ドミナントセブンスコードからトニックコードへ進行する、一連の流れをドミナントモーションと言います。ドミナントモーションを強いて日本語にするなら「支配的動作」などと訳せますが、ドミナントセブンスコードの持つ音程が、その支配的動作を生むのでしょう。音と音との流れや繋がりを、具体的に見ていきましょう。

ドミナントモーションの内容

Cメジャーキーのダイアトニックコード

ドミナントコードの特徴

Cメジャーキーのダイアトニックコードで見ると、ドミナントコードはDの「G」と「G7」で、これらはトニックコードのTの「C」へと進行したがります。これがドミナントコードの大きな特徴です。

ドミナントセブンスコード

コード「G」もドミナントコードなので「C」へ進行したがりますが、より強力なのは四和音である「G7」の方です。このコードにはドミナントセブンス(短7度)があり、それがドミナントモーションを作る要因となるからです。こういったコードをドミナントセブンスコードと言い、ドミナントセブンスコードでないと、ドミナントモーションを起こすことが出来ません。ドミナントモーションの内容を詳しく見てみましょう。

コードCからG7へのドミナントモーション(減5度音程)の流れ

減5度音程は不安定な音程

コード「G7」は根音のG音、長3度のB音、完全5度のD音、短7度のF音、で構成されています。注目すべきなのがB音とF音で、これら二音が減5度音程を作っています。この減5度音程は人間の耳に不安定で、気持ち悪く聴こえてしまう音程とされており、何処か落ち着ける音程を求めようとします。その落ち着く先が、トニックコードという分けなのです。

ドミナントモーションの解決

その落ち着く音程の流れですが、長3度のB音が根音のC音へ、短7度のF音が長3度のE音へ移り、これが人間の耳にはスッキリ気持ち良く聴こえます。このような音の流れがドミナントモーションです。またドミナントモーションで音程の落ち着くことを解決するなどと表現するので、覚えておくと良いでしょう。減5度音程を更に詳しく見てみましょう。

ピアノ鍵盤図で見る三全音とトライトーンの反進行

三全音とトライトーンの反進行

コード「G7」の持つB音からF音は、半音6つ分になります。半音6つ分を全音に直すと3つ分になり、これを三全音(さんぜんおん)、英語式ではトライトーンと言います。説明したように、減5度音程である三全音・トライトーンは、トニックコードへと移りたがります。B音は半音上のC音へ、F音は半音下のE音へ移るように、三全音は同じ方向へは進行せず、反対の方向へ進行しようとします。これを三全音の反進行やトライトーンの反進行と言い、ドミナントモーションの特徴でもあります。

Aメジャーキーのドミナントモーション

Aメジャーキーのダイアトニックコード

コード「E7」から「AM7」へのドミナントモーション

今度はAメジャーキーでドミナントコード以外も、テトラッドコード(四和音)にしてみましたが、ここで関係があるのは、トニックコードだけです。トニックコードがテトラッドコードになっても、ドミナントモーションの機能は変わりありません。ドミナントセブンスコードが「E7」で、トニックコードは「AM7」のドミナントモーションを、先ほどと同じく、TAB譜面で具体的に見ていきましょう。

コードE7からAM7へのドミナントモーション(減5度音程)の流れ

減5度音程の確認

コード「E7」は根音のE音、長3度のG#音、完全5度のB音、短7度のD音、で構成されています。減5度音程はG#音とD音が作っており、この音程が三全音・トライトーンです。

指板でドミナントモーションを探る

長3度のG#音は根音のA音へ、短7度のD音は長3度のC#音へ移り、ドミナントモーションで解決します。4弦フレットから4弦フレットは、半音上がっており、2弦フレットから3弦フレットは、半音下がっていることから、トライトーンの反進行が成立しているのも分かります。エレキベースでは和音によるドミナントモーションを、耳で確認することは難しいですが、指板で構成を探ることは可能です。次も指板でドミナントモーションを考えてみましょう。

CメジャーキーとEメジャーキーのトニックとドミナントの指板図

トニックコードとドミナントコードを指板図で見る

3弦3フレットのCをTのトニックコードとすると、そこから完全5度(半音7つ)上にあるのが、Dのドミナントコードで、完全4度(半音5つ)下にあるのもDです。3弦0フレットのAをTとしても、完全5度上と完全4度下にあるのは、Dとなります。このように、キーが変わってもTDは相対的に動くので、ドミナントモーションのコードを探すのにも、役立つと思います。

Cマイナーキーのドミナントモーション

Cナチュラルマイナーキーのダイアトニックコード

ナチュラルマイナーキーはマイナーセブンスコード

最後にマイナーキーでの、ドミナントモーションも見ていきましょう。上記がCナチュラルマイナーキーのダイアトニックコードですが、メジャーキーとは違い、5番目のDにはマイナーセブンスコードの「Gm7」が作られてしまいます。このコードではドミナントモーションを起こすことは出来ませんが、それでも一応はトニックコードの「Cm7」へと進行しようとはします。音の流れを音符とTAB譜で見てみましょう。

ドミナントモーションではないコードGm7からCm7への流れ

マイナーセブンスコードには減5度音程がない

コード「Gm7」の短3度のB音と短7度のF音は、コード「Cm7」の根音のC音と短3度のE音へと流れます。しかし、このコードワークの繋がりは強いものではなく、それはコード「Gm7」に減5度音程が入っていないからです。ベーシストはTAB譜面で見ると分かり易く、3弦1フレットのB音と、2弦3フレットのF音は減5度音程ではなく、完全5度音程というのが分かると思います。

マイナーキー3種類のディグリーネーム表

ハーモニックマイナーとメロディックマイナーは「Ⅴ7」

減5度音程を作るには「G7」にする必要があるので、ナチュラルマイナーキーのままでは無理です。ディグリーネーム表にも記している通り、マイナーキーには他に、ハーモニックマイナーキーとメロディックマイナーキーの2種類があります。それら2種類の5番目が「Ⅴ7」なので、それを借りて「G7」にすると考えてやりましょう。別に借りるという発想はしなくても、単純に「G7」にすると考えても良いでしょう。

Cナチュラルマイナーキーダイアトニックコード(5度アレンジ)

本来のドミナントコードも大事

上記が5番目のドミナントコード(D)だけを「G7」にアレンジさせた、Cナチュラルマイナーキーのダイアトニックコードです。これでトニックコード(T)の「Cm7」へ、ドミナントモーションをかけることが出来ます。ナチュラルマイナーキーでも、このコード郡を基本にしている人も多いですが、本来のドミナントコードである「Gm7」は必要ないというと、全くそんなことはありません。普通に使われたりしますし「Gm7」→「G7」→「Cm7」というように、ドミナントモーションをかける前に使われたりもします。

コードGm7からCm7へのドミナントモーション(減5度音程)の流れ

トニックコードがマイナーコードのドミナントモーション

コード「G7」の長3度のB音が半音上がって、コード「Cm」の根音のC音へ流れるのは、メジャーコードと同じです。短7度のF音は、半音2つ分下がり、短3度のE音へ流れているのが、TAB譜面を見ても分かると思います。トニックコードがマイナーコードになると、ドミナントモーションの音の移り変わりに、少しだけ変化が見られます。