主要三和音の代わりになるコードは、同じダイアトニックコード内にある副三和音の、代理和音だと説明しました。それと同じように、主要三和音の代わりになる、借用和音(しゃくようわおん)というものがあります。

借用和音と代理和音

Cメジャーキーのダイアトニックコードと機能表

主要三和音と副三和音

上記の表は、Cメジャーキーの三和音と四和音のダイアトニックコードと、それの機能を表したものです。1・4・5番目が主要三和音で、2・3・6・7番目が代理和音になる副三和音です。このCメジャーキーのダイアトニックコードを中心とした、簡単なコード進行を見ていきましょう。

主要三和音だけのコード進行

主要三和音だけでは面白くない

先ずは主要三和音だけを使った、主要三和音(スリーコード)とカデンツ・ケーデンス・終止形のページでも説明したような、基本的なコード進行です。これら主要三和音だけでも、曲の雰囲気は十分に出ますが、悪いように考えると、面白くないコード進行かもしれません。そこで代理和音を使い、次のようにコード進行をアレンジしてみましょう。

代理和音と借用和音でアレンジしたコード進行

トニックとサブドミナントの代理和音

3・5小節目には、トニックコードの代理和音「Am7」と「Em7」を、6小節目には、サブドミナントコードの代理和音「Dm7」を置いてみました。これら代理和音を、三和音にしても問題ありません。ここでは、メロディーを無視して考えていますが、コード進行だけを聴いたとしても、違和感はないでしょう。

借用和音はノンダイアトニックコード

4小節目のドミナントコード(D)の代理和音なら、最初に見たCメジャーキーのダイアトニックコード表から「Bm7(♭5)」だと分かります。しかし、7小節目は「D7」が使われており、このコードは、Cメジャーキーのダイアトニックコードには無く、他のキーのダイアトニックコードで作られます。他のキーのコードを借りるということで、これを借用和音と言います。同じダイアトニックコードではないという意味で、ノンダイアトニックコードという言い方もされます。

借用和音の一つ「裏コード」

見てきたように、Cメジャーキーのドミナントコード「G7」なら、同じダイアトニックコードの代理和音「Bm7(♭5)」ではなく、ノンダイアトニックコードの借用和音「D7」が使用される場合が多いです。この「G7」と「D7」を具体的に見ていきましょう。

ドミナントセブンスと裏コードの比較

増4度音程もドミナントモーションを作る

トニックコード「C」におけるドミナントコード「G7」は、ドミナントモーションを起こすのが特徴だと、ドミナントモーションで解決するで詳しく説明しました。「G7」の3弦2フレットの「B」音と、2弦3フレットの「F」音の減5度音程が、ドミナントモーションの原因です。「D7」にも、2弦3フレットの「F」音と、1弦4フレットの「B」音が作る、増4度音程というものがあります。「B」音が1オクターブ違うものの、これがドミナントモーションの原因を作ります。呼び方は違いますが、減5度音程と増4度音程は同じ音程です。次に「D7」から起こる、ドミナントモーションの流れを見ていきましょう。

裏コードからのドミナントモーション

裏コードでもドミナントモーションを起こす

2弦3フレットの「F」音は半音下がり、2弦2フレットの「E」音へ、1弦4フレットの「B」音は半音上がり、1弦5フレットの「C」音へ流れ、トライトーンの反進行が起こっているのも分かります。借用和音である「D7」ですが、「G7」の裏コードという言い方もされ、裏コードはCメジャーキーに限らず必ず一つは存在し、ディグリーネームに表すと「Ⅱ7(2度フラットセブンス)」と言います。裏コードの探し方などは、ジャズ入門でも説明しているので、参考にしてください。

代理和音(代理コード)と借用和音について

代理和音は同じダイアトニックコード内にあるもので、借用和音は他のキーから借りてくるノンダイアトニックコードで、代理和音と借用和音の違いはそこにあります。代理和音のことを代理コードとも言うので、借用和音のことを借用コード、と言ってもいいと思いますが、僕は見聞きしたことはありません。借用和音は裏コードの他にも多々ありますが、これらを代理コードと説明している場合もあるので、呼び方に少し複雑を感じるかと思います。僕もよく分かっていないので、代理コードの裏コードなどと、説明している場合があります。

借用和音の一つ「サブドミナントマイナー」

借用和音は裏コードだけではなく、他にもよく使われるものがあります。その一つがサブドミナントマイナーというコードで、それは同主短調から借用する和音です。先ほどと同じく、Cメジャーキーで見ていきましょう。

同主調のCメジャーキーとCマイナーキー

準固有和音

CメジャーキーとCマイナーキーの関係を、同主調(どうしゅちょう)と言います。Cメジャーキーから見て、Cマイナーキーを同主短調(どうしゅたんちょう)と言います。要はCメジャースケールとCマイナースケールから作られる、ダイアトニックコードということです。ここでの同主短調のCマイナーキーは準固有和音(じゅんこゆうわおん)という言い方もされ、Cメジャーキーのコード進行に、組み込まれることもあります。中でも4番目のサブドミナントをマイナー系にした、サブドミナントマイナーが最もよく使われます。

サブドミマイナーを利用したコード進行

略してサブドミマイナー

サブドミナントマイナーは略してサブドミマイナーともよく言われます。7小節目の「Fm」がサブドミマイナーに当たり、ここでは(Sm)と表しています。6・7小節目のように、サブドミナントからサブドミマイナーのコード進行はよく見られ、メジャーコードからマイナーコードへ流れるので、悲しげな雰囲気が出ると思います。7・8小節目のサブドミマイナーから、トニックへ移るコード進行も特徴的で、透明感のあるエンディングが期待できるでしょう。

トニックマイナーとドミナントマイナー

準固有和音で最も使い易いのは、サブドミナントマイナーなのは確かだと思います。その他の6つのコードも借用和音として使え、トニックコードやドミナントコードを、同じくマイナー系にした、トニックマイナーやドミナントマイナーもあります。しかし、使用する機会は少ないと思います。これらもやはり、実際に曲を作っていく上で、耳で確かめてみないことには、何とも言えないでしょう。