過去のページで説明したメジャーセブンスを、半音低くしたのがドミナントセブンスです。メジャーセブンスは長7度(ちょうしちど)だと言いましたが、ドミナントセブンスは短7度(たんしちど)と言います。このページでも、指板図を利用して短7度のフレットが、どの位置に来るのかを見ていきましょう。

マイナーセブンスコード

6・7小節目にマイナーセブンスコードがある譜面

マイナーセブンスコードは四和音

6・7小節目に見られるように、ルートの隣に「m7」と記されれば、マイナーセブンスコードです。マイナーセブンスコードは、ルートのRoot(根音)の記号と、短3度の短3度の記号と、完全5度の完全5度の記号と、短7度の短7度の記号の、四和音で作られるコードです。

短7度はドミナントセブンス

短7度を英語式にするとマイナーセブンス、と思ってしまいそうですが、正しくはドミナントセブンスと言います。後からも説明していますが、短7度をマイナーセブンスと読んでしまうと、コードの呼び方に複雑を感じてしまうからです。先ずは「Am7」と「Dm7」で、使用するフレットを見てみましょう。

コードAm7とDm7をルートと同弦上で見る指板図

短7度はフレット10個分

コード「Am7」と「Dm7」は、開放弦と5フレット目を、同じ高さのRoot(根音)の記号に出来ます。そのRoot(根音)の記号と他の音を、同弦上に置いたのが上記の指板図です。開放弦からでも5フレット目からでも、Root(根音)の記号から短7度の記号までなら、フレット10個分だというのが分かります。押さえ易い運指に直してみます。

押さえ易い運指に直したAm7とDm7のポジション指板図

ルートで違うポジション

開放弦をRoot(根音)の記号にした場合、コード「Am7」は運指も楽になりますが、コード「Dm7」は短7度の記号の弦が足りないため、完全5度の記号と同弦上のフレットに位置されます。5フレット目をRoot(根音)の記号にすると、どちらも同じようなポジションになり、分かり易いマイナーセブンスコードになるかと思います。これらのポジションで、運指の練習をしてみましょう。

開放弦ルートから弾き始めるAm7とDm7の運指TAB

開放弦ルートの運指

どちらのコードも開放弦をRoot(根音)の記号にした運指です。2小節目の1弦2フレットは、中指で押弦しても良いですが、指示のようにセーハでも押弦できるよう、練習しておくと良いでしょう。3小節目からは矢印のポイントで、ポジション移動をする運指です。先ずは無理のないテンポで、運指をしていきましょう。

5フレット目ルートから弾き始めるAm7とDm7の運指TAB

5フレット目ルートの運指

先ほどと同じフレーズですが、今度はRoot(根音)の記号を5フレット目にしてあり、それに合わせた運指をとっています。ポジション移動を必要とせず、指板的にも分かり易いですが、7フレット目の薬指と、8フレット目の小指を、潜らせるような運指をしているので、器用な運指を必要とします。

開放弦が連続するAm7とDm7のTAB譜面

開放弦が連続するTAB譜面

2・3小節目にかけて、開放弦の音が3回続いています。これを普通に弾くと、開放弦の音が重なってしまいます。先ず3弦0フレットを弾いた後、4弦0フレットを弾きますが、それと同時に3弦0フレットの音を止めるため、押弦する指の方を3弦に触れさせます。次は2弦0フレットを弾くと同時に、指弾きなら親指を4弦の上に、ピック弾きなら手の平を4弦に触れさせ、4弦0フレットの音を止めてやります。これもミュートと言われる運指テクニックの1つで、地味ながら重要なテクニックです。

開放弦の連続をなくしたAm7とDm7のTAB譜面

開放弦の連続をなくしたTAB譜面

開放弦の音を止めるのは、地味に難しい運指です。そこで開放弦の代わりに、5フレット目を弾いてやり、開放弦の連続をなくしてやったのが、上記のTAB譜面です。押弦に使う指は増えますが、こちらの方が楽な運指、だと思う人もいるでしょう。全ての開放弦を5フレット目に変更する必要もなく、自分の運指がし易いような、TAB譜面にしてやると良いでしょう。

コードAmとAm7の呼び方表

ドミナントは省略する

三和音「Am」の呼び方は、Root(根音)の記号短3度の記号で「エー・マイナー」です。四和音「Am7」になると、そこに短7度の記号が加わり「エー・マイナー・セブンス」ですが、この短7度の記号を正確には、ドミナントセブンスと言うので「エー・マイナー・ドミナントセブンス」とするのが、正しいのかと思います。しかし、ドミナントは省略され「エー・マイナー・セブンス」と呼ぶのが一般的です。

短7度をマイナーセブンスにしてみると

短7度はドミナントセブンスと言う、と説明しました。仮に短7度を、マイナーセブンスと言うことにしてみます。その場合、次のコードは

  • Am7(エー・マイナー・マイナーセブンス)
  • A7(エー・マイナーセブンス)

となってしまいます。Am7(エー・マイナー・マイナーセブンス)は、前者のマイナーが短3度の記号で、後者のマイナーが短7度の記号のこと、という解釈も出来ますが、マイナーが重なって複雑です。A7(エー・マイナーセブンス)と呼んでしまうと、これは別のコードになってしまいます。話をややこしくしてしまいましたが、短7度はドミナントセブンスで、コードを呼ぶ時のドミナントは省略する、と覚えておけばOKでしょう。

ドミナントセブンスコード

ここまでで説明してきたのは、三和音のマイナーコードに、短7度のドミナントセブンスを加えたコードでした。ここから先は、三和音のメジャーコードに、短7度のドミナントセブンスを加えたドミナントセブンスコードを見ていきましょう。

8小節目にドミナントセブンスコードがある譜面

ドミナントセブンスコードも四和音

8小節目に見られるように、ルートの隣に「7」とあれば、ドミナントセブンスコードです。ドミナントセブンスコードは、ルートのRoot(根音)の記号と、長3度の長3度の記号と、完全5度の完全5度の記号と、短7度の短7度の記号の、四和音構成です。

ドミナントの省略

短7度はドミナントセブンスで、8小節目「G7」なら「ジー・ドミナント・セブンス」と言いますが、このドミナントも省略されて呼ばれるので、多くの場合は「ジー・セブンス」と言います。しかし、ここから先は省略せず表記していきます。先ずは4小節目の三和音「G」のポジションを、指板で確認していきましょう。

三和音G(ジー・メジャー)を4弦だけと異弦同音で見るポジション指板図

三和音「G」のポジション

4弦だけで見る「G」は、Root(根音)の記号から長3度の記号完全5度の記号が、フレット4個分と7個分の距離にあります。これを異弦同音で押さえ易く直したポジションも、上記のリンクから見ておきましょう。このポジションに短7度の記号を加えてみます。

四和音G7(ジー・ドミナント・セブンス)を4弦だけと異弦同音で見るポジション指板図

四和音「G7」のポジション

4弦だけで見る「G7」はRoot(根音)の記号から短7度の記号まで、フレット10個分の距離にあります。異弦同音で直したポジションの短7度の記号を見ると、Root(根音)の記号と同じフレットに位置しているのが分かり、これは他のドミナントセブンスコードでも同じです。この「G7」で運指の練習をしてみましょう。

開放弦を使わないG7(ジー・ドミナント・セブンス)の運指TAB譜面

開放弦を使わない「G7」の運指

先ずは2弦5フレットを開放弦にせず、2フレット目から5フレット目は、ポジション移動をしないで、大きく指を広げて運指していきます。3フレット目は中指での押弦が基本ですが、3小節目のようなフレーズは、薬指を使ってやると良いでしょう。

開放弦を使うG7(ジー・ドミナント・セブンス)の運指TAB譜面

開放弦を使う「G7」の運指

開放弦を使うと、全体的に運指も大きく変わります。3小節目以外の3弦3フレットも、薬指の押弦が楽かと思いますが、手の大きい人は、中指での押弦が楽になってくると思います。薬指と小指を鍛える運指トレーニングとして、あえて人差し指を使わない運指を作ってみましたが、実用的ではないので、余裕があれば練習してみてください。

オクターブ上下のフレットを使ったG7(ジー・ドミナント・セブンス)の運指TAB譜面

オクターブ上下を使う「G7」の運指

完全5度の完全5度の記号は使っていませんが、その他の音は、オクターブ上下のフレットを使う運指です。2・3・4小節目にかけての矢印で、ポジション移動を行ってやりましょう。運指に慣れてきたら、指示の通りの運指にならなくてもよいので、自分の使い易い運指を優先させてください。

コードGとG7の呼び方表

四和音「G7」の呼び方と省略

三和音「G」は、Root(根音)の記号長3度の記号から取り「ジー・メジャー」と呼びます。四和音「G7」になると、そこに短7度の記号が加わり「ジー・ドミナントセブンス」と呼びます。このコードには長3度の記号も含まれているので、略さずに呼ぶなら「ジー・メジャー・ドミナントセブンス」となりますが、メジャーとドミナントは省略して呼ぶのが普通なので、四和音「G7」は「ジー・セブンス」と呼ばれることが、最も多いでしょう。