ブルースという音楽ジャンルは、ロックやジャズなどを始め、様々な音楽ジャンルに影響を与え、取り入れられています。ブルースのコード進行をメジャーキーのメジャーブルースと、マイナーキーのマイナーブルースに分け、ブルースの基本的なことを見ていきましょう。また、ブルースは現代音楽においてポピュラーな位置にあり、ジャムセッション等でも重宝されるので、覚えておくことをお勧めします。

ブルースのコード進行(メジャーブルース)

通常のディグリーネームとブルースのディグリーネーム比較表

ブルースはスリーコード

スリーコードとは主要三和音のことで、ダイアトニックコードの1番目に作られるトニックコード(T)、4番目に作られるサブドミナントコード(S)、5番目に作られるドミナントコード(D)の3つでした。他のコードが入ってくるケースも多々ありますがブルースはスリーコードで構成されるのが基本と思ってください。

ブルースはドミナントセブンスコード

四和音のダイアトニックコードなら、1番目と4番目はメジャーセブンスコードになります。しかしブルースはドミナントセブンスコードにして、演奏するのが基本です。ドミナントセブンスコードにしますが、機能的にはトニックコードとサブドミナントコードだと思ってください。5番目は最初からドミナントセブンスコードで、機能的にもドミナントコードの役目を果たします。次にブルースのコード進行を見ていきましょう。

メジャーブルースのコード進行(1)

ブルースは12小節でワンコーラス

Cメジャーキーでブルースのコード進行を、簡略譜面に表してみました。全体的にトニックコード(T)が多く、ドミナントコード(D)は9小節目に一つあるだけです。そしてブルースは12小節でワンコーラスとなるのも特徴で、コーラスというのは、一区切りを意味すると思ってください。12小節でワンコーラス、24小節ならツーコーラス、36小節だとスリーコーラスといった具合です。先ずはエレキベースの指板で、ルートだけを確認してみましょう。

メジャーブルースのコード進行(2)

ドミナントコードからサブドミナントコード

今度は先ほどのブルースのコード進行からだと、2小節目がサブドミナントコード(S)に、12小節目がドミナントコード(D)に変わっています。こちらのブルースのコード進行も、よく使用されています。12小節目の(D)から1小節目の(T)へは、ドミナントモーションの進行ですが、9小節目の(D)から10小節目の(S)という、ドミナントコードからサブドミナントコードへの進行は珍しく、これもブルースのコード進行の大きな特徴です。

ブルースのコード進行まとめ

  • スリーコード(主要三和音)
  • ドミナントセブンスコード
  • 12小節でワンコーラス
  • ドミナントコードからサブドミナントコード

基本的なブルースのコード進行を二通り見てきましたが、この他にもブルースのコード進行はあります。特にジャズで扱われるブルースは、もっと複雑にコード進行がアレンジされます。先ずはここで見たブルースのコード進行を基本とし、キーが変わっても直ぐに対応できるようにしておくと良いでしょう。

ブルースのコード進行(マイナーブルース)

ブルースはメジャーキーで演奏されることが多いですが、マイナーキーでも演奏されます。メジャーブルースの基本形はスリーコードでしたが、マイナーブルースのコード進行になると、スリーコード以外のコードを使用するのが一般的です。

Aナチュラルマイナーキーの5度アレンジとコード機能分類表

マイナーブルースもスリーコードが中心

マイナーキーのコード郡は三種類あり、ここではナチュラルマイナーキーを基準に見ていきますが、5番目に出来るドミナントコード(D)は、ハーモニックマイナーキーや、メロディックマイナーから借用している形です。マイナーブルースはスリーコード以外も出てきますが、1番目のT(トニックコード)、4番目のS(サブドミナントコード)、5番目のD(ドミナントコード)が中心となるのは、メジャーブルースと同じです。Aマイナーキーでマイナーブルースを見てみましょう。

マイナーブルースのコード進行(1)

マイナーブルースも12小節でワンコーラス

これがマイナーブルースの基本形なのか、はっきりしたことは分かりませんが、シンプルで分かり易いコード進行かと思います。9小節目の「Bm7(♭5)」がスリーコード以外に当たり、9・10・11小節にかけては、ツーファイブという連結力の強い、コード進行が続いています。ツーファイブの詳しくは、ジャズ入門を参照してください。マイナーブルースも12小節でワンコーラス、となるのはメジャーブルースと同じです。

マイナーブルースのコード進行(2)

マイナーブルースのコード進行をアレンジ

1枚目のマイナーブルースのコード進行を、少しアレンジしたものです。4小節目が「Am7」から「A7」になっており、これは5小節目の「Dm7」へのセカンダリードミナントです。4小節目は「E7」とする場合もあり、これは「A7」の裏コードとして考えられるでしょう。9小節目は「Bm7(♭5)」の借用和音なのか、「F7」とする場合も多く、次の10小節目の「E7」へ、ルートが半音で繋がるのがポイントでしょう。最後の12小節目の「E7」は、1小節目の「Am7」へ繋がる、ドミナントモーションになっています。マイナーブルースも二通り説明しましたが、この他にもコード進行は存在します。