音符には強く感じる拍の強拍(きょうはく)と、弱く感じる弱拍(じゃくはく)があります。それら強拍と弱拍が、タイ記号によって入れ替わることがあり、それをシンコペーションと言います。言葉だけで聞くと難しいですが、簡単に考えればタイ記号を読んで弾く練習だと思ってください。

強拍と中強拍と弱拍の順番

音楽記号の「アクセント」というのは、その音を強く弾くという意味で、小節の中ではアクセントをつける位置に、ある程度の決まりがあります。4分の4拍子を基本とした、4分音符と8分音符で、アクセントの位置を見ていきましょう。

強拍・中強拍・弱拍・アクセントを説明する2小節

強拍・中強拍・弱拍

小節内に4分音符が4拍並んだ時に、1拍目を強拍と言い、最も強いアクセントを持ちます。3拍目もアクセントを意味する「>」という記号がありますが、1拍目よりは少し弱い中強拍になります。しかし、中強拍強拍として説明していることもあるので、ややこしく感じたら、3拍目も強拍で考えてもいいでしょう。2・4拍目を弱拍と言い、最も弱くなる拍です。

ポピュラー音楽の強拍と弱拍

この強拍弱拍の位置ですが、これはクラシック音楽で基本になっていることです。ポピュラー音楽の場合だと、ドラムを例に挙げれば、バックビートと言われる2・4拍目にスネアを叩き、アクセントをつけるのが定番です。ベースやギターはどうかというと、1拍目にアクセントをつけることが多いと思いますが、クラシック音楽のような強拍弱拍の順に、明確な決まりはないと思います。

シンコペーション(タイ記号)と表拍・裏拍

タイ記号によって強拍の位置が入れ替わったシンコペーションの小節

シンコペーションはタイ記号で強拍の位置が入れ替わる

先ほどの4分音符だけの2小節に、小節をまたぐようにして、タイ記号を加えてみます。1小節目の4拍目は弱拍でしたが、タイ記号により2小節目の1拍目の強拍が、1小節目の4拍目に入れ替わるという現象が起こり、これをシンコペーションと言います。シンコペーションを起こすのは、見た目がタイ記号によるものに限りませんが、先ずはこれがシンコペーションだと覚えておきましょう。

8分音符の表拍と裏拍のシンコペーションの小節

表拍と裏拍

上記のように8分音符が並ぶと、小節の頭から順に表拍(オモテはく)裏拍(ウラはく)と表現されることがあり、表拍が強拍でアクセントを持ち、裏拍が弱拍となります。これも細かく分けると中強拍が入ってきますが、分かり易くする為に強拍弱拍で考えていきましょう。右の小節を見るとタイ記号があり、これにより弱拍の位置に強拍がずれて、シンコペーションが起こっているのが分かります。

ポピュラー音楽では裏拍にもアクセント

表拍が強拍になりアクセントをつける、というのも、クラシック音楽で基本にしていることです。ディスコやダンスというジャンルでは、ドラマーがハイハットで裏拍にアクセントをつけるのが基本ですし、スカでは主にギタリストがウラでリズムを刻みますし、ジャズなら全体的に裏拍がアクセントになります。ポピュラー音楽の場合、強拍弱拍の位置が、楽器やジャンルによって様々だと思われます。

強拍と弱拍の音量について

アクセントは強く弾くという意味なので、強拍を強く弾くというのは間違ったことではありません。しかし、弱拍との違いを極端に音量で表さなくてもいいでしょう。むしろ初心者のうちは、8分音符だけが暫く続くとする場合などは音量を全て均等に揃えて弾けることが重要だと思います。それが出来ないと、意図とする音にアクセントをつける、ということも出来ないはずです。

シンコペーション(タイ記号)の練習

タイ記号のある小節は、タイ記号のない小節で

強拍弱拍の説明がややこしかったですが、簡単に考えると、シンコペーションはタイ記号によって起こるので、先ずはタイのリズムさえ把握していれば十分です。しかし、そのタイ記号が複雑なリズムを作り出すので、慣れないうちがまた大変です。タイのリズムを読みやすくするには、一度タイ記号を外して考えてみるのも良く、ここでも1・2小節目、3・4小節目、5・6小節目、7・8小節目が、タイ記号の有無で構成されているので、比較しながら練習してみましょう。

小節をまたぐシンコペーション(タイ記号)

今度はシンコペーションを多様した、複雑なベースラインです。小節内にあるタイ記号もそうですが、特に小節をまたぐシンコペーション(タイ記号)では、よりリズムを見失いやすいので、苦労する箇所です。音符を見ただけでリズムを完全に把握できなくても、音源を聴いて弾くことが出来れば、それで十分です。音源のベースラインを、実際に声に出して歌いながら弾くことも、良い練習になるので試してみてください。