ベース初心者の最初にぶち当たる壁の一つが、この弦交換かと思われます。初めての弦交換はきっと苦労して、思い通りに行かないと思いますが、最初は誰でもそんなもので、慣れてしまえば楽しくさえなるはずです。弦交換も演奏と同じように、人によってやり方が違ってくるでしょう。

エレキベースの弦の外し方

弦を張り替えるには、先ずは弦を外さなければなりません。そのために絶対必要ということはないですが、ペンチやニッパーがあれば作業も捗り、古い弦の処理も楽になるかと思います。100円ショップで売られているもので十分ですが、エレキベースの弦は太くて頑丈なので、大きいものであれば心強いです。ストリングワインダーという、ペグにはめてクルクル回す道具もありますが、これはあったなら使用するくらいでいいでしょう。


弦の順巻きと逆巻きを説明する画像

弦の順巻きと逆巻き

最初の弦交換の時に迷ってしまうのが、どちらにペグを回せば、弦が緩んだり締まったりするのかということです。エレキベースによって順巻き逆巻きといって、緩んだり締まったりする方向が違う場合もあるので、最初によく確認しておきましょう。


弦巻きから弦を外している画像

弦巻きから弦を外す

何弦から外してもいいと思いますが、4弦から外す場合が多いです。ある程度弦を緩めたら、弦巻きから弦が取れます。ペグを回していると、隣のペグにぶつかり邪魔な場合があるので、一つ前の写真のように、ペグを縦の方向にしておくといいでしょう。


ペンチやニッパーで弦を切っている画像

ペンチやニッパーで弦を切る

弦巻きから弦を外したら、そのままブリッジ穴から抜いてもいいですが、画像のようにブリッジあたりで、弦をニッパーやペンチで切ってやると、弦を外すのも楽になります。しかし、ベースの弦は太くて頑丈なので、かなりの力が必要です。弦を切る場合の注意ですが、ペグを回して弦を緩めてから切るようにしてください。


弦のポールエンドを指で摘んでいる画像

弦のポールエンドを摘んでブリッジから抜く

ブリッジ穴に引っ掛ける弦の部分をポールエンドと言います。ポールエンドを指で摘んで弦を抜いたら、ようやく一本目の4弦が終了です。初めてだと大変だと思いますが、ここまでと同じようにして、3弦・2弦・1弦と弦を外してみましょう。


古い弦の処分の仕方を説明する画像

古い弦の処分の仕方

古い弦を丸めて捨てるのもいいですが、画像のようにペンチやニッパーで短く切ってやると、処分するのも楽になるかと思います。前述したように、ベース弦を切るのは大変なので、弦を回しながら切り、ある程度切り目をつけ、あとは手でクネクネ曲げてやっても切れるので、試してください。

弦交換は掃除のチャンス

弦を全て外し終えたら、エレキベースの掃除をしておくと良く、日用品を使っても掃除は出来きます。また、ギターやベースの専用洗剤である、レモンオイルやオレンジオイルのことについても、少し触れておきます。


綿棒でフレットの境目を掃除している画像

ポリッシュクロス・綿棒・爪楊枝などで指板を掃除

ヘッド部分やピックアップ周り、ブリッジなどは埃が溜まりやすいので、楽器専用のポリッシュクロスで拭きとっておきましょう。特に指板やフレットは、手の汗が原因で垢が溜まるので、しっかりと掃除しておくといいでしょう。指板とフレットの境目は綿棒や爪楊枝、歯ブラシなどを使って掃除するのもいいでしょう。


ポリッシュクロスで指板を拭いている画像

オイルは指板に悪影響?

僕は専用のレモンオイルやオレンジオイルなどを、ポリッシュクロスに浸して汚れを落とすこともあります。ただレモンオイルやオレンジオイルは指板に悪影響があり、指板の寿命を縮めてしまう、ということも言われています。なので、それが心配な人は使わない方が無難かもしれません。指板の種類によっても使わない方がよい、とも言われています。僕の場合はローズ指板とメイプル指板に、オイルを使い掃除をしていますが、今のところ悪影響はないので使っています。しかし、オイルの浸しすぎには注意した方がいいでしょう。

エレキベースの弦の張り方

弦の外し方にしてもそうですが、弦の張り方にも個人差が出てくるものです。最初はこのサイトや、エレキベースの教則本の通り真似してみて、こうしてみたいと思うことがあったら、試してみるのも良いでしょう。例えば、後述する弦の巻き数なども絶対的なものはなく、やはり好みがあると思います。


4弦から弦を張り替えている画像

4弦から張り替える

大抵の教則本などでは4弦から張っていく、と書いてあることが多いと思います。4弦をブリッジの穴から通していきましょう。因みに、ここでは僕がエレキベース教室で教えている、生徒さんに協力してもらい、初めての弦の張り替えに挑戦してもらっています。


4弦を最後までブリッジに通している画像

4弦を最後までブリッジに通す

先ずは4弦を、最後までブリッジに通してみましょう。ポールエンドがブリッジ穴に、引っ掛かるのが確認できたらOKです。これは次の弦を切る作業に関わってくる、重要なことなので、弦を最後まで通しておきましょう。


4弦を2回ほど巻ける長さに切る画像

4弦を2回ほど巻ける長さに切る

4弦を真っ直ぐに伸ばし、あたりで弦を切りましょう。そうしてやると4弦が約2回、弦巻きに巻かれるようになります。目安は弦を差し込む弦巻き・ペグから、2つ先の弦巻き・ペグあたりで、長さだと12cm~15cmくらいになるでしょうか。なので4弦の場合だと、画像のように3弦の弦巻き・ペグで切ることになります。


弦巻き・ストリングポストに弦を差し込んでいる画像

弦巻き・ストリングポストに弦を差し込む

弦を差し込む部分を弦巻きの他にストリングポストとも言われたりします。4弦をストリングポストに、奥までしっかりと差し込んでください。同じようにして3弦・2弦・1弦の時も、ストリングポストに弦を差し込んでやりましょう。


ストリングポストを利用し弦を折り曲げている画像

ストリングポストを利用し弦を折り曲げる

弦をストリングポストに差し込んだ状態から、指でグイッと折り曲げてやりましょう。僕はこのまま弦を巻いていきますが、ペグを回しストリングポストを利用して、巻き易いようもっと折り目をつけ、弦を馴染ませてやっても良いでしょう。


弦巻きに弦を巻いている画像

弦巻きに弦を巻いていく

ある程度弦に折り目がついたら、弦を巻いていきますが、画像のように指で弦を弦巻きに押し当てながら、巻いていきましょう。弦がしっかりと巻きつくまでは、弦から指を離さない方が良いでしょう。力がいる作業なので、簡単には巻けないと思います。


弦のたるみ・ねじれを直している画像

弦のたるみ・ねじれを直す

大変ですが出来れば弦を巻きながらも、最後まで通していた弦のポールエンドを、軽く引っ張っておきましょう。そうすると、たるみがなくなって弦を巻きやすくもなりますし、見た目では分からない、弦のねじれも直すことが出来ます。


弦をナットの上に乗せている画像

弦をナットの上に乗せてやる

ナットには各弦の太さに応じた溝が彫ってあるので、弦が張れてきたらナットの溝に、弦を乗せてやりましょう。早くからナットの上に弦を乗せておいてもいいですが、弦でナットが削れてしまい、それを嫌う人もいます。しかし、そう極端に削れることはないでしょう。


弦巻きの状態を確認する画像

弦巻きの状態を確認する

前述したように、弦巻きに2回巻かれているのが分かります。僕の基本はこれくらいですが、必ず弦巻きに弦が2回巻かれている必要もないと思います。弦を切らないで巻く人もおり、それだと弦巻きに3回か4回、弦が巻かれることになります。弦を巻く回数で音に変化があるのかというと、僕には正直あまり違いが分かりません。


3弦を弦巻きに2回巻けるようにする画像

3弦を弦巻きに2回巻けるようにする

4弦を切ってから弦を巻いたように、今度は3弦で切る計算をしてみましょう。3弦のペグ・弦巻きから2つ先は、1弦のペグ・弦巻きになるので、あたりを切ると、弦巻きに2回ほど巻ける計算です。また、弦によって巻き数を変える人もいます。


ブリッジのサドル・駒を確認する画像

ブリッジのサドル・駒を確認する

弦を巻き終える毎に、ブリッジにも目を向けてみましょう。弦を乗せる部分をサドル駒(コマ)と言います。画像の2弦を見てみると、少し曲がって乗っているのが分かります。こういう時は弦を緩めてから、真っ直ぐになるように修正してやりましょう。


ストリングスガイド・ストリングステイナーの画像

ストリングスガイドの効果

エレキベースにもよりますが、1弦と2弦はストリングスガイド(ストリングステイナー)という部品で、弦を押さえ付けることが多いです。これで弦のテンションと言われる、張り具合を上げたり、ビビリを軽減させたりする効果があります。


ペグが固くて回らない時の対処法画像

ペグが固くて回らない時の対処法

何年もエレキベースを使っていると、ペグが固くなり回らないことも出てくるでしょう。そういう時は、ペグの裏側の歯車の部分に油を差してやったり、幾つかあるネジを緩めてやったりすると、回し易くなることもあります。それでも回らずに仕様がない時は、ペグ自体を交換することも可能です。

弦交換のタイミングと豆知識

他の弦楽器と同じく、エレキベースの弦にも寿命があります。しっかり手入れをしていても長く使っていると、正確なチューニングが出来なくなったり、元気のない曇るような音になったりしてしまいます。季節にも練習量にもよりますが、2~3千円くらいの弦で長く使えたとしても、2~3ヶ月に一度は弦の交換をした方がいいでしょう。千円未満の弦もありますが、安いだけに弦の寿命も早いので、出来れば安い弦は避けたいところです。

基準となる弦

弦を張り替えるには新しい弦を購入する分けですが、一口に弦と言っても色んな種類のものがあります。弦の種類は次のページでも説明していますが、メーカーによっても音や質が違ってきます。有名なダダリオやアーニーボールを使うのもいいですし、楽器屋さんで勧められた弦でもいいので、自分の基準となる弦を見つけておくといいでしょう。そうすれば、他のメーカーや違う種類の弦を使う時に、比べられるようになるので、違いも分かりやすいと思います。

死んだ弦の音も味がある

古くなって主に高音が出ない弦を、死んだ弦や死に弦などと表現しますが、その死んだ弦を好むベーシストも結構います。定期的な弦交換は基本とされていますが、死んだ弦でも音や感触が好きなら、張り替えずとも問題ないと思います。僕もジェームス・ジェマーソンという偉大なベーシストの真似をして、所有しているフレットレスベースは弦を張り替えていません。ただ弦がサビていたりすると、指板やフレットを傷めてしまうので、ケアはしっかりとしておきましょう。

死んだ弦を復活させる方法

前述したように、古く死んだ弦になってしまうと、高音が鳴らず曇った音が目立つようになります。この死んだ弦を鍋に入れ、お湯でグツグツ10分ほど茹でてやると、新品の弦の音に復活してくれます。これは昔からある方法で経済的にも助かりますが、残念なことに24時間ほどで元の死んだ弦に戻ってしまいます。僕も何度か試しましたが、確かに1日で効果は切れてしまいました。試してみるのもいいですが、手間を考えると新しい弦を買った方がいいでしょう。

張り替えたての弦には要注意

新品で張ったばかりの弦は、グングンと伸ばされます。それぞれの弦を正確にチューニングしても、弦が伸びてしまうせいで、直ぐに音が大きく下がってしまいます。張り替えたての弦では、こういうことが何回か繰り返されるので、チューニングを何度か繰り返しましょう。そのうち弦の伸びも落ち着き、極端なチューニングの狂いも生じなくなるでしょう。

古い弦をとっておく

ベースの弦は頑丈なので簡単には切れませんが、急に切れてしまうこともあります。練習の時ならいいですが、ライブ本番前のリハーサルともなると大変です。予備の新しい弦を張ってもいいですが、説明したように、新しい弦はチューニングが直ぐに狂ってしまいます。その時のために古い弦は捨てずに、1セットだけとっておくというのもいいかもしれません。