エレキベースの付属品にも色んなものがありますが、最初から全て揃える必要はなく、最後まで使わない付属品もあるかと思います。弦は張ってあればいいですが、予備もあると安心でしょう。あとは音を合わすチューナーと、それをベースに繋げるシールドがあれば、とりあえずは弾けることになります。アンプも使った方がいいですが、予算もあると思うので必要最低限な付属品から揃えるといいでしょう。主なエレキベースの付属品と、簡単な説明を見ていきましょう。

エレキベースの付属品と説明


エレキベースの弦の画像

ベース弦も消耗品

弦楽器なら全てに同じことが言えますが、エレキベースの弦も長く使っていると正確な音が出せなくなるので、2~3ヶ月のスパンで張り替えた方がいいでしょう。エレキベースの弦は、ワンセット3千円ほどして高価なので、演奏が終わったらしっかりと拭いて、長持ちさせるよう心がけておきましょう。


チューナーの画像

チューナーでチューニング

演奏の前にはチューニングという、音を合わせる作業をする必要があります。それはチューナーがあれば簡単に出来るので、是非1つは持っておきましょう。演奏中にも音が狂うので、小まめにチューニングをしてください。クリップ式のチューナーもありますが、最初はシールドで繋ぐタイプのものをお勧めします。


シールドの画像

シールドは電気コード

エレキベースとアンプを、またはチューナーなどを繋ぐ、電気コードのことをシールド言います。シールドにもピンからキリまであり、良いシールドを使うと、エレキベースの音も驚くほどクリアに聴こえたりします。ライブのことを考えると、5メートルほどのシールドを買っておけば、問題ないかと思います。


ストラップの画像

ストラップで立奏

立って演奏することを立奏(りっそう)と言いますが、その時に必要なのがストラップです。目安としてボディの中心がオヘソあたりに、ヘッドが肩と同じくらいの高さが、弾きやすい位置だと思います。エレキベースが高い位置だとかっこ悪いと思う人もいますが、弾けなかったら意味がないので、徐々に下げるようにしていきましょう。


ピックの画像

ピックの種類は豊富

音楽スタイルなどにもよりますが、ベースを指で弾くこともあれば、ピックを使うことだってあります。指で弾くのに比べると、ピック奏法は鋭く目立ちやすい音が特徴かと思います。ピックにも様々な形や硬さがあり、それによって音も大きく違ってくるでしょう。自分に合うピックを見つけるまでが大変です。


メトロノームの画像

メトロノームで正確なテンポ

曲のテンポを知る機械がメトロノームです。曲のテンポをキープするのはドラマーだけではなく、ベーシストの役割でもあります。そのためにも正確なリズム感を身につけ、メトロノームで日々練習することが大事です。最初からは必要ないと思いますが、慣れてきたら一つは買っておきましょう。


ギタースタンドの画像

ギタースタンドで安全に

ギター系の楽器を立てておく道具が、ギタースタンドです。エレキベースを壁にもたれさしておいたり、床に寝かしておくと危ないので、ギタースタンドに置いておきましょう。画像のギタースタンドが、よく見られるタイプのものですが、持ち運びの出来るコンパクトなものや、何本も置けるギタースタンドもあれば、壁掛け用のギタースタンドもあります。


ギグバッグ・ギグケースの画像

ギグバッグで持ち運ぶ

ギターケースにも幾つか種類があり、ギグバッグやギグケースと言ったりします。ソフトケースはペラペラしていて作りがあまいので、大事な楽器ならギグバッグに入れて、運んだ方がいいでしょう。最も頑丈なのがハードケースで、楽器の運搬はハードケースに入れておいた方が、より安全だと思います。


エフェクターの画像

エフェクターで音に変化

エレキベースの音に変化をもたらすのが、エフェクターです。オーバードライブ・コーラス・イコライザー・リミッターなど、個別のエフェクターもあれば、色んなエフェクターが1つにまとまった、マルチエフェクターもあります。最初から必要とは思いませんが、慣れてきたら遊んでみるのもいいでしょう。


ベースアンプの画像

ベースアンプで練習

エレキベースからの音を出す、スピーカーの役割をしてくれるのがベースアンプです。アンプでも音量や音色を変えられ、高音域・中音域・低音域のメモリがあります。家での練習用なら、10Wから20Wもあれば、十分な音量が出るでしょう。騒音が気になるなら、ヘッドホンを使えるベースアンプを選びましょう。