弦を押さえピッキングすれば音を出せますが、あえて弦を押さえないでピッキングするのがゴーストノートです。ゴーストノート自体は目立つ音ではないので、それだけだとあまり意味はありません。しかし、ベースラインに上手く取りれてやると、次に弾く音までのタイミングを取れたり、リズムに躍動を与えられたり出来ます。

ゴーストノートは「×」印

2拍目と4拍目がゴーストノートを表す小節

ゴーストノートの説明

片方の小節は4分音符が4つ並んでおり、一つ目から順に「1拍目・2拍目・3拍目・4拍目」と言ったりします。もう片方の小節もリズム的には4分音符ですが、2拍目と4拍目が「×」印になっており、これがゴーストノートを表す記号です。ゴーストノートも一応は弾くという行為をしますが、弦に指を軽く触れさせた状態でピッキングします。弦をフレットに押さえ込まないで弾くので「プップッ」と、音が鳴っているとは言えないような、小さく短い曇った音がするだけです。

ゴーストノートでグルーヴやノリを作る

3・4小節目に「×」のゴーストノートがあり、僅かに曇った音がするのを確認できると思います。元々この譜面は1・2小節目を何度か繰り返すだけのものでしたが、1・2小節目の休符の部分に、ゴーストノートを加えてみました。そうすると、ただ1・2小節目を弾くより、ゴーストノートを加えた3・4小節目の方が、リズム良く弾ける感じはしないでしょうか?気持ち良いリズムのことを、グルーヴノリなどと表現され、ゴーストノートはグルーヴやノリ作る、一つの要因だと思います。このように譜面に「×」が無くても、休符などの合間を利用して、譜面には無いゴーストノートを、自由に作ったりしてみるのも良いでしょう。

ゴーストノートの練習

ゴーストノートの音量について

前述したように、ゴーストノートは短く小さな音がするだけで、この音源でも僅かに音を確認できるくらいでしょう。ゴーストノートの音も大きく出したいと思うなら、力強くピッキングするのもいいですし、弦を撫でるくらいで軽くピッキングするのもいいでしょう。また、ゴーストノートの指示があっても、それが演奏に大きく関わらないなら、休符扱いにしてしまってもいいと思います。

ゴーストノートを弾く弦

1小節目にあるゴーストノートは、TAB譜面からも1弦と2弦を弾いているのが分かります。実際に僕もそう弾いていますが、どの弦をゴーストノートとして使っても、大きな影響はないので問題ないと思います。次の音が弾き易いように、自分の都合が良いような、ゴーストノートの弦を選べば良いでしょう。この譜面はゴーストノートも合間見合って、リズムも複雑で非常に難しいですが、譜面と音源を併用しながら、根気よく練習してください。ゴーストノートの音の長さをつかみ辛かったら、ゴーストノートを適当な音符に変え、普通に弾いてたりしても、音符の長さを把握し易くなるかもしれません。