楽器のケアはエレキベースに限らず、必要不可欠です。先ず基本となるのは、楽器を綺麗にする道具でしょう。ギター系の楽器のケアで、大きく気を使う部分といえば、ネックかと思います。ネックの為には、出来る限りのことをしてやりましょう。また、アンプを通して弾く際にも注意が必要なので、エレキベースとアンプの、接続手順についても確認しておきましょう。

楽器を手入れする道具

毎日エレキベースを弾いていると、面倒に思えるかもしれませんが、演奏後はしっかりと楽器のケアをしましょう。特にペグ・弦・コントロールノブ・ブリッジなどの金属部分は、手の汗でサビついていきます。演奏後は手で触れた場所を、しっかりと拭きとっておくようにしましょう。

ポリッシュクロスで楽器を拭く

ティッシュやタオルで弦を拭いてしまうと、細かい繊維がついてしまい、逆に汚れてしまったり、弦の寿命を縮めたりするかもしれません。一番良いのはポリッシュクロスなどと言われる、楽器を拭く専用の布を使うことです。演奏後に弦を拭くのと拭かないのとでは、かなり寿命も違ってきます。演奏後に限らず、小まめに弦を拭くクセを、つけておくと良いです。

潤滑剤で弦のサビ防止

ポリッシュクロスを使い、弦を拭くだけでも十分ですが、潤滑剤(じゅんかつざい)を利用するのも良いです。潤滑剤には弦のサビ防止成分が含まれているので、弦の寿命を伸ばしてくれます。ベタつき感も多少あるので、好き嫌いは別れますが、潤滑剤をつけた弦はツルツルになり、フィンガリングがしやすくなる、というベーシストもいます。

オイルで楽器の掃除

ヘッド・ネック・指板・ボディの、木製部分の汚れがひどい場合は、オレンジオイルやレモンオイルなどを使い、拭き取ってやるのも良いです。しかし、オイルを大量に使うと、塗装の色が落ちてしまったり、指板に悪影響を及ぼす、といったことも聞かれるので、一時にオイルを使い過ぎるのは止めましょう。僕はポリッシュクロスに、少しだけオイルを浸し、それで磨くようにしています。

エレキベースのネックについて

ベースやギターなどの大部分は木材で、湿気や乾燥などの影響で音も変わってきます。特に厄介なのがネックの曲がり、捻れについてです。ネックの問題については、一生悩まされることになるでしょう。

ネックは温度や湿度に敏感

楽器店などでは除湿機やドライ、壁掛け用のスタンドなどを使用して、楽器に最適な温度や湿度が保たれ、管理されてあります。しかし、一般家庭では中々そうもいかないので、長い間エレキベースを弾かない時は、専用のギターケースに入れておいたり、弦を少し緩めておく(下記に説明あり)と良いかもしれません。また、湿度調整剤を使うのも有りです。しかし、どれだけ気を使っていても、ネックは少しずつ曲がってしまうのが、ツライところです。

ネックの為に弦は緩める?緩めない?

先ほども少し触れましたが、長く演奏をしない時はネックへの負担を考え、弦を緩めておくという人もいます。知り合いのリペアマン(楽器の修理などをする人)は、1週間以上演奏しないのなら、弦を緩めておいた方がよい、と考えているようです。しかし、どれだけ長く演奏しない時でも、弦は緩めない方がよいと言う人もいます。プロベーシストの板谷直樹さんの著書にも、弦は緩めない方がよいと書いてありました。個々のエレキベースにより対応が違い、はっきりとは決まっていないようですが、弦を頻繁に締めたり緩めたりするのは、ネックに大きな負担がかかるのは確かなので、毎日弾く場合は弦を緩める必要はないと思います。

弦交換は1本ずつ?

上記のように弦を緩めない派の人は、弦交換の時も1本ずつ弦を張り替えます。正しくチューニングされた状態が、弦とネックがバランス良く釣り合っている、とするからです。なので、弦とネックのバランスをなるべく保つ為に、弦交換も1本ずつと考えるのでしょう。なるほどと思いますが、僕はどうしても弦交換の時には、ベースを全体的にクリーニングしたいので、弦を全て外してから張り替える派です。それでいて、ネックに大きな異常は見られないので、僕はそうしています。難しいことですが、自分のベースのネックをよく知り、それに合わせてやることが大事かと思います。

ベースアンプへの接続手順

ベースアンプへの接続に慣れてしまうと、いい加減になるものです。スイッチがオンの状態でシールドを抜いたり、音量をいっぱいにしたまま、電源を切ったりしてしまいます。故障の原因にもなりますし、何よりも電気を扱っているので危険です。水分を近くに置くのも、なるべく避けるようにしましょう。

ベースアンプへの接続と切断

  1. エレキベースとアンプの音量を全て0にする
  2. 最初にエレキベースにシールドを差し込む
  3. 次にアンプにシールドを差し込む
  4. アンプのスイッチを入れる
  5. アンプの音量やメモリは少しずつ上げ音を作る
  6. 演奏後は音量を全て0にする
  7. アンプのスイッチを切っても直ぐにシールドを抜かない

練習は出来るだけベースアンプを使う

ベースアンプの接続方法の説明をしたので、ついでに少し書いておくと、時々「ベースアンプなしでも練習になりますか?」という質問を受けます。ベースアンプを通さなくても、練習にはなると思いますが、持っているならベースアンプを使い、練習した方が良いです。ベースアンプを使わないで弾いていると、自分の意図としていない音が勝手に鳴っていて、それに気づかないことがあるからです。演奏は音を鳴らすばかりではなく、余計な音を出さないことも大事になってきます。ある程度の音量を出し、アンプを使って弾いていると、そういったことがよく分かるので、可能な限りベースアンプを使って、練習することをお勧めします。