ギター系統の弦楽器にハンマリング・オンというテクニックがあります。直接的には指やピックで音を出すのではなく、弦を押さえている指の方で、叩くようにして音を出します。スライド奏法とはまた違った、輪郭のあるハッキリとしたサウンドが、特徴的かと思います。

ハンマリング・オンは指をハンマーに見立てる


4弦2フレットを人差し指で押弦している写真


3フレットを中指でハンマリングしている写真

ハンマリング・オンのやり方

上の写真は4弦2フレットを、人差し指で押弦している状態で、先ずはここから指やピックを使い音を出します。音が鳴っている間に、今度は3フレットを中指で押弦しますが、中指をハンマーのように見立て、勢い良く弦を叩いてやります。そうしてやったのが、下の写真の状態です。音が4弦の2フレットから3フレットへ、一気に飛んだようになります。これがハンマリング・オンという演奏スキルで、ここでは中指でのハンマリング・オンでしたが、他の指でハンマリング・オンする機会も多くあるでしょう。ハンマリング・オンが正式名称ですが、そう呼ばれることは少なく、略してハンマリングハンマと言われることが多いです。

ハンマリング・オンの練習

ハンマリングの演奏記号は「h」

上記の譜面にもあるように、ハンマリングは「h」の記号で表すことが多いでしょう。1小節目なら、3弦3フレットを中指でハンマリングしていますが、手の大きさによっては薬指を使ったり、中指と薬指の両方でハンマリングしてもいいでしょう。7小節目のように、開放弦からのハンマリングもあり、弦高の高さによっては、音が出しづらい場合もあるでしょう。8小節目はポジション移動をして、4弦2フレットを人差し指、3フレットを中指のハンマリングという運指でもいいですが、譜面のように中指から小指のハンマリング、というのも練習になります。

ハンマリングする指も自由

2・6・8小節目で見られるハンマリングですが、2弦の2フレットを人差し指、4フレットを小指でハンマリングしています。先ほども説明しましたが、手の大きい人なら小指よりも薬指を使った方が、ハンマリングしやすいこともあります。なので、必ず譜面に記される運指の通りに弾く必要もありません。

ソフトタッチなハンマリング

2小節目は16分音符同士のハンマリング、4小節目は8分音符同士のハンマリングなので、当然ハンマリングするリズムも変わってきます。8小節目も同様に、どういったリズムになっているのか、先ずは音源をよく聴いておきましょう。冒頭にも「ハンマリングは弦を指で叩くように」と説明しましたが、慣れてくれば弦を叩くというより、ソフトタッチなハンマリングに近づくかと思います。