ドミナントモーションは5番目のドミナントコードから、1番目のトニックコードへのみに起こるコードワークでした。しかし、借用和音の一つであるセカンダリードミナントを利用すると、1番目のトニックコード以外にも、ドミナントモーションをかけることが可能です。セカンダリードミナント自体のコードと、セカンダリードミナントを使われるコードの、両者の違いに気をつけながら考えてください。

強進行

完全4度上と完全5度下の強進行を説明する指板図

強進行という音の流れ

セカンダリードミナントを考える前に、音の流れについて見ておきましょう。例えば片方の指板図のように、4弦3フレットの「G」音を鳴らした時に、その音は完全4度上(半音5つ上)である、3弦3フレットの「C」音へ進行しようとしたがります。今度はもう片方の指板図のように、2弦5フレットの「G」音を鳴らしたとすると、先ほど同じく、完全4度上の1弦5フレットへ進行しようとしますが、同時に完全5度下(半音7つ下)である、3弦3フレットの「C」音へ進行しようともしたがります。こういった音の流れを強進行(きょうしんこう)と言います。

強進行はコード進行にも影響する

これをコード進行に置き換えてみても、ドミナントコードがトニックコードへ進行したがるのと同じです。更にドミナントセブンスコードにしてやると、減5度音程から成るドミナントモーションも作れ、強進行と良い具合に効果が重なります。他にも強進行と言われる音の流れはありますが、最も強いのは、完全4度上か完全5度下だと覚えておきましょう。因みに、強進行に対する弱進行もあります。

セカンダリードミナント(マイナーキー編)

Cメジャーキーのドミナントモーションとダイアトニックコード表

仮のトニックコードとして考える

Cメジャーキーを例に挙げると、ドミナントモーションを起こせるのは、矢印の通り5番目のドミナントコードである「G7」から、1番目のトニックコードである「CM7」です。しかし、ドミナントコードを含む「Dm7」「Em7」「FM7」「G7」「Am7」に対しても、ドミナントモーションを起こせます。考え方としては、これらのコードを仮のトニックコードとします。先ずはマイナー系コードの「Dm7」「Em7」「Am7」に対する、セカンダリードミナントの作り方を考えてみましょう。

ナチュラルマイナーキーのダイアトニックコード表

ドミナントコードがマイナーセブンス

Dm7」「Em7」「Am7」をトニックコードと考えると、上記のダイアトニックコードが作れます。それらをナチュラルマイナーキーで考えると、それぞれのドミナントコードは「Am7」「Bm7」「Em7」のマイナーセブンスで、これでも矢印が示す通り、トニックコードへ進行しようとします。しかし、これではドミナントモーションが起こせないので、セカンダリードミナントとしても成立しません。ドミナントモーションを起こすには、これらのコードを「A7」「B7」「E7」にしてやる必要があります。

ナチュラルマイナーキー5度アレンジのダイアトニックコード表

ドミナントセブンスコードにする

上記の表がナチュラルマイナーキーの5度だけを、ドミナントセブンスコードにしたものです。何も考えずにドミナントセブンスコードにしてもいいですし、マイナーキーのディグリーネームでも説明したように、ハーモニックマイナーキーかメロディックマイナーキーから借りてくる、と思ってもいいでしょう。次のコード進行で、セカンダリードミナントを考えてみましょう。

コード「A7」「B7」「E7」がセカンダリードミナントのコード進行

セカンダリードミナントも借用和音

3小節目の「Dm7」に対しては2小節目の「A7」が、5小節目の「Em7」に対しては4小節目の「B7」が、7小節目の「Am7」に対しては6小節目の「E7」が、それぞれセカンダリードミナントです。本来のドミナントコードである「G7」に対して、セカンダリードミナントは二次的ドミナント、などとも呼ばれます。借用和音の裏コードとサブドミナントマイナーでも説明していますが、セカンダリードミナントも借用和音(ノンダイアトニックコード)の類に当てはまるでしょう。

副七の和音は転調を起こす

セカンダリードミナントの和名は副七の和音(ふくしちのわおん)と言います。ドミナントモーションと同じように、副七の和音もコードの連結力は高まりますが、使い過ぎにも注意が必要です。転調(てんちょう)というのは曲のキーが変わることですが、副七の和音は瞬間的に転調を起こします。「A7」はDマイナーキーの、「B7」はEマイナーキーの、「E7」はAマイナーキーの、それぞれトニックコードへ進行しようとします。基はCメジャーキーの曲なので、副七の和音を使いすぎると、どのキーなのか落ち着かなく、不安定になる恐れも出てくる分けです。

セカンダリードミナント(メジャーキー編)

Cメジャーキーのドミナントモーションとダイアトニックコード表

「FM7」と「G7」に対するセカンダリードミナント

先ほどはマイナー系コードの「Dm7」「Em7」「Am7」の、セカンダリードミナントを作りました。今度はメジャー系コードの「FM7」「G7」に対する、セカンダリードミナントを考えてみましょう。コード「G7」はドミナントコードなので、これに対するセカンダリードミナントというと、ややこしく思えてしまいますが、考え方は同じです。

メジャーキーのダイアトニックコード表

最初からドミナントセブンスコード

上記のダイアトニックコード表から「FM7」をトニックコードとすると、ドミナントコードは「C7」でだと分かります。「G7」をトニックコードとする場合は、Gメジャーキーの「GM7」と考えるので、ドミナントコードは「D7」です。ナチュラルマイナーキーとは違い、メジャーキーの場合、ダイアトニックコードにはドミナントセブンスコードが、最初から作られます。セカンダリードミナントを使った、簡単なコード進行を見ていきましょう。

セカンダリードミナントの「D7」から、ドミナントコードの「G7」がドッペルドミナント(ダブルドミナント)のコード進行

ドッペルドミナントはダブルドミナント

4小節目の「F」を仮のトニックコードとすると、3小節目の「C7」がセカンダリードミナントです。7小節目の「G7」を仮のトニックコードにすると、同じ小節の「D7」がセカンダリードミナントです。7・8小節目の「D7」「G7」「C」の流れを見ると、セカンダリードミナント(D7)から、本来のドミナントコード(G7)、最後にトニックコード(C)へ解決しています。ドミナントモーションが2回続くので、これをドッペルドミナントと言います。ドッペルとはドイツ語で、これを英語にすると「ダブル」となるのでダブルドミナントとも言われます。このドッペルドミナント(ダブルドミナント)も、非常に強いコードワークを作ります。

セカンダリードミナントを使いづらいコード

Cメジャーキー7番目のダイアトニックコードはBm7(♭5)の表

7番目の「Bm7(♭5)」に対するセカンダリードミナント

Cメジャーキーなら青色で示しているコードを、仮のトニックコードと考え、それらに対するセカンダリードミナントがある、というのを説明してきました。1番目の「CM7」は本来のトニックコードなので、これに対するセカンダリードミナントが存在しないのは当然として、7番目の「Bm7(♭5)」に対するセカンダリードミナントは、音楽理論的にはあまり使われません。

Bナチュラルマイナーキー5度アレンジのダイアトニックコード表

セカンダリードミナントの特徴

この「Bm7(♭5)」はマイナーコードなのですが(♭5)が入っているためか、完全なマイナーコードではない、色がはっきりと出ない少し特殊なコードの為に、セカンダリードミナントでドミナントモーションを起こしても、効果が薄いというような説明が多いでしょうか。セカンダリードミナントはメジャーコードかマイナーコードの、色がはっきりとしたコードに、使うのが効果的なのかもしれません。もちろん「Bm7(♭5)」にセカンダリードミナントを使っても間違いではなく、作るなら上記の表にもある通り「F#7」が、セカンダリードミナントになります。

マイナーキーのセカンダリードミナントを考える3種類のディグリーネーム表

マイナーキーでのセカンダリードミナント

最後にマイナーキーで使われるセカンダリードミナントを、ディグリーネームで見ていきましょう。マイナーキーにはナチュラルマイナー、ハーモニックマイナー、メロディックマイナーの3種類があります。上記のコード表は、僕が通っていた音楽学校の教科書を丸写ししたもので、青色で示したコードを仮のトニックコードとして、セカンダリードミナントを作るというものです。このコード表からだと、5度の音程が完全5度でないと、セカンダリードミナントを持たないことが共通しています。これは先ほどの「Bm7(♭5)」に対するセカンダリードミナントを使いづらい、ということにも共通しています。