ありとあらゆる物と同じく、エレキベースも様々な部品・パーツが組み合わさり、1本のエレキベースが作られています。何か一つだけでも部品・パーツを組み替えることにより、音や弾く心地が大きく変わってくるものです。部品名・パーツ名に加え、それが一体どういう働きをしているのかも、簡単に見ていきましょう。

エレキベースの部品名・パーツ名と働き

エレキベースの部品名・パーツ名の全体画像


ヘッド・ペグ・ストリングポスト(弦巻き)の写真

ヘッドにはペグやストリングポスト

エレキベースの頭をヘッドと言い、ここにペグが取り付けられています。チューニングの時にはペグを回し音を調節します。弦を巻きつける部分はストリングポスト(弦巻き)と言ったりもします。


ナットの写真

ナットには弦をはめ込む

ヘッドの直ぐ隣にあるのがナットで、弦がはまるように溝が彫ってあります。次に説明するフレットとは違うので、覚えておきましょう。例外もありますが、大抵のナットの素材は、プラスティックから作られていると思います。


フレットの写真

フレットで正確な音程をとれる

一つ前に見たナットと平行に埋められている、鉄の棒がフレットです。フレットがあるおかげで、正確な音程がとれるようになっています。フレットがないエレキベースもあり、それをフレットレスベースと言ったりします。


ポジションマークの写真

ポジションマークでフレットの位置を知る

大抵は3・5・7・9・12・15・17・19フレットには、フレットの位置が分かりやすいようにポジションマークという、目印がつけられていることが多いです。丸の他にも四角や、星型など個性的なポジションマークも見られます。


指板・フィンガーボードの写真

指板・フィンガーボードには種類がある

フレットやポジションマークがある部分を指板(しばん)と言います。指板にはローズ・エボニー・メイプルなどの木の種類があり、それによって音色や弾き心地に変化があります。指板はフィンガーボードとも言います。


ネックの写真

ネックの内部にはトラスロッド

これまでに見てきた指板やフレットの部分を、全体的にネックと呼びます。ネックは乾燥や湿気に弱く、曲がってしまうものです。ネックの内部にはトラスロッドという鉄の棒が入っていて、それを回すことによりネックの調節が出来ます。


ボディの写真

ボディで弦の振動を響かせる

弦の振動をボディで響かせるので、形・材質・重さなどでも音は変わってきます。軽めのアルダーボディと、重めのアッシュボディの2種類を、よく耳にするかと思います。アッシュでもホワイトアッシュや、ライトアッシュなどの種類が見られます。


ピックアップの写真

ピックアップはマイク

弦やボディの振動を拾うマイクのようなパーツをピックアップと言います。ネック側をフロントピックアップ、ブリッジ側をリアピックアップと言い、それぞれのピックアップの調節により、低音や高音を大きくしたりと、音に特徴をつけられます。


コントロールノブの写真

コントロールノブで音量や音色を変える

音量や音色を変える部分をコントロールノブと言います。音量はボリュームコントロールノブ、音色はトーンコントロールノブに分けられます。エレキベースによりコントロールノブの数も違ってきます。


アウトプットジャックの写真

アウトプットジャックにシールドを差す

シールド(エレキベースとアンプを繋ぐケーブル)を差し込む穴をアウトプットジャックと言います。比較的不具合が多い部分で、シールドとの接触が悪いと、ホコリやサビが原因でアンプから雑音が出ます。略してジャックと言う場合が多いでしょう。


ブリッジ・駒・サドルの写真

ブリッジにサドル(駒)がある

新しく弦を張り替える時には、このブリッジから弦を通し始めます。ブリッジによっても音色や、弦をとらえる指やピックの感覚が違ってくるので、ブリッジにこだわるベーシストも多いです。ブリッジの弦を乗せる部分をサドルや駒(こま)と言います。


ストラップピン・エンドピンの写真

ストラップピン・エンドピンにストラップをかける

ストラップ(主に立って演奏する時に肩にかけて使う道具)をつける部分です。ストラップには穴があるので、ストラップピンエンドピンに通しましょう。このピンは案外取れやすいので、そういう時はネジをドライバーで締めてやりましょう。

部品名・パーツ名は知っておいた方が良い

エレキベースを作る部品名・パーツ名を、知らなくても演奏は出来ますが、ネットで情報を集める時や、楽器屋の店員さんと話をする時にも、分からないことが出てくると、困る場合が少なからずあるので、ある程度の部品名・パーツ名は知っておくと良いでしょう。