ベース初心者のうちは当たり前ですが、指が思うように開いてくれず、手が痛くて運指押弦にも苦労します。ここではクロマチックスケールという音の並びを利用して、指を開く練習をしていきましょう。フレット移動をして弦を押さえる、というフィンガリングも覚えておきましょう。

クロマチックスケールは半音階

運指押弦ストレッチのためのクロマチックスケール(半音階)

半音階は隣り合うフレット

クロマチックスケールは半音階(はんおんかい)とも言われ、半音ずつ上がり下がりすることです。上記の2小節も簡単な半音階で、後述しているように押弦していき、運指押弦のストレッチを練習していきましょう。


1弦5フレットを人差し指で押弦している写真

フレットの直ぐ近くを押弦する

写真は1弦5フレットを、人差し指で押さえている様子で「」は、指で弦を押さえている状態だと思ってください。フィンガリング時の親指と押弦のコツでも説明したように、指がフレットに重ならないように、フレットの直ぐ近くを押弦しましょう。


1弦6フレットを中指で押弦している写真

人差し指の押弦も続ける

続いて1弦6フレットを、中指で押さえています。「」が中指にありますが、人差し指にもあります。なので、人差し指も弦から離さずに押弦したままの状態で、1弦6フレットを中指で押さえましょう。


1弦7フレットを薬指で押弦している写真

人差し指と中指の押弦も続ける

今度は1弦7フレットを、薬指で押さえています。ここでも「」を見ても分かるように、音を出す1弦7フレットの薬指だけでなく、中指と人差し指も押弦したままの状態です。このあたりから力が入り、手も痛くなってくると思います。


1弦8フレットを小指で押弦している写真

1弦を四本の指で押弦

最後は1弦8フレットを小指で押さえていて、最終的には「」が4つになり、1弦を四本の指全部で、押弦している状態が出来上がります。親指をしっかりとネックに立てて、四本の指をいっぱいに広げて、押弦する必要があるでしょう。

運指押弦はゆっくり確実に

2小節目からも同じようにして、鳴らす音より低いフレットは、押さえたままの状態を作りながら、運指押弦をしていきましょう。ベースを始めたばかりの人には、少し手が痛かったかと思います。速さは全く必要ないので、確実に押さえられる状態を作り、手に感覚を覚え込ませてください。

ポジション移動でも運指押弦

次も同じようにして、4弦2フレットから始まるクロマチックスケールを、運指押弦していきましょう。今度は指を動かして押弦するポジション移動・フレット移動・シフトチェンジなどと言われる運指も、同時に見ていきましょう。

4弦のクロマチックスケールを2種類の運指押弦で説明する譜面

ポジション移動は手を動かす

運指押弦の指示に「ストレッチ」と「移動」とありますが、ストレッチは説明してきたように、指をいっぱいに広げて押弦する運指です。先ほどよりもフレット幅が広いので、更に手が痛くなると思います。移動はポジション移動のことで、矢印の部分で指を動かして押弦していきます。


4弦2フレットは運指押弦ストレッチもポジション移動も人差し指で押弦している写真

4弦2フレットの押弦

左の写真が運指押弦ストレッチで、右の写真がポジション移動です。先ずは4弦2フレットですが、運指押弦ストレッチもポジション移動も、どちらも人差し指での押弦です。ストレッチもポジション移動も、フレットの直ぐ近くを押弦してやりましょう。


4弦3フレットは運指押弦ストレッチは中指、ポジション移動は人差し指で押弦している写真

4弦3フレットの押弦

ストレッチで押弦する場合は、中指で4弦3フレットを押さえ、人差し指でも4弦2フレットを押さえたままです。ポジション移動で押弦する場合は、4弦2フレットを押さえていた人差し指を、3フレットにポジション移動させます。なので、弦に触れているのは人差し指だけです。


4弦4フレットは運指押弦ストレッチは薬指、ポジション移動は中指で押弦している写真

4弦4フレットの押弦

ストレッチは薬指で4弦4フレットを押さえ、以前の中指と人差し指でも、4弦をしっかりと押さえておきましょう。ポジション移動は中指で4弦4フレットを押さえ、人差し指も4弦3フレットを押さえています。運指的にもこのあたりから、ポジション移動での押弦が楽に感じてくると思います。


4弦5フレットは運指押弦ストレッチは小指、ポジション移動は薬指と小指で押弦している写真

4弦5フレットの押弦

ストレッチは小指で4弦5フレットを押さえ、これで四本の指で4弦を押さえていることになり、かなり指の開きもキツイはずです。ポジション移動も小指で4弦5フレットを押さえますが、指の開きには余裕があり、楽に押さえられるでしょう。また、写真の「」のように、薬指でも一緒に4弦を押さえてやると、小指だけで押さえるより、楽に押弦できるでしょう。薬指と小指セットでの押弦は、よく見られる運指です。

クロマチックスケールは指の柔軟体操

ポジション移動を利用すると、押弦も比較的楽に出来るはずです。しかし強制はしませんが、先ずは運指押弦ストレッチのように、指をいっぱいに開いて、弦を押さえにいく練習を勧めておきます。最初は思うように指も開かず、痛いばかりですが、体の柔軟体操と同じように、毎日の練習で指も柔らかくなり、少しずつ開くようになってきます。