コードは三和音と四和音が主流ですが、それでは物足りずに、単調さを感じることもあります。そこで緊張を意味をするテンションという、コードトーンの延長のような音を付け足してやると、洒落た感じのテンションコードが出来上がります。

テンションノートは高音域

C音を1度とした時のピアノ鍵盤図で見るテンションノート

テンションノートは「9th・11th・13th」

C音を一度とすると、8度が1オクターブ上のC音になり、その音程の間をコードトーンと言います。コードトーンにはRoot(根音)の記号のルート、長3度の記号の長3度、完全5度の記号の完全5度、長7度の記号の長7度などがあります。それよりも高い音をテンションノートと言いますが、全てがテンションノートなるという分けではなく「9度11度13度」が、テンションノートとして使われます。英語式の呼び方は、次の通りです。

  • 9th(ナインス)
  • 11th(イレブンス)
  • 13th(サーティーンス)

テンションノートとコードトーン

テンションノートは高音域なので、最初は位置が分かりづらいと思います。音を確認してみると、9度は2度、11度は4度、13度は6度と、それぞれ同じ音名で、1オクターブの差であることが分かります。後からも説明していますが、テンションノートを1オクターブ下げて考えてやると、コードトーンとの音程関係を把握しやすくなります。これを覚えておけばエレキベースの指板でも、テンションノートを探す時にも役立つはずです。

ナチュラルテンションの半音上下に位置するオルタードテンション

ナチュラルテンションとオルタードテンション

例えると「9th・11th・13th」はテンションノートの標準で、これらをナチュラルテンションと言います。ナチュラルテンションから、半音変化したものをオルタードテンションと言い「♭9th#9th#11th♭13th」がオルタードテンションに当たります。♭11thが無いのは長3度の記号の長3度と被り、#13thが無いのは短7度の記号と被るからです。しかし、#9th短3度の記号と被っていますが、よく見られるオルタードテンションの1つです。これはオルタードテンションを扱うコード次第、という説明で割愛させてください。

アヴェイラブルノートスケール(コードスケール)

テンションノートはコードの種類により、使える音や使えない音が、ある程度は決まっています。それを考える時に用いるのがアヴェイラブルノートスケール、またはコードスケールというものです。

Cメジャーキーのテンションノートとアボイドノート表

アボイドノートは回避音

使えない音と決め付けてしまうのは間違いでしょうが、避けるべき音という意味を持つのがアボイドノートです。日本語では回避音(かいひおん)とも言われ、コードの響きを邪魔してしまいます。Cメジャーキーのダイアトニックコードで、使用可能なテンションノートと、アボイドノートを表にしたものが上記です。しかし、これは絶対的ではなく、音楽の理論書によっても、少し違ってくることもあります。

アボイドノートは短9度音程

一般的な音楽理論では、コードトーンからの音程が短9度(♭9th)になるとアボイドノート、と説明していることが多いでしょうか。後からも説明していますが、短9度音程を半音にすると13個分で、コードトーンからの音程が、半音13個分になるとアボイドノートになる分けです。また、コードトーンから短9度音程になっていなくても、アボイドノートになるものもあります。そして、アボイドノートである短9度のテンションノートを、あえて使うコードもあります。Cメジャーキーのダイアトニックコードで考えていきましょう。

コードCM7のアヴェイラブルノートスケール(アボイドノートは11th)

アボイドノートは和音の時

このように「9th11th13th」を1オクターブ下げて見ていくと、長3度の長3度の記号が半音で隣り合っています。E音の長3度の記号から見たF音の、11thが短9度音程になり、11thのF音がアボイドノートになります。しかし、アボイドノートになってしまうのは、同時に鳴る和音の時で、ベースラインのような経過音の場合は、アボイドノートを意識する必要はありません。

コードDm7のアヴェイラブルノートスケール(アボイドノートの場合が多い13th)

短9度音程でなくてもアボイドノート

完全5度の完全5度の記号から13thまでは半音ではないので、短9度音程にはなりません。しかし、この13thはアボイドノート扱いになっていることが多いです。多いと言うのは、音楽理論の本により使用可能なテンションノート、として説明している場合もあります。僕が音楽学校で習った時にも、コードやメロディーの邪魔にならなければ使うこともある、と教えてもらいました。

コードEm7のアヴェイラブルノートスケール(アボイドノートは♭9th,♭13th)"

分かりやすいアボイドノート

F音の♭9thは、E音であるルートのRoot(根音)の記号から見て、短9度音程なのでアボイドノートです。C音の♭13thは、B音である完全5度の完全5度の記号から見て、これも半音で隣り合っているため、短9度音程になりアボイドノートです。これは標準的な、分かりやすいアボイドノートかと思います。

コードFM7のアヴェイラブルノートスケール(アボイドノートなし)

アボイドノートなしのコードもある

それぞれのコードトーンを確認すると、半音で隣り合っているテンションノートはないので、アボイドノートはありません。♭や#が付くテンションノートは、オルタードテンションと説明しました。ここでの#11thもオルタードテンションになりますが、B音は、Cメジャーダイアトニックスケール上に出来る音なので、ナチュラルテンションと考えても良いかと思います。

コードG7のアヴェイラブルノートスケール(アボイドノートは11th)

短9度音程を使う時もある

長3度である長3度の記号から11thは半音で隣り合い、短9度音程なのでアボイドノートです。このG7のような、ドミナントセブンスコードで使えるテンションノートですが、ここに記されている9th13thだけでなく、オルタードテンションである「♭9th#9th#11th♭13th」もよく用いられます。これらは短9度音程になりますが、ドミナントセブンスコードが持つ不安定な響きを、より増幅させる効果が狙いです。

コードAm7のアヴェイラブルノートスケール(アボイドノートは♭13th)

アボイドノートは「CM7」と同じ

完全5度の完全5度の記号から♭13thが半音で隣り合い、短9度音程のアボイドノートです。コード「CM7」のアヴェイラブルノートスケールと比べて見ると、平行短調になっているので、アボイドノートも同じF音です。

コードBm7(♭5)のアヴェイラブルノートスケール(アボイドノートは♭9th)

アボイドノートの時もあり

C音の♭9thは、B音のRoot(根音)の記号から短9度音程のアボイドノートです。G音の♭13thはオルタードテンションですが、「FM7」のアヴェイラブルノートスケールと同様に、Cメジャーダイアトニックスケールに含まれる音です。この♭13thですが、アボイドノートと説明される場合もあるようです。

テンションコードは変化する

ここまでサクサクっと、Cメジャーキーで説明してきましたが、同じコードでもキーが変わると、テンションノートやアボイドノートも変わってきます。また、マイナーキーにもアヴェイラブルノートスケールはありますが、とても長くなるので、ここでは割愛しておきます。興味のある人は、ウィキペディアのテンション(音楽)や、アヴェイラブルノートスケールも参照しておくといいでしょう。

テンションコードの書き方と内容

最後にテンションノートを含んだ、コードネームの書き方などについて見ておきましょう。コードネームを見たら大体の察しはつくと思いますが、少し特別なテンションコードもあるので、覚えておきましょう。また、テンションコードとベースラインについても考えてみます。

テンションコード「CM7(9)」と「FM7(9,#11)」を記した小節

テンションノートは2つ付加されることもある

CM7(9)」は「CM7」の四和音に「9th」が付加しており、よく見られるテンションコードの1つでしょう。「FM7(9,#11)」は「FM7」の四和音に「9th」と「#11th」の2つのテンションが付加しており、合わせて六和音になります。

テンションコード「Cadd9」と「FM13」を記した小節

付加するテンションノートに気をつける

Cadd9」は三和音の「C」に「9th」を付加したテンションコードなので、テンションノートを含めて四和音です。「add(アド)」には加えるや付け足すの意味があります。「FM13」というような書き方もされ、これは「13th」より下の「11th」と「9th」も含まれ、更に7度の音も加わるので、合わせて七和音になります。テンションコードの書き方によって、付加するテンションノートも大きく変わってきます。

テンションコードとベースライン

テンションコードはピアノやギターのような、和音を響かすことが出来る楽器だけでなく、ベースラインに取り入れてやってもいいでしょう。1・3小節目では「9th」の音で「9th」を使っており、テンションノートの特徴である高音域で使ってやると、雰囲気が出せると思います。しかし、必ず使う必要もないので、テンションノートに関しては、ピアニストやギタリストに、任せてしまっても良いとも思います。

テンションノートを勝手に付け足すこともある

2小節目の「FM7」と4小節目の「G7」には、テンションノートの指示はありませんが、ピアニストやギタリストは、自分で好きなテンションノートを加え、演奏することもあります。 テンションノートの使い方を覚えると、どのコードにも使ってしまいたくなるものですが、使いすぎにも注意が必要です。

テンションコードはジャズ

テンションコードについて説明してきましたが、これでもまだほんの一部です。テンションコードと言えばジャズと言われるくらい、ジャズではテンションコードが、頻繁に使われます。興味がある人はジャズの専門書を読めば、もっと分かり易く理解できるでしょう。また、エレキベースだけで、テンションコードを知るには無理があるので、ギターやキーボードが手元にあると、テンションコードを耳でも確認でき、心強い味方になってくれるでしょう。