弦の押さえ方には大きく分けて、2種類の運指スタイルがあります。エレベでよく使われるのが4フレット4フィンガー(1フレット1フィンガー)と言われる運指スタイルで、教則本でも必ずと言っていいほど、使用されているフィンガリングです。

4フレット4フィンガーの練習

4フレット4フィンガーとは、4フレット分の指板エリアを、4本の指で押弦する運指のことです。エレベでは基本のような運指で、多くの人がこれを使い演奏しているかと思います。1つのフレットに1本の指を使う、という考え方も出来るので、1フレット1フィンガーとも言われます。

4フレット4フィンガーで運指押弦するド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ドの練習譜面

4フレット4フィンガーの基本はド・レ・ミ

4フレット4フィンガーの基本練習として「ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド」を用いることが多く、これは過去のページで説明した、弦の押さえ方の基本練習はド・レ・ミでも使っていた運指です。4フレット4フィンガーの名前の通り、2フレットから5フレットの4フレット分を、人差し指・中指・薬指・小指と、4本の指で押弦しているのが分かります。先ずはこの譜面を、4フレット4フィンガーの基本としましょう。

4フレット4フィンガーでポジション移動をする練習譜面(前半)

4フレット4フィンガーのポジション移動

今度はド・レ・ミをストレートに弾くのではなく、順番を入れ替えてみました。そして、この譜面では矢印のポイントで、ポジション移動を必要とします。ポジション移動の運指はこれだけではなく、別のポジション移動の運指も考えられ、押弦する指が少し違うだけですが、ポジション移動の感覚は、大きく変わってくると思います。

4フレット4フィンガーでポジション移動をする練習譜面(後半半)

指板を見ない4フレット4フィンガー

前半の4小節に続き、今度は後半の4小節です。始まって直ぐに1弦5フレットの中指から、1弦2フレットの人差し指で、ポジション移動があります。ポジション移動の部分は、指板を目で見て運指するのは仕方ないですが、それが終われば指板を見ず、手の感覚だけで押弦できるようになりましょう。最終的には前半の4小節と、後半の4小節を続けて、そうして弾けることを目標にしてください。

ポジション移動が2回ある4フレット4フィンガーの練習譜面

ポジション移動のコツ

この譜面も矢印のポイントで、ポジション移動を必要とします。ポジション移動のコツとして、当然フレットから弦は離れた状態ですが、指は弦から離してしまわずに、キュルキュルと音をさせながら、目的のフレットへと滑らすようにして、指を運んでやると良いかもしれません。4小節目の4弦7フレットは、薬指だけで押弦しても良いですが、同時に中指でも一緒に、4弦を押さえても良いでしょう。次の4弦8フレットも、中指と薬指で4弦を押さえたまま、小指で押さえても良いでしょう。

4フレット4フィンガーの特徴

4フレット4フィンガーの特徴は、指をいっぱいに広げての押弦なので、広範囲のフレットをカバー出来ます。そして、動きの多いフレーズにも対応しやすいです。しかし、女性や子供のように手の小さい人には、かなりキツイ運指になるでしょう。一ヶ月ほど練習しても指が開かず、フレットに届かない場合は、次のページで説明している、3フレット4フィンガーを使っていきましょう。無理に4フレット4フィンガーをして、手を傷めないようにも気をつけてください。