コードとは複数の音が集まり、重なりあって鳴るものです。しかし、エレキベースの場合は一音ずつ、弾いていくのが基本です。コードにも種類が幾つかありますが、先ず始めにメジャーコードというものを見ていきましょう。

メジャーコードの中身

1・3・4・9小節目がメジャーコードの譜面

メジャーコードは三和音

譜面の1・3・4・9小節目にもあるような、アルファベットの大文字だけで表されるコードを、メジャーコードと言います。ベースはコードのルート(根音)では、コードのルートについて説明しましたが、これらメジャーコードは、ルートだけを表している分けではありません。メジャーコードはルート以外に、後2つの音を使う三和音構成です。

長3度と完全5度

ルート以外の後2つの音ですが、それらは長3度(ちょうさんど)と、完全5度(かんぜんごど)という音です。音楽理論的な呼び方で難しそうですが、これらはベースの指板を使い、簡単に考えられます。長3度はルートからフレット4つ分、完全5度はルートからフレット7つ分離れた位置にあります。それはどういうことかを、コード「C」「F」「G」「E」を例に挙げ考えてみます。

ルートからフレット4つ分離れた長3度とフレット7つ分離れた完全5度を表した指板図

メジャーコードの共通

上記の指板図にはそれぞれ、ルートをRoot(根音)の記号という記号、長3度を長3度の記号という記号、完全5度を完全5度の記号という記号で表しています。先述したように、どれもが長3度の記号Root(根音)の記号からフレット4つ分、完全5度の記号Root(根音)の記号からフレット7つ分に位置しており、これは他のメジャーコードにも共通していることです。ただ、これでは運指がし辛いので、長3度の記号完全5度の記号異弦同音(いげんどうおん)で移動させてやります。

異弦同音で直したメジャーコードの指板図

異弦同音で直したメジャーコード

異弦同音で直したのが、上記のメジャーコードのポジションで、こうしてやると運指もし易くなります。また、ポジションの見た目も、同じような形を作っているのが分かります。このポジションがメジャーコードの、基本ポジションだと覚えても良いでしょう。これら4つのメジャーコードのポジションで、簡単な運指の練習をしてみましょう。

メジャーコードC・F・G・Eで運指しているTAB譜面

メジャーコードの運指

メジャーコードでよく見られるのが、Root(根音)の記号を中指、長3度の記号を人差し指、完全5度の記号を小指という運指です。しかし、2小節目のコード「F」のように、開放弦の0フレットが入ってくると、メジャーコードの運指も変わってきます。

メジャーコードの範囲を広げる

これまではルート・長3度・完全5度を、一ヶ所だけに絞って、メジャーコードを説明しました。それでもメジャーコードとして成立しますが、少しフレットの範囲を広げて考えてみましょう。そうすると、ベースラインの幅も広がってくると思います。

オクターブ上のルートを記した指板図

オクターブ上のルート

左の指板図は説明してきた、コード「C」のポジションで、3弦3フレットにRoot(根音)の記号があります。右の指板図は、そのRoot(根音)の記号が1弦5フレットにもありますが、この両方はオクターブの関係にあります。なので、1弦5フレットのRoot(根音)の記号も使える分けです。オクターブについては、オクターブポジションでオクターブ奏法を参考にしてください。

オクターブ下の長3度と完全5度を記した指板図

オクターブ下の長3度と完全5度

左の指板図は4弦0フレットにも長3度の記号があり、これは2弦2フレットの長3度の記号の、オクターブ下のフレットです。右の指板図は4弦3フレット完全5度の記号があり、これは2弦5フレットの完全5度の記号の、オクターブ下のフレットです。これでコード「C」で使えるフレットが、2倍に増えた分けです。

異弦同音の長3度と完全5度を記した指板図

異弦同音の長3度と完全5度

左の指板図は3弦7フレットに長3度の記号が増えましたが、これは2弦2フレットの長3度の記号と異弦同音のフレットです。右の指板図は1弦0フレットに完全5度の記号が増えましたが、これは2弦5フレットの完全5度の記号の異弦同音のフレットです。7フレットまでですが、これでコード「C」で使えるフレットが、全て記されました。このポジションで運指を練習してみましょう。

メジャーコードのCだけで運指しているTAB譜面

ベースラインの選択肢を増やす

1小節目の完全5度の記号は2弦5フレットを使うより、異弦同音の1弦0フレットを使った方が、2小節目の1弦5フレットを、運指し易いかと思います。3小節目はスライドの指示があるので、2弦2フレットより3弦7フレットの長3度の記号を使います。このようにして、メジャーコードの範囲を広げられると、コードが1つだけでも、ベースラインの選択肢も増えてきます。

オクターブ下のメジャーコードEを表した指板図

1弦1フレットのオクターブ下

左の指板図はコード「E」のワンポジションで、そこからオクターブ下の音を表したのが、右の指板図です。1弦1フレットのオクターブ下ですが、これまで通りなら3弦に作れるのですが、フレットが足りないので、3弦には作れません。1弦1フレットのオクターブ下は、4弦4フレットの長3度の記号になり、これは4弦0フレットのRoot(根音)の記号から、フレット4つ分に当たるのが分かります。

メジャーコードのEでバレーコードを使う運指しているTAB譜面

バレーコードの運指

2小節目の2弦2フレットのRoot(根音)の記号は、中指で運指しても良いですが、譜面の通り人差し指のバレーコードを使うと、その後の3弦2フレットの完全5度の記号と、4弦4フレットの長3度の記号が、運指し易くなると思います。バレーコードについては、セーハ・バレーコードというフィンガリングを、参考にしてください。