4フレット4フィンガーを基本とするベーシストも居れば、3フレット4フィンガーを基本とするベーシストも居ます。3フレット4フィンガーは、手の小さい人に向いている運指スタイルで、指を大きく開かない分だけ、ポジション移動を多用し、押弦していくフィンガリングだと言えます。

3フレット4フィンガーとハーフポジションについて

3フレット4フィンガーとは、3フレット分の中に4本の指が収まっている、という運指スタイルです。コントラバス(ウッドベース)での基本運指で、使い方や考え方が異なる部分はあるものの、エレベでも頻繁に使われている運指スタイルです。

3フレット4フィンガーの運指とハーフポジションの例

ハーフポジションとは?

エレベでは滅多に言わないと思いますが1フレット目に人差し指がある状態のことをハーフポジションと言います。また、0フレットから3フレットまでや、それらのフレットを人差し指・中指・小指で運指押弦することも、ハーフポジションと表現しても良いでしょうか。ハーフポジションの指示があれば、譜面に「half」などと記されることもありますが、多くはコントラバスを扱う、ジャズの譜面の場合です。上記の4小節もハーフポジションで、3フレット4フィンガーの運指をしています。先ずは1小節目の4弦のみで、ハーフポジションの運指を詳しく見ていきましょう。


4弦1フレットを人差し指で押弦している写真

4弦1フレットを人差し指で押弦

4弦1フレットを人差し指で押弦しており「」は、弦をフレットに押さえ込んでいる状態、だと思ってください。親指は2フレット目あたりをネックに立てて支える、クラシックスタイルをとってやりましょう。力み過ぎずに、リラックスして押弦してください。


4弦2フレットを中指で押弦している写真

4弦2フレットを中指で押弦

4弦2フレットを中指で押さえていますが「」が人差し指にもあるので、1フレット目も押弦状態を持続させてください。中指だけでも押さえられないことはないですが、人差し指でも4弦を押さえていた方が、押弦に安定感が増します。


4弦3フレットを小指と薬指で押弦している写真

4弦3フレットを小指と薬指で押弦

4弦3フレットを小指で押さえていますが、薬指の「」も押弦を意味しています。薬指の押弦は、音を出すフレットに直接関係はないですが、小指の押弦を助けてやることが出来ます。このように、薬指でも押弦を出来るようにしておくと良いでしょう。

コントラバスとエレベの運指

コントラバスは弦を押さえるのに、大きな力が要るので、薬指も一緒に使わないと押弦が難しいです。また、コントラバスのローポジションでは、中指と薬指を添え押弦することで、音程をとるということも言えます。しかし、エレベの場合はコントラバスよりも、押弦の力が必要ないので、薬指を無理して使わなくても良いとも思います。上記の1小節目で言うなら、人差し指と中指では弦を押さえ続け、次に小指で押弦しますが、薬指は軽く弦に乗せるだけの人もいますし、宙に浮かしたままの人もいます。また、ベースラインが難しくなってくると、1本の弦に対して、4本の指を全て使えない場合も多々あるので、それほど薬指に固執する必要もないです。

3フレット4フィンガーの練習

ハーフポジションの運指を基本にして、3フレット4フィンガーの練習してみましょう。実際の演奏ではポジション移動や、薬指を単体で使うケースも出てくるので、そういう運指も練習しておいてください。

3フレット4フィンガーで弾くハーフポジションの練習譜面

ハーフポジションで3フレット4フィンガー

先ずはハーフポジションのみで、3フレット4フィンガーの運指を練習してみましょう。1小節目の最初は、3弦3フレットの小指ですが、人差し指・中指・薬指でも、同時に3弦を押さえてやると、より楽な押弦が出来るでしょう。同じく1小節目の2弦2フレットは中指ですが、人差し指でも2弦1フレットあたりを、同時に押弦してやるといいでしょう。しかし、必ずしもそうする必要はなく、指1本だけの押弦になっても、全く問題ありません。

3フレット4フィンガーで弾くハーフポジションからポジション移動する練習譜面

ハーフポジションからポジション移動

譜面中の「half」は、1フレット目に人差し指が来る状態で、それを保ち押弦を続けます。3小節目からの「1st」は、人差し指を2フレット目に持ってくる、という意味なので、そこでポジション移動が必要となります。4小節目の1弦4フレットからは「2nd」とあり、これは人差し指を3フレット目に持ってくる、という意味なので、やはりポジション移動が必要です。先にも説明しましたが、これらはジャズのコントラバスでの指示なので、エレベの譜面では見ることもないと思います。

3フレット4フィンガーで弾く薬指のフィンガリング練習譜面

3フレット4フィンガーの薬指と小指

コントラバスは音が低いローポジションで、薬指を単体で使わないのが基本ですが、エレベの場合だと使うケースも多く、1・2・3小節目でも見られる、異なる弦の同じフレットを弾く場合などです。こういった薬指のフィンガリングは、早い内に覚えておくと便利です。小指での押弦を極端に嫌う人もおり、同じ譜面でも小指での押弦をしない運指で弾く人もいます。もちろん、弾くことが出来れば良いのですが、ポジション移動の必要が出てくるので、小指を使ったハーフポジションのみで弾く方が、綺麗な運指かと思います。

3フレット4フィンガーの特徴

4フレット分の指板エリアを、いっぱいに広げ押弦していく、4フレット4フィンガーとは違い、3フレット分を4本の指で押弦する、3フレット4フィンガーだと、手の小さい人でも楽に押弦が出来ると思います。しかし、その分だけ素早く正確な、ポジション移動を必要とします。理想としてはフレーズに応じて4フレット4フィンガーと、3フレット4フィンガーを使い分けられるようになるのが最も良いでしょう。