楽器を弾く指使いを運指(うんし)やフィンガリング、弦を押さえることを押弦(おうげん)と言います。押弦は基本的に指先ですが、難しいフレーズが出てきた時などに、指先より下でも押弦することがあり、それをセーハバレーコードと言います。セーハ・バレーコードを使えるようになれば、効率的な運指押弦が可能になるでしょう。

エレキベースでのセーハ・バレーコード


セーハ・バレーコードのポイントの場所を示した写真

セーハ・バレーコードは人差し指が多い

セーハ・バレーコードでの押弦は、人差し指・中指・薬指・小指のどれでも可能ですが、圧倒的に使う機会が多いのは人差し指です。上の写真が、セーハ・バレーコードで押弦する場所を示しています。


セーハ・バレーコードのフォームの写真

セーハ・バレーコードは異弦の同じフレット

4弦3フレットを人差し指の指先で、押弦するとしましょう。極端なフレーズですが、4弦3フレットに続いて、3弦3フレット、2弦3フレット、1弦3フレットを押弦する時に、写真のようなフォームのままで押弦するのが、セーハ・バレーコードだと思ってください。このようにセーハ・バレーコードは弦が異なる、同じフレットに対して使う運指・フィンガリングです。

ギターのセーハ・バレーコードとは少し違う

ギターでは複数の弦を同時に鳴らすた為に、セーハ・バレーコードで押弦します。ギター経験のある人になら分かると思いますが、コード「F」を鳴らす時には、6弦から1弦の1フレットを人差し指でセーハし、それにより複数の音を鳴らします。エレキベースの場合も、セーハ・バレーコードで複数の弦を同時に鳴らすこともありますが、一音ずつの音を鳴らすセーハ・バレーコード、になることが多いと思います。ギターとベースのセーハ・バレーコードでは、少し使い勝手が違うフィンガリングになる、ということを説明しておきます。

セーハ・バレーコードを利用しない小節と利用した小節

セーハ・バレーコードは将来的に楽な運指押弦

片方の小節は3弦3フレットを人差し指、1弦3フレットを中指、1弦5フレットを小指という運指です。これでも弾けると思いますが、1弦5フレットを小指で押弦するのに、少しきついでしょうか。もう片方の小節は、1弦3フレット人差し指のセーハで押弦しています。そうすると、1弦5フレットの小指も楽に届くかと思います。セーハ・バレーコードに慣れないうちは、決して楽な運指押弦だとは感じないでしょうが、練習を重ねるうちに、セーハ・バレーコードを使った運指押弦の方を、楽で自然に感じられるようになるでしょう。

セーハ・バレーコードはミュートにもなる

1弦3フレットを人差し指のセーハで押弦する瞬間に、人差し指の指先で押さえていた3弦は、フレットから浮かし音を止め、これから後も、指先は3弦から離さずにミュートします。また関係のない2弦にも、人差し指を触れさせ、ミュートの状態を作ってやります。このように、セーハ・バレーコードのフォームはミュートの効果もあり、指弾きは親指ミュートで、ピック弾きはチョップミュートで弦の共鳴を防ぐで説明した、親指の移動やピック奏法のミュートと合わせると、より綺麗なミュートが作れるでしょう。

セーハ・バレーコードの練習

セーハ・バレーコードを利用したベースライン

1小節目を例に挙げると、3弦2フレットに人差し指の指先が来るようにして、2弦2フレットを人差し指のセーハから入ります。2弦をセーハで押弦している時は、3弦をフレットまで押さえ込まず、指を触れさせるだけのミュートの状態です。逆に3弦を指先で押弦する時は、セーハで押弦していた2弦を浮かして音を切り、やはりミュートの状態を作ります。人差し指の腹部分(セーハ)と指先だけで、2弦と3弦をコントロールするので、繊細なフィンガリングが必要です。暫くは1小節目だけを繰り返し、セーハのポイントを見つけるのも良いでしょう。

セーハ・バレーコードでの押弦のコツをつかむ

この譜面ならバレーコードを使う必要はありませんが、3・2・1弦の7フレットを、練習の為に人差し指のバレーコードで押弦します。人差し指の指先は、最初から最後まで4弦7フレット上にあり、1弦7フレットは人差し指の根元あたりでの、押弦になります。基本的に人差し指は真っ直ぐで、固定する感じではありますが、ガチガチにする必要もありません。弾いている最中もバレーコードの押弦ポイントを微妙に修正する必要も出てくるでしょう。その他のフィンガリングと同じように、バレーコードも個人差が生じてくるので、自分なりのコツをつかむことが大事です。