どのようなメジャーコードでもルートから、長3度と完全5度のフレットは一定しており、それはマイナーコードになっても同じです。しかし、マイナーコードは長3度ではなく短3度(たんさんど)という音に変わります。長3度と短3度の違いに注目しながら、ベースの指板図を中心に考えてみましょう。

マイナーコードの内容

2小節目にマイナーコードがある譜面

マイナーコードも三和音

2小節目のコード「Em」のように、ルート直ぐ右隣に小文字の「m」と記されていたら、それはマイナーコードです。マイナーコードも三和音構成で、ルートの他に短3度と完全5度、という音を使います。

短3度のフレット

過去のページ、メジャーコードの運指では、ルートのRoot(根音)の記号から、7つ離れたフレットが完全5度の完全5度の記号だと説明しました。ここでも同じように、短3度を短3度の記号という記号を使い、コード「Cm」と「Em」を例に挙げ、考えていきましょう。

ルートからフレット3つ離れた短3度とフレット7つ離れた完全5度を記した指板図

マイナーコードの共通点

3弦3フレットのRoot(根音)の記号からだと、フレット3つ分先に短3度の記号があります。そして、4弦0フレットのRoot(根音)の記号からでも、フレット3つ分先に短3度の記号があります。また、フレット7つ分先には、両方ともに完全5度の記号があります。二通りの例しか挙げていませんが、これはどのマイナーコードにも共通していることです。ただ、このポジションでは運指が難しいので、異弦同音(いげんどうおん)で、次のように直してやりましょう。

異弦同音で直したコードCmとEmのポジション指板図

異弦同音で直したマイナーコード

3弦10フレットにあった完全5度の記号を、異弦同音で2弦5フレットに直したのが、左の指板図のコード「Cm」です。4弦7フレットにあった完全5度の記号を、異弦同音で3弦2フレットに直したのが、左の指板図の「Em」です。両方とも短3度の記号は、そのままで動かしてません。コード「Cm」も「Em」も、同じようなポジションを形作り、これもやはり全てのマイナーコードに共通します。これらのマイナーコードで、運指の練習をしてみましょう。

マイナーコードCmとEmの運指を練習するTAB譜面

マイナーコードの運指

1・2小節目のコード「Cm」は、短3度の記号完全5度の記号を薬指と小指で運指するので、初心者には難しい運指です。3・4小節目のコード「Em」になると、Root(根音)の記号が開放弦なので、運指もかなり楽になります。次からは開放弦を意識した、マイナーコードを見ていきましょう。

マイナーコードと開放弦

今しがたも説明したように、開放弦を使えるようになると、運指もかなり楽になります。なので、マイナーコードでも開放弦が使えそうなら、そうすれば良いのですが、マイナーコードの種類によっては、開放弦を使えない場合もあります。

コードCmの完全5度開放弦ポジションを表した指板図

完全5度を開放弦にする

左の指板図をコード「Cm」の、基本ポジションとしておきましょう。そこから3弦6フレットの短3度の記号を2弦1フレットに、2弦5フレットの完全5度の記号を1弦0フレットに、異弦同音を利用し移したのが、右の指板図です。これで完全5度の記号が開放弦として、使えるようになった分けです。両方の運指を比べてみましょう。

同じマイナーコードで運指の違うTAB譜面

マイナーコード「Cm」の運指

両方ともマイナーコード「Cm」で、同じフレーズを弾いています。左のTAB譜面は、薬指と小指の運指が難しいのに対し、右のTAB譜面は、開放弦が使える分だけ、運指がかなり楽になります。しかし、これはコードが「Cm」で、たまたま開放弦が使えるケースです。これをコード「C#m」にしてみましょう。

ポジションの違うシー・シャープ・マイナーの指板図

開放弦を使えないマイナーコード

両方の指板図ともRoot(根音)の記号が、3弦4フレットにあるのが分かります。左の指板図は短3度の記号が3弦7フレット、完全5度の記号が2弦6フレットにあり、この2つを異弦同音で移動させたのが、右の指板図のポジションで、開放弦を使えないマイナーコードだと分かります。この両方のコード「C#m」を、運指でも確認しておきましょう。

運指の違うのシー・シャープ・マイナーのTAB譜面

両方の運指に対応する

左のTAB譜面の運指は、これまでにも見られた、マイナーコードの運指で、薬指から小指にかけての運指が大変です。右のTAB譜面の運指は、薬指での押弦はないものの、これも大変な運指かと思います。もちろん、運指し易い方を選べば良いのですが、前後のフレーズによっては、どちらか一方の運指を選ばなければならない、というケースも出てくるので、両方とも運指できるようにしておきましょう。

マイナーコードで使えるフレット

ここではRoot(根音)の記号短3度の記号完全5度の記号を3点に絞り、マイナーコードを説明していますが、これは基本的な運指を説明するためです。オクターブ上下や異弦同音を利用すれば、マイナーコードで使えるフレットは、もっと多くなります。同じようなことを、メジャーコードの運指で説明しているので、ここでは割愛させてください。

マイナコードとメジャーコード

メジャーコードの運指でも、ここで説明してきたように、Root(根音)の記号から長3度の記号完全5度の記号の、フレットの距離について説明しました。ルートを同じ3弦3フレットのCとして、マイナコードの「Cm」と、メジャーコードの「C」を比べてみます。

マイナーコードCとメジャーコードCmのポジション指板図

CmとCの基本ポジション

左のポジション指板図は短3度の記号があるのでマイナーコード、右のポジション指板図は長3度の記号があるのでメジャーコード、と理解してもOKですが、これら両方の基本ポジションを、異弦同音を利用したポジションにします。

コードCmとCの完全5度開放弦ポジション指板図

完全5度が開放弦のポジション

異弦同音を利用して完全5度の記号が、1弦0フレットの開放弦になりました。これで両方の違いはというと、短3度の記号長3度の記号が位置するフレットで、その差はフレット1つ分、というのが分かり易くなりました。では、3弦3フレットのRoot(根音)の記号からだと、短3度の記号長3度の記号とでは、どういう距離になるでしょうか。次のような方法なら、その距離が明確になります。

ルートと同じ弦の上に並ぶ短3度と長3度の指板図

短3度と長3度の音程

これまでにも何度か見てきましたが、Root(根音)の記号と同じ3弦に、短3度の記号長3度の記号を置いてやると、その距離が一目瞭然です。Root(根音)の記号からの距離が近く狭い方が短3度の記号、距離が遠く広い方が長3度の記号です。この距離のことを、音程(おんてい)と言いますが、エレキベースのように単音で鳴っても、ピアノのように複数で鳴っても、その音程を感じ取ることが重要です。最後にピアノでも、コードを確認しておきましょう。

コードの響きは正反対

マイナーコードは暗さや悲しさを持つ響き、メジャーコードは明るさや楽しさを持つ響き、というのが特徴です。鳴らす音は短3度の記号長3度の記号で、ほんの少しの違いですが、コードの響きは正反対なのが、不思議に感じられると思います。