音楽用語で使うフィンガリングとは、楽器を弾く指の使い方のことで、日本語では運指(うんし)と訳せます。フィンガリングは左右両手のことを差しますが、ここでは弦を押さえる手の方のフィンガリングです。先ずは親指のフィンガリング、について考えてみましょう。次に弦を押さえる押弦(おうげん)、のコツを見ていきましょう。

ロックスタイルとクラシックスタイル

人差し指・中指・薬指・小指で押弦していく分けですが、その時の親指の状態はどうなっているでしょうか。この時の親指のフィンガリングによっても、弾き易さが左右されます。これは音楽ジャンルによっても変わってくるでしょう。


ロックスタイルの親指の写真

ロックスタイルの親指

親指でネックを握り締める、というようなフィンガリングをロックスタイルと言います。決して間違いではないですが、これしか出来ないのは良くありません。押弦は安定しますが、動きの多いベースラインが出てきた時に対応が出来ません。


クラシックスタイルの親指の写真

クラシックスタイルの親指

親指をネックに立てて支える、というようなフィンガリングをクラシックスタイルと言います。親指をこのように使うと、残り4本の指を、最大限に活かすことが出来るので、動きの多く速いベースラインにも対応しやすいです。

クラシックスタイルの方がメリット大

初心者のうちはどうしても、ネックを握り締めてしまった方が楽である、ロックスタイルの親指になってしまいがちです。クラシックスタイルは親指でネックをしっかりと支え、指をいっぱいに広げ押弦しにいくので、手がかなり痛くなるでしょう。それでいてロックスタイルより安定感がなく、押弦しづらいはずです。しかしロックスタイルよりクラシックスタイルの方がメリットが大きいので、今は大変かもしれませんが、後から重宝するに違いありません。

ロックスタイルにもメリットはある

しかし、ロックスタイルにも良い点は挙げられます。手の大きな人なら親指を握り締めるようにして、4弦を押さえることも出来ますし、ミュートのフィンガリングとしても効果的です。また、それらとは関係なしに、ロックスタイルをメインとしている、ベーシストもたくさんいます。僕が特に中高生の頃に好きだった、ユニコーンのベーシストであるEBIさんは、動きの多い難しいベースラインでも、ほぼロックスタイルで弾いておられたのを覚えています。クラシックスタイルとロックスタイルを、併用してフィンガリングするのも良いでしょう。

フレットを意識した弦の押さえ方

指で弦をフレットに押さえ込むにも、ポイントがあります。綺麗な音が出ていればいいのですが、押さえる位置によっては、思うような音が出ない場合もあります。自分がベストなポジションで、押弦できているか見直してみましょう。


離れすぎている押弦ポイントの写真

押弦がフレットから離れすぎている

4弦3フレットを押さえている様子ですが「」の3フレットから、押弦している人差し指が離れすぎています。これでは弦がしっかりと、フレットに押さえ込まれず、音がビビってしまうことが多いです。例え音が鳴っていたとしても、余計な力を入れて押弦していると思います。


押弦ポイントがフレットの真上の写真

フレットの真上を押弦している

同じく「」は4弦3フレットですが、押弦している人差し指が、フレットの真上に来ています。この押弦も良いとは言えず、フレットの真上を目的に押弦すると、音がビビってしまったり、鳴ってしまう音が隣の、4フレットになる恐れもあります。


ベストポジションな押弦ポイントの写真

フレットの直ぐ近くを押弦する

人差し指が「」の3フレットの、直ぐ近くを押弦しています。指がフレットに重なっておらず、このフレットの直ぐ近くが理想的な押弦ポイントで、安定した音が出せるでしょう。また、フレットに近いため、最低限の力で押弦が出来るのもメリットと言えます。

押弦は真上からソフトに

指で弦を押さえる時は、なるべく指を立てて、真上から押さえるようにしましょう。例えば、壁に画鋲を刺す場合なども、斜めより垂直に刺さっていた方が、安定するはずです。しかし、実際の押弦は画鋲を刺すようなイメージではなく、必要以上に力まず、軽いタッチで出来るようになればベストです。

絶対的なフィンガリングはない

いつも弦はフレットの直ぐ近くを押さえ、指を立てて真上から、最低限の力で押弦するのが理想です。でも、難しいベースラインが出てきた時などは、必ずしもベストな押弦をするのは、無理な場合があります。また、真上から押弦するばかりではなく、指の腹や根元を使って弦を押さえる、というような例外も多々あります。基本は大事ですが絶対的ではないので、臨機応変に対処することも大事です。