ギタリストがよく使うフィンガリングにセーハバレーコードと言われるテクニックがあります。ベーシストもセーハ・バレーコードを使う場合がありますが、ギタリストのそれとは、少し使い勝手が違ってくるかと思います。繊細な押弦スキルなので、慣れるまでに時間がかかるはずです。

セーハ・バレーコードで2本の弦をコントロール

中指と人差し指のフィンガリングとセーハのフィンガリングの比較小節

セーハは1本の指で押弦

どちらの小節も3弦3フレットから、2弦3フレットへのフレーズです。片方の小節は人差し指と中指でフィンガリングしており、これでも何ら問題ありません。しかし、前後のベースラインによっては、もう片方の小節のように、人差し指だけでフィンガリングした方が、都合の良い場合もあります。3弦3フレットは人差し指の指先で押さえ、2弦3フレットは人差し指の、第一関節寄りで押弦することになり、これがセーハのフィンガリングです。写真で詳しく見ていきましょう。


セーハの押弦ポイント(1)を示した写真

セーハで押弦するポイント

写真は人差し指の指先のアップです。3弦3フレットは指先の「」あたりで、2弦3フレットはそれより下の「」あたりで、これがセーハの押弦ポイントです。最初はとても違和感のあるフィンガリングで、コントロールも難しく、器用に指先を使い分けないと、音が重なってしまいます。


3弦3フレットを指先で押弦している写真

3弦3フレットを人差し指の指先で押弦

先ずは3弦3フレットを、人差し指の指先で押さえてみましょう。この時に人差し指は2弦に触れていますが、弦をフレットへ押し込まないようにしてください。弦をフレットへ押し込んでしまうと、余計な音が出てしまうかもしれないので、気をつけましょう。


2弦3フレットをセーハで押弦している写真

2弦3フレットをセーハで押弦

2弦3フレットは指先よりも下、つまりセーハで押弦します。写真では3弦もフレットへ押し込んだままに見えますが、3弦はフレットからは離れています。なので、3弦3フレットの音は止まっている状態で、3弦をミュートしているのと同じことです。

セーハ・バレーコードは繊細なフィンガリング

ギターなら複数の弦を同時に押さえ、一度に音を出しますが、エレキベースの場合だと、どちらか一方の音を出し、もう一方の音はミュートしなければなりません。エレキベースでもセーハ・バレーコードを利用し、ギターのように同時に音を鳴らすことはありますが、それほど多くはないと思います。セーハ・バレーコードのフィンガリングは分かったと思うので、最初のフレーズを繰り返し練習して、指に感覚を教えてやりましょう。

弦を飛ばしてセーハ・バレーコード

先ほどは3弦から2弦と、隣り合う弦でのセーハ・バレーコードでしたが、今度は4弦から2弦へと、弦を一本飛ばしたセーハ・バレーコードを見ていきましょう。こういったフィンガリングも、ベースラインによっては有効的で、無駄な動きが少なく効率の良いフィンガリングとなります。

複数の指での押弦とセーハでの押弦を比較した小節

セーハは効率的なフィンガリング

今度は4弦3フレットから、2弦3フレットに対応するフィンガリングです。片方の小節のように、中指から人差し指(または逆)でも押弦は出来ますが、押さえづらく手の動きも多くなります。これをもう片方の小節のように、人差し指によるセーハを利用すれば、使う指や動きが少ない、効率的なフィンガリングになります。しかし、3弦を飛ばしてセーハする分、押弦するポイントも更に難しくもなってきます。


セーハの押弦ポイント(2)を示した写真

セーハの押弦は個人差もある

4弦3フレットですが、僕は「」あたりの、指の腹で押弦しています。この押弦ポイントが、2弦3フレットのセーハにも影響してくるでしょう。2弦3フレットは「」あたりで、セーハの押弦になるかと思います。これは個人差が大きく出ると思います。


4弦3フレットを指の腹で押弦している写真

4弦3フレットを指の腹で押弦

前述したように、4弦3フレットを押弦するポイントにより、次の2弦3フレットの、セーハでの押さえ易さが変わるでしょう。僕は写真のように指先ではなく、指の腹で押弦しているのが分かると思います。1・2・3弦は、人差し指が弦に触れているだけです。


2弦3フレットをバレーコードで押弦している写真

セーハは絶妙なコントロール

4弦の音は止めるので、弦はフレットから浮かしますが、指は弦に触れさせて、ミュートさせておきましょう。それとほぼ同時に、2弦3フレットを押弦しますが、絶妙な人差し指のコントロールが必要になってきます。何度も試して、自分の押弦しやすいポイントを見つけましょう。

人差し指によるセーハ・バレーコードの練習小節

セーハ・バレーコードの人差し指を動かさない

今度は上記の2小節で、人差し指のセーハ・バレーコードの、フィンガリングを練習をしてみましょう。1小節目の3弦3フレットを、人差し指の指先で押さえ、2弦と1弦の3フレットは、人差し指の指先より下で押さえることになります。なので、人差し指の指先は最後まで、3弦3フレットから動きません。暫く、この2小節を繰り返してみてください。一音一音はっきりと音が出るようになれば、セーハ・バレーコードの押弦も出来ていると思います。

セーハ・バレーコードは重宝するフィンガリング

セーハやバレーコードで押弦する指は、人差し指が最も多いと思いますが、ベースラインによっては中指や薬指、一番力のない小指でも、フィンガリングする場合もあります。セーハ・バレーコードは、とても重宝するフィンガリングなので、機会があれば積極的に使って欲しいフィンガリングです。