ベーシストはコードネームからルートを判断し、そのルート音から、ベースラインを弾き始めることが多いです。しかし、コードネームにはルート音が別に指定されたオンコードというものがあり、ベーシストは特に注意が必要です。

オンコードとペダルポイント

C音がオンコードとして指定された2・3・4小節目

オンコードはルート音の指定

2小節目は「FM7 on C」、3小節目は「Dm7 on C」、4小節目は「Em on C」と記されています。TAB譜面を見ても分かるように、全て3弦3フレットを弾いており、3弦3フレットの音名はCです。これがルート音を指定する、オンコードというものです。ベーシストは「on」の左側にあるコードのルート音よりも、「on」の右側にあるルート音を、優先させて弾くことになります。

ペダルポイントのトニックペダル

同じベース音が一定小節続くことをペダルポイントと言います。上記4小節もオンコードが使用されたペダルポイントで、トニックコードのルート音である、C音が続いているので、トニックペダルと言います。トニックペダルは上記4小節のように、全て同じ音で統一しなければならない、ということもありません。オクターブ高い低い音を使っても構いませんし、その他の音が入っても問題ありません。

分数コードとドミナントペダル

オンコードと同じ意味の分数コード

分数コードもオンコードと同じ

2小節目は先ほども説明した、G音がルート音のオンコードですが、3小節目と4小節目もG音がルート音になる、ことを表しています。算数の分数の形に似ているので、分数コードとも言われます。オンコードと分数コードでは、見た目と呼び方が違いますが、意味は全く同じです。

ドミナントペダルもペダルポイント

ペダルポイントは、トニックペダルだけではありません。上記の4小節(Cメジャーキー)のように、ドミナントコードのルート音であるG音が続くことを、ドミナントペダルと言います。先ほど説明したトニックペダルのように、同じ音ばかりを使うのではなく、このように他の音を使ってやってもいいでしょう。

コードの構成音にあるオンコードとないオンコードの小節

オンコードに指定する音について

コード「F」の構成音はルートのF音、長3度のA音、完全5度のC音です。一方の小節「F on C」なら、コード「F」の完全5度が、ルート音に指定されていることになります。コード「Em」の構成音はルートのE音、短3度のG音、完全5度のB音です。もう一方の小節「Em on C」は、コード「Em」の構成音にない音が、ルート音に指定されていることになります。オンコードにはある程度のパターンはあるものの、どの音をルート音に指定するかは、作曲者次第ということになります。

パワーコードはルートと完全5度

主にギタリストが使うコードにパワーコードというものがあります。ギターと比べてしまうと、エレキベースでパワーコードを使う機会は少ないですが、使うベーシストも多くいます。パワーコードの表記方法や内容、その特徴について見ていきましょう。

シー・メジャーとシー・メジャー・オウミット・スリーのコード小節

パワーコードを表す「omit 3」

片方の小節はコード「C」で3弦3フレットがルート、2弦2フレットが長3度、2弦5フレットが完全5度です。もう一方の小節もコード「C」ですが、続けてomit 3(オウミット・スリー)とあります。「omit」は除外や削除という意味があり「C omit 3」は3度の音を除外することになります。コード「C」の3度である長3度を削除すると、残りは3弦3フレットのルートと、2弦5フレットの完全5度になり、この二音をパワーコードと言います。

シー・マイナーとシー・マイナー・ノーサードのコード小節

パワーコードを表す「No3rd」

一方の小節はコード「Cm」で3弦3フレットがルート、2弦1フレットが短3度、2弦5フレットが完全5度です。もう一方の小節はコード「Cm」に続きNo3rd(ノーサード)とあり、先ほどの「omit 3」と同じような意味で、3度の音は省くというのを表しています。コード「Cm」の3度である短3度を無くすと、残りはルートの3弦3フレットと、完全5度の2弦5フレットになり、やはりこれもパワーコードになります。

シー・メジャー・オウミット・スリーとシ・マイナー・ノーサードのコード小節

パワーコードの特徴

長3度を省く「C omit 3」は、ルートの3弦3フレットと、完全5度の2弦5フレットの二音です。短3度を省く「Cm No3rd」は、ルートの3弦3フレットと、完全5度の2弦5フレットの二音です。ルートが同じメジャーコードとマイナーコードの、3度を省いてしまえば、残りの二音は全く同じになります。このことからも、3度の音はコードの色が強く出る音、というのが分かると思います。そして、パワーコードは使い勝手の良いコードですが、色の出ないコードとも言えるでしょう。