「ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド」は、あらゆる楽器の基本練習として用いられ、エレキベースでも弦の押さえ方である、運指(うんし)押弦(おうげん)の基本練習になります。これを英語音名にすると「C・D・E・F・G・A・B・C」となり、英語圏ではCメジャースケールと言われます。Cメジャースケールで、運指押弦の基本を見ていきましょう。

Cメジャースケールの運指押弦

ポジション移動なしのCメジャースケール

ポジション移動なしのド・レ・ミ

2フレット目を人差し指、3フレット目を中指、4フレット目を薬指、5フレット目を小指で押弦というように、フレット毎に押弦する指を、役割分担させています。そうすることによって、手を動かすことのない、ポジション移動なしの運指をとることが出来ます。ベース初心者なら指は開かずに、思うようにも動かないと思いますが、それで当たり前です。親指はクラシックスタイルをとり、残り4本の指をいっぱいに広げ、ゆっくりと押弦していきましょう。

ポジション移動ありのCメジャースケール

ポジション移動で指の開きを軽減

今度も押さえるフレットは同じなのですが、押弦する指が違います。3弦3フレットは人差し指から入っており、次の3弦5フレットは小指で押弦しており、これなら指の開きに余裕が生まれるはずです。2弦2フレットは人差し指の指示がありますが、その前に矢印があり、これはポジション移動を意味し、手を動かして押弦しにいきます。矢印のポイントでポジション移動すると、指を大きく広げる必要はないでしょう。

開放弦を利用したCメジャースケール

開放弦で運指押弦も変わる

同じくCメジャースケールですが、5フレット目を開放弦に直してあります。開放弦を使うと運指押弦にも変化があり、1小節目なら小指を使わなくて良い分だけ、楽な運指になります。また、開放弦を弾いている間に、次に押さえるフレットの準備も出来るので、余裕も生まれてくるはずです。2小節目の1弦4フレットは使う指によって、指を広げての押弦か、ポジション移動の押弦になるでしょう。開放弦を上手く使えば楽な運指になりますが、人によって難しくなってしまう場合もあるので、弾き比べてみましょう。

4弦8フレットから弾くCメジャースケール

フレット幅の違いを感じる運指押弦

やはりCメジャースケールですが、TAB譜面を見ても分かる通り、異弦同音(いげんどうおん)を利用して、4弦8フレットから弾き始めています。譜面にはポジション移動なしと、ポジション移動ありの、2種類の運指を表記していますが、フレット幅が狭い分だけ手の小さな人でも、ポジション移動なしの運指で、押弦できるかと思います。

3弦15フレットから弾く1オクターブ高いCメジャースケール

1オクターブ高いド・レ・ミ

最後もド・レ・ミなのですが、3弦15フレットから弾き始める、1オクターブ高いド・レ・ミです。指の開きで困ることはないですが、更にフレット幅が狭くなっているので、そのことが逆に、運指押弦を難しくしています。ベースというパートは、低い音でバンドを支える、というのが主な仕事なので、高音域で演奏する機会は多くないと思います。しかし、ソロを弾く時などには、高音域のフレットを使うことも多いので、ハイポジションのフレットを運指押弦する、ということにも慣れていきましょう。

Aマイナースケールの運指押弦

今度もド・レ・ミで、弦の押さえ方を見ていきますが、最初の音をラの音にします。そうすると「ラ・シ・ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ」となり、英語音名にすると「A・B・C・D・E・F・G・A」で、これをAマイナースケールと言います。ラ・シ・ドのAマイナースケールの運指押弦も、基本はド・レ・ミのCメジャースケールと同じです。

ポジション移動なしのAマイナースケール

中指で薬指の押弦を補助する

先ずはフレット毎に押弦する指を決める、ポジション移動なしの運指押弦を見ていきましょう。5フレット目が人差し指、7フレット目が薬指、8フレット目が小指で、ここでは中指が出て来ません。しかし薬指のアイコンの薬指で、7フレット目を押さえる時に、6フレット目あたりを中指で押さえてやると、薬指だけで押さえるよりも、少ない力で押さえられるでしょう。このように余った指を押弦の補助にするという運指もあります。

シフトチェンジを利用したAマイナースケール

シフトチェンジはポジション移動

次はシフトチェンジを利用した運指で、シフトチェンジとはポジション移動のことです。矢印のポイントでシフトチェンジするので、指はそれほど開かないでいいでしょう。上記の運指にはありませんが、7フレット目を小指で押弦、8フレット目も続けて小指で押弦、というのも間違いではありません。しかしながら、小指から小指が連続するシフトチェンジは、ミスタッチが多くなるので、なるべく避けた方が良い運指ということを、音楽学校で習った記憶があります。

開放弦を利用した3通りのAマイナースケール

3通りの運指押弦

今度は開放弦・異弦同音を利用した、Aマイナースケールです。運指押弦は3通り考えられ「運指1」の人差し指と中指だけの押弦は、一番オーソドックスかと思います。中指の代わりに、薬指で押弦しているのが「運指2」で、中指は薬指の補助で押弦しても良いでしょう。中指から入っているのが「運指3」で、小指で押弦する3フレット目は、薬指を補助に回してもいいと思います。押弦は指定された指だけとは限らないので、他の指も使えないかを試してみてください。

3弦12フレットから弾く1オクターブ高いAマイナースケール

1オクターブ高いラ・シ・ド

音符の高さを見ても分かるように、これまでのラ・シ・ドより、1オクターブ高いラ・シ・ドです。フレット幅が狭くなっている高音域なので、手の小さい人でも、上記に指示のある運指押弦でも、指の開きは気にせず、弦を押さえられるでしょう。ポジション移動をしても良いですが、このようなフレット幅が狭い高音域では、ポジション移動が反って、難しい運指押弦になってしまうこともあります。