音程(おんてい)とは音と音の距離を示す言葉で、オクターブもある一定の音程を示す言葉です。1オクターブを半音で数えると12個分になり、音が丁度一回りすることになります。ピアノの鍵盤図とエレキベースの指板図の両方で、オクターブについて考えいきましょう。

鍵盤図で考えるオクターブ

C音から次のC音までの、1オクターブ表した鍵盤図

C音から次のC音までのオクターブ

「ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド」を英語音名にすると「C・D・E・F・G・A・B・C」で表せます。最初のC音から次のC音までで、音が一周していることになり、この距離間を1オクターブや、1を省いたオクターブと言います。鍵盤図に記された半音の記号は半音(フレット1つ分)を表しており、1オクターブは半音12個先にある、同じ音名になります。

A音から次のA音までの、1オクターブ表した鍵盤図

A音からA音までのオクターブ

オクターブの関係性は、どの音から始まっても同じです。今度はA音から次のA音までの半音の記号を数えてみても、12個あるのが分かり、やはりこれもオクターブの音程になります。

指板図で考えるオクターブポジション

オクターブポジションを表す指板図

オクターブポジションを指板図で確認

今度はエレキベースの指板図で、オクターブを考えていきましょう。色でも示している通り、3弦3フレットのオクターブ上は1弦5フレット、4弦5フレットのオクターブ上は2弦7フレット、3弦9フレットのオクターブ上は1弦11フレットが、それぞれのオクターブで、同じようなポジションを作ることが出来ます。

同じ弦でのオクターブを説明する指板図

同じ弦でも出せるオクターブの音

3弦3フレットのオクターブポジションは、1弦5フレットだと説明しましたが、同じ音を同じ弦の、3弦でも出すことができ、それが3弦15フレットのC音です。3フレットから12フレットまでの、半音の数を数えてみても、12個あるのが分かります。3弦3フレットのオクターブ上を、単純に弾くなら1弦5フレットを使いますが、グリッサンドなどの「ブ~ン!」という音が欲しいなら、3弦15フレットを使うのも良いでしょう。

オクターブ奏法の練習

オクターブ奏法を利用したベースライン

正しくはオクターブ奏法という言い方をするのかは分かりませんが、これまでにも説明してきたように、3弦3フレットから1弦5フレットのようなフレーズを、このサイトでのオクターブ奏法ということにしておきます。オクターブ奏法の場合、譜面にも記してあるように、人差し指と小指で押弦することが多いでしょうが、手の大きさに応じては、小指の代わりに薬指を使う人もいます。ピッキングをする手の方ですが、ツーフィンガーにせよピックせよ、オクターブ奏法に必要な手の感覚を、目で見なくても押弦できるようにしましょう。

ツーフィンガー奏法(指弾き)で使う指

ここからは弦を押さえる指の方ではなく、弦をピッキングする方の指の話です。ツーフィンガー奏法(指弾き)で使う指は、人差し指と中指が基本です。英語で人差し指を「IndexFinger(インデックスフィンガー)」と言い、中指を「MiddleFinger(ミドルフィンガー)」と言います。それぞれの頭文字を取って、人差し指を人差し指を表す記号で、中指を中指を表す記号で表すことがあり、譜面に指示のある場合もあります

ツーフィンガー奏法(指弾き)のための練習フレーズ

人差し指と中指で交互に弾く練習

オクターブのフレーズがあれば、指の長さからして、音の低い弦を人差し指の人差し指を表す記号で、音の高い弦を中指の中指を表す記号で対応するのが、自然で楽なフィンガリングかと思います。しかし、いつも都合が良い指を使えるとは限らず、ツーフィンガーの指がこんがらがることもあります。そういう時の為に、上記のようなオクターブのフレーズを、どちらかを連続させるのではなく、人差し指を表す記号中指を表す記号で交互に弾くような練習があります。人差し指を表す記号からでも中指を表す記号からでも、弾けるようにしておきましょう。