弦を押さえることを押弦(おうげん)と言いますが、エレキベースの教則本などには、音符やタブ譜面の直ぐ近くに「この音はこの指で押弦しなさい」という指示がされている場合が多いです。大抵は下記の写真でも見られるように、文字か番号の場合がほとんどだと思います。押弦の指示について、確認しておきましょう。

押弦を指示する文字と数字


押弦の指示が文字の写真

押弦の指示が文字

押弦の指示が文字の場合、人差し指は人差し指のアイコン、中指は中指のアイコン、薬指は薬指のアイコン、小指なら小指のアイコン、というように、指の頭文字で表されることが多いでしょう。シンプルで分かりやすいと思うので、このサイトでも文字で押弦する指を記しています。


押弦の指示が数字の写真

押弦の指示が数字

押弦の指示が数字の場合、人差し指が数字の1で、中指が数字の2で、薬指が数字の3で、小指が数字の4というように、番号が振り分けられていることもあります。一般的には文字より数字による、押弦の指示の方が多いと思います。しかし、特に初心者の場合ですが、タブ譜面のフレット番号と重なり、ややこしいと思うので、このサイトでは使っていません。

押弦の指示は参考程度に

押弦の指が記されているのは、ありがたいことですが「その指を使うことが正しい押弦」ということでもなく、人によっては押さえづらい、押弦の場合もあるでしょう。初心者のうちなら、それに従っていくのが無難ですが、ある程度の押弦パターンが、自分の中で作られているなら、使いたい指を優先させても良いです。

運指とタブ譜面

押弦と同じような意味で運指(うんし)という音楽用語があります。譜面に記された運指や押弦が、どんな感じなのか見ていきましょう。譜面作成者によって同じ内容でも、タブ譜面には違いが出てくるものです。また、異弦同音を利用した運指も考えてみましょう。

1小節目の2弦5フレットを小指で押弦している運指

運指の指示の見方

1小節目の最初は3弦3フレットで、これを人差し指で押さえる、という指示です。次の音も3弦3フレットなので、押弦の指示は省略されています。次は2弦5フレットを、小指で押さえるという指示です。2小節目の1・2拍目も、3弦3フレットを人差し指で押さえ、続いて3弦2フレットから3弦1フレットと、人差し指を移動させて、押弦していくということです。特に難しいことではないと思います。

1小節目の2弦5フレットを薬指で押弦している運指

同じ譜面でも運指が違うこともある

一つ前と同じ譜面ですが、運指の内容が違っていて、1小節目の2弦5フレットを、薬指で押さえています。手の大きい人なら、小指よりも薬指で押弦した方が、運指を取り易いこともあるでしょう。同じ譜面で運指が違ってくることは、手の大きさだけと限りませんが、小指で押弦しても、薬指で押弦しても、もちろん間違いな運指ではありません。

1小節目の2弦5フレットが、異弦同音の1弦0フレットになった場合の運指押弦

異弦同音を利用した運指

これも同じ内容の譜面ですが、異弦同音(いげんどうおん)を利用し、1小節目の2弦5フレットだったタブ譜面を、1弦0フレットに直しています。このことにより、2小節目が指を動かすことなく、運指押弦できるようになっています。このように、異弦同音でタブ譜面をアレンジすると、運指も全体的に変化していくことがあります。