識しながら、1小節目から4小節目まで弾けたら、逆に4小節目から1小節目へかけても弾いてみましょう。親指を移動させながら弾くのは難しいですが、共鳴という現象は突然ではなく、ジワジワと起こるものです。なので、4小節目なら1弦を弾くと同時に、親指を慌てて3弦の上に乗せなくても、余裕を持ってミュートしていけば、それで十分に間に合います。

親指ミュートはしなくても問題ない

長々と説明してきましたが、親指ミュートが必要ないと思えば、親指は常にピックアップの上に乗せたまま、演奏しても問題ありません。パンクやロックといった派手な音楽ジャンルなら、弦の共鳴やノイズなど、少しも気にもならないでしょう。親指ミュートの必要が出てきたら、こういったフィンガリングの練習をしてください。

フィンガーレストとフィンガーランプ

次は親指ミュートとは関係ない話ですが、親指のポジションについてです。ツーフィンガー奏法時の親指は、ピックアップの上に乗せるのが基本と説明しましたが、それだけに限りません。フィンガーレストフィンガーランプと言われる、付属品に親指を乗せることもあります。


フィンガーレストの写真

フィンガーレストに親指を置く

親指をピックアップに固定すると、その弦の直ぐ近くしか弾けません。もっとネックの近くや、ブリッジの近くを弾きたい、と思うベーシストもいます。そういう場合は、上の写真のようなフィンガーレストという付属品を、エレキベース本体にネジで取り付け、その上に親指を乗せて演奏する分けです。


フィンガーレストの写真

フィンガーレストで親指奏法

フィンガーレストは親指を乗せるだけでなく、取り付け位置によっては、親指で弾くのを補助するアイテムにもなります。上記の写真は親指以外の指を引っ掛けて、親指奏法をしている写真です。フィンガーレストはこういった使い方もあります。

フィンガーランプを装備しているエレキベースの画像

フィンガーランプは速弾き補助

上記のエレキベースでも見られますが、フロントピックアップとリアピックアップの間に、挟まるように装着してあるのがフィンガーランプです。親指を乗せるだけにしては、先ほどのフィンガーレストとは違い、縦に長すぎる思う人もいるでしょう。しかし、親指を乗せる役割よりもフィンガーランプは指弾きによる速弾き補助の役割の方が大きい付属品です。指で弦をピッキングし終えたら、指が必要以上に深く潜り過ぎないよう、フィンガーランプに指を預ける形になります。フィンガーランプに向かって、アポヤンド奏法するような感じでしょうか。

フィンガーランプの取り付けとデメリット

フィンガーランプの素材は特別なものではなく、ほとんどが木で作られています。なので、器用な人なら程好い木を購入し、加工して取り付けることも出来ます。時間はかかりましたが、不器用な僕でも何とか取り付けることが出来ました。フィンガーランプにより高速プレイも可能ですが、音量が小さくなるなどのデメリットもあり、好き嫌いが分かれるアイテムでもあります。因みに、フィンガーランプはベーシストのゲイリー・ウィリスが考案したらしいです。