このカテゴリーの過去のページでは、3つの音から作られる三和音構成の、メジャーコードの運指マイナーコードの運指を見てきました。ここではメジャーコードやマイナーコードに、1つ音が加わったメジャーセブンスの運指を見ていきましょう。

メジャーセブンスコードの内容

5小節目にメジャーセブンスコードがある譜面

メジャーセブンスコードは四和音

コードの表し方は何種類かありますが、5小節目の「CM7」のように、ルートの隣に「M7」と表されるのが、よく見るメジャーセブンスコードかと思います。ルートのRoot(根音)の記号、長3度の長3度の記号、完全5度の完全5度の記号までならメジャーコードで、そこに長7度(ちょうしちど)という音が加わり、メジャーセブンスコードになります。

長7度のフレット

ここでは長7度を長7度の記号という記号で、表すことにします。これまでと同じように、Root(根音)の記号から長7度の記号のフレットが、どれだけ離れているかに注目しましょう。しかしその前に、1小節目の三和音「C」から見ていきましょう。

1小節目のメジャーコードCで使うフレット

メジャーコード「C」

3弦3フレットのRoot(根音)の記号から、3弦7フレットの長3度の記号までは、フレット4個分です。同じく3弦3フレットのRoot(根音)の記号から、3弦10フレットの完全5度の記号までは、フレット7個分です。三和音はトライアドコードとも言われ、このトライアドコードに長7度の記号を加えてやったのが、次の指板図です。

5小節目のメジャーセブンスコードCM7で使うフレット

メジャーセブンスコード「CM7」

3弦3フレットのRoot(根音)の記号から長3度の記号完全5度の記号の距離に、変わりはありません。新たに加わった長7度の記号までは、フレット11個分だというのが分かります。こういった四和音を、テトラッドコードとも言います。ルート音の違う、メジャーセブンスコードも見てみましょう。

メジャーセブンスコードFM7で使うフレット

メジャーセブンスコードの共通点

Root(根音)の記号が4弦1フレットになっても、長3度の記号まではフレット4個分、完全5度の記号まではフレット7個分、そして長7度の記号まではフレット11個分です。これは全てのメジャーセブンスコードの、共通点としているところです。Root(根音)の記号と同じ弦に置いている「CM7」と「FM7」を、運指をし易いように異弦同音(いげんどうおん)で直します。

異弦同音で直したメジャーセブンスコードCM7とFM7の指板図

異弦同音で直した「CM7」と「FM7」

3弦3フレットをRoot(根音)の記号とする「CM7」なら、左の指板図のようなポジションで、4弦1フレットをRoot(根音)の記号とする「FM7」なら、右の指板図のようなポジションをとる、ということが多いでしょう。この両方のポジションで、運指の練習をしてみましょう。

メジャーセブンスコードCM7とFM7の運指練習のTAB譜面

ポジション移動なしの運指

コード「CM7」は1・2小節目で、全ての音をオクターブ上下にしています。この2小節ですが、先ずはポジション移動なしで、運指してみてください。初心者の方には特に、薬指と小指の押弦が難しく、手も大きく広げないと運指が出来ません。そこで2弦5フレットを開放弦にして、次のような運指にしてみます。

矢印でポジション移動をする運指のTAB譜面

矢印でポジション移動する運指

開放弦にしたことにより、1・2小節目の運指も全体的に変化します。1弦0フレットに矢印がありますが、そこでポジション移動をし、1弦4フレットを中指で押さえます。2小節目も矢印のところで、ポジション移動をしましょう。ポジション移動の有無は、手の大きさや運指のし易さで、どちらを選んでも構いません。

小指から小指のポジション移動

同じく1小節目を開放弦にして、1弦4フレットを小指で押さえると、2小節目の1弦5フレットも、小指で押さえることになり、小指から小指のポジション移動がある運指になってしまいます。これは僕が音楽学校で習った限りでは、あまり良くはない運指と教えられたので、僕もなるべく小指が続くポジション移動は避けています。しかしそれは主に、ウッドベースの運指のことなので、エレキベースでは小指の続くポジション移動になっても、運指がし易ければ問題ないと思います。

トライアドコードCとテトラッドコードCM7の呼び方表

コード「C」と「CM7」の呼び方

トライアドコード「C」の呼び方は、Root(根音)の記号長3度の記号から取って「シー・メジャー」と言います。テトラッドコード「CM7」の呼び方になると、Root(根音)の記号長7度の記号から取って「シー・メジャーセブンス」と言います。もちろん、構成音の中には長3度の記号の方の、メジャーも含まれていますが、それは省略されるのが一般的です。

マイナーメジャーセブンスコード

メジャーセブンスの長7度を付けられるのは、メジャーコードだけではありません。今度はマイナーコードにメジャーセブンスを付加させ、それをベースの指板で確認していきましょう。先ずはトライアドコードの「Cm」を見てみます。

マイナーコードCmのポジション指板図

マイナーコード「Cm」

マイナーコードはRoot(根音)の記号から短3度の記号が、フレット3個分の距離にあります。フレット7個分の距離にあるのが完全5度の記号で、これが異弦同音で、2弦5フレットになったポジションも、上記のリンクから確認しておきましょう。次に長7度の記号を加えてみます。

マイナーメジャーセブンスコードCmM7のポジション指板図

マイナーメジャーセブンスコード「CmM7」

マイナーメジャーセブンスコードになっても長7度の記号は、Root(根音)の記号からフレット11個分の距離にあるのは、メジャーセブンスコードと同じです。このマイナーメジャーセブンスコード「CM7」の、運指を見ていきましょう。

マイナーメジャーセブンスコード「CmM7」の運指TAB譜面

開放弦で運指が違う

左のTAB譜面の運指は、人差し指から小指まで、全ての指を使い押さえる運指です。2弦5フレットを1弦0フレットの開放弦にすると、3弦6フレットを2弦1フレットにするのが自然で、そうなったのが右のTAB譜面の運指です。矢印はポジション移動を表しています。最後の1弦4フレットですが、次に押さえるフレット応じて、押弦する指も変わってきます。

マイナーメジャーセブンスコードFmM7とEmM7のポジション指板図

コード「FmM7」と「EmM7」

上記の指板図は「FmM7」と「EmM7」で、やはり3弦3フレット以外がRoot(根音)の記号になっても、マイナーメジャーセブンスコードの、フレットの距離関係に変わりはありません。異弦同音のポジションも同じ距離感ですが、開放弦が使える「EmM7」の方が、運指もかなり楽なはずです。また運指の練習をしてみましょう。

マイナーメジャーセブンスコードの運指練習TAB譜面

素早く正確な運指スキル

1小節目の「CmM7」は開放弦を選んだので、矢印でポジション移動をする運指です。2小節目も矢印でポジション移動をし、3弦3フレットを中指、2弦2フレットを人差し指で押弦すると良いでしょう。ポジション移動が3回あるので、素早く正確な運指スキルが必要です。この1・2小節目を指を広げて弾く運指にして、違いを感じてみるのも良いでしょう。

トライアドコードCmとテトラッドコードCmM7の呼び方表

コード「Cm」と「CmM7」の呼び方

トライアドコードの「Cm」は、Root(根音)の記号短3度の記号から取り「シー・マイナー」と呼び、テトラッドコードの「CmM7」になると、そこに長7度の記号が加わって「シー・マイナー・メジャーセブンス」となります。ほぼ全てのコードで完全5度の記号は、呼び方もコード表記も、省略されるのが習わしです。