三和音のメジャーコードかマイナーコードに、長7度のメジャーセブンスや、短7度のドミナントセブンスが付加されると、四和音のセブンス系コードになります。それらは過去のページでも説明しましたが、ここでも復習として、一旦まとめておきましょう。それから、新しいセブンス系コードを見ていきたいと思います。

セブンス系コードの復習

同弦上と押弦用のメジャーコードとマイナーコードの指板図

メジャーコードとマイナーコード

先ずは三和音のメジャーコードと、マイナーコードを確認しておきます。両方の違いはルートのRoot(根音)の記号からの音程が、長3度の長3度の記号と、短3度の短3度の記号で、フレット1個分だけ違います。完全5度の完全5度の記号は、両方に共通してある音です。

同弦上と押弦用のメジャーセブンスコードとドミナントセブンスコードの指板図

メジャーセブンスコードとドミナントセブンスコード

メジャーコードにメジャーセブンスの、長7度の記号を付ければメジャーセブンスコード、ドミナントセブンスの短7度の記号を付ければ、ドミナントセブンスコードです。Root(根音)の記号からの音程が広い方がメジャーセブンスコード、音程の狭い方がドミナントセブンスコード、というのも分かると思います。

同弦上と押弦用のマイナーメジャーセブンスコードとマイナードミナントセブンスコードの指板図

マイナーメジャーセブンスコードとマイナードミナントセブンスコード

マイナーコードに長7度の記号を付ければマイナーメジャーセブンスコード、短7度の記号を付ければマイナードミナントセブンスコードです。マイナーコードに関わらず、どんなコードでもRoot(根音)の記号からフレット11個分にあるのが長7度の記号で、フレット10個分にあるのが短7度の記号となります。

メジャーセブンスコード・ドミナントセブンスコード・マイナーメジャーセブンスコード・マイナーセブンスコードの指板図

セブンス系コードの基本

これまでの4種類のセブンス系コードを、整理しておきましょう。単体の場合短7度の記号をドミナントセブンスと言いますが、コードで呼ぶ時はドミナントを省くことがほとんどです。これら4種類を、セブンス系コードの基本と考え理解しておけば、これから後のセブンス系コードも、分かり易いかと思います。

オーグメントメジャーセブンスコード

今度は長7度の記号を付けるセブンス系コードですが、三和音がオーグメントコードというのに変わります。先ずは三和音のオーグメントコードを、同じ三和音のメジャーコードと比較してみます。

同弦上と押弦用のメジャーコードとオーグメントコードの指板図

オーグメントは増5度

メジャーコードはRoot(根音)の記号から、フレット4個分の音程にある長3度の記号と、フレット7個分の音程にある完全5度の記号で作られます。それの完全5度の記号が、フレット8個分の音程になったのがオーグメントの増5度(ぞうごど)で、指板図には増5度の記号と表しています。

同弦上と押弦用のオーグメントメジャーセブンスコードの指板図

オーグメントメジャーセブンスコード

三和音のオーグメントコードに長7度の記号を付けたのが、四和音のオーグメントメジャーセブンスコードとなります。コードの表記ですが、三和音のオーグメントコードの場合、ルート音名の隣に「aug」で、四和音のオーグメントセブンスコードの場合「augM7」と表されることが多いでしょう。

オーグメントメジャーセブンスコードの運指練習TAB譜面

オーグメントメジャーセブンスコードの運指

1・3小節目が三和音のオーグメントコード、2・4小節目が四和音のオーグメントメジャーセブンスコードです。僕は指示にある通りの運指になり、矢印ではポジション移動をしていますが、必ずしも同じ運指にする必要はないので、自分の手の大きさに合わせた運指、が出来れば問題ないです。

コードCaugとCaugM7の呼び方表

コード「Caug」と「Caug7」の呼び方

三和音「Caug」はRoot(根音)の記号増5度の記号から「シー・オーグメント」と呼ばれます。四和音「Caug7」は長7度の記号を加え「シー・オーグメント・メジャーセブンス」と呼ばれます。コードの呼び方や表記は、一種類だけではないので、オーグメントコードは増三和音や、オーグメントメジャーセブンスコードは増七の和音も参考にしてください。

セブンスサスフォーコード

今度は短7度の記号を付けるセブンス系コードですが、三和音がサスフォーコードというのになります。ここでも先ず、メジャーコードの三和音と、サスフォーコードの三和音を、見比べることから始めてみます。

同弦上と押弦用のメジャーコードとサスフォーコードの指板図

サスフォーは完全4度

メジャーコードはRoot(根音)の記号から、フレット4個分の長3度の記号と、フレット7個分の完全5度の記号で作られます。それの長3度の記号が、フレット5個分になったのが、サスフォーの完全4度(かんぜんよんど)で、指板図には完全4度の記号と表しています。

同弦上と押弦用のセブンスサスフォーコードの指板図

セブンスサスフォーコード

三和音のサスフォーコードに、短7度の記号を付けてやるとセブンスサスフォーコードになります。コードの表記は、三和音のサスフォーコードが「sus4」で、四和音のセブンスサスフォーコードが「7sus4」というのが多いと思います。

セブンスサスフォーコードの運指練習TAB譜面

セブンスサスフォーコードの運指

セブンスサスフォーはRoot(根音)の記号完全4度の記号短7度の記号が、同じフレット上に並ぶので、セーハで運指することが多いです。セーハの運指については、セーハ・バレーコードというフィンガリングを参考にしてください。1・2小節目で開放弦を使った運指になると、セーハを使わない人も多いかと思います。

Csus4とC7sus4の呼び方表

サスフォーよりセブンスを先に呼ぶ

三和音「Csus4」はRoot(根音)の記号完全4度の記号から「シー・サスフォー」と呼びます。四和音「C7sus4」は短7度の記号を加え「シー・セブンス・サスフォー」と呼びますが、コード表記に合わせた呼び方をするので、完全4度の記号より短7度の記号の方を、先に呼ぶことになります。

マイナーセブンスフラットファイブコード

今度のセブンス系コードは、三和音がマイナーフラットファイブコードというものになります。そのコードに短7度の記号を付ける分けですが、やはり先ず三和音のマイナーコードと、マイナーフラットファイブコードを見比べてみます。

同弦上と押弦用のマイナーコードとマイナーフラットファイブコードの指板図

フラットファイブは減5度

マイナーコードはRoot(根音)の記号から、フレット3個分の短3度の記号と、フレット7個分の完全5度の記号で作られます。それの完全5度の記号が、フレット6個分になったのが、フラットファイブの減5度(げんごど)で、指板図には減5度の記号と表しています。

同弦上と押弦用のマイナーセブンスフラットファイブコードの指板図

マイナーセブンスフラットファイブコード

マイナーフラットファイブコードに、短7度の記号を付けたのがマイナーセブンスフラットファイブコードです。コードの表記は、三和音のマイナーフラットファイブコードが「m(♭5)」で、四和音のマイナーセブンスフラットファイブコードが「m7(♭5)」というのが多いでしょう。

マイナーセブンスフラットファイブコードの運指練習TAB譜面

マイナーセブンスフラットファイブコードの運指

1・2小節目はポジション移動なしの運指、を考えて指示していますが、人差し指から小指の押弦が辛ければ、少しポジション移動をする運指、になっても全く問題ありません。異弦同音で3弦6フレットを2弦1フレットに変えた運指もありますが、これもかなり厳しい運指になります。どれが自分に合う運指なのか、弾き比べてみるのも良いでしょう。

Cm(♭5)とCm7(♭5)の呼び方表

コードの呼び方は音程の順番ではない

三和音「Cm(♭5)」は、Root(根音)の記号短3度の記号減5度の記号から「シー・マイナー・フラットファイブ」と呼びます。四和音の「Cm7(♭5)」は、短7度の記号を加え「シー・マイナー・セブンス・フラットファイブ」となります。やはり音程の順番ではなく、コード表記に合わせた呼び方をします。

コードの表記と呼び方について

これまでにも何度か説明しましたが、コードの表記や呼び方は、一種類だけではありません。三和音のマイナーフラットファイブコードは、ディミニッシュコードとも言いますし、四和音のマイナーセブンスフラットファイブコードは、ハーフディミニッシュコードとも言います。また、和名も付けられているコードもあるので、最初はかなり複雑に感じると思います。

ディミニッシュセブンスコード

最後のセブンス系コードの三和音は、先ほど説明したマイナーフラットファイブコード(ディミニッシュコード)です。そこに付くのは長7度の記号短7度の記号でなく、新たに登場するディミニッシュセブンスという音です。

同弦上と押弦用のディミニッシュセブンス(減7度)の指板図

ディミニッシュセブンスの減7度

Root(根音)の記号からフレット9個分先に位置するのが、ディミニッシュセブンスの減7度(げんしちど)で、指板図には減7度の記号で表しています。押弦用の指板図を見てみると、Root(根音)の記号に近いのは1弦2フレットの減7度の記号ですが、運指によっては、2弦7フレットの減7度の記号を使うこともあります。

同弦上と押弦用のディミニッシュセブンスコードの指板図

ディミニッシュセブンスコード

三和音のマイナーフラットファイブコードに、減7度の記号を付けたものが、四和音のディミニッシュセブンスコードとなります。ディミニッシュセブンスコードのコード表記は「dim7」というのをよく見ますが、他の表記方法もあるので、それらをディミニッシュセブンスコードは減七の和音で説明しています。

ディミニッシュセブンスコードの運指練習TAB譜面

ディミニッシュコードの運指

4小節とも「Cdim7」ですが、指を広げての運指、指を狭めての運指、ポジション移動の運指など、色んな運指が必要になってきます。先ず速さは必要ないので、確実に運指できるよう、1小節ずつゆっくり練習してください。

オーグメントメジャーセブンスコード・セブンスサスフォーコード・マイナーセブンスフラットファイブコード・ディミニッシュセブンスコードの指板図

セブンス系コードはまだある

このページで新たに説明した、オーグメントメジャーセブンスコード・セブンスサスフォーコード・マイナーセブンスフラットファイブコード・ディミニッシュセブンスコードをまとめておきましょう。これで計8つのセブンス系コードを知ったことになりますが、他にもセブンス系コードはあります。しかし、これら8つのセブンス系コードを知っておけば、先ずは大丈夫かと思います。

セブンスコードとは?

三和音に長7度の記号短7度の記号減7度の記号が付くコードを、セブンス系コードという言い方で、説明してきましたが、これらは一般的にセブンスコードと言われます。しかし「C7・D7・E7・G7」などの、ドミナントセブンスコードもセブンスコード、として説明されることがあるので、混乱を避けるため、ここではセブンス系コードとしています。