Cメジャースケールは「ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド」のことだと、過去のページでも説明しました。このCメジャースケールを、日本語読みにするとハ長調(はちょうちょう)と言います。ピアノ鍵盤図とエレキベース指板図を使って、ハ長調についての簡単な説明と、ハ長調でスケール練習をしてみましょう。

ハ長調とスケール練習

ピアノの鍵盤図で表したハ長調の音名

ピアノはハ長調が分かりやすい

イタリア語音名の「ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド」を英語音名で表すと「C・D・E・F・G・A・B・C」となります。これを更に日本語音名で表すと「ハ・ニ・ホ・ヘ・ト・イ・ロ・ハ」となりハ音から始まっているのでハ長調と呼ぶ分けです。ピアノなどの鍵盤楽器の場合、ハ長調は全て白鍵(はっけん)と言われる、白いキーだけで作られており、その位置は見た目でも直ぐに分かると思います。

4弦ベースの指板図で表したハ長調の英語音名

スケール練習とは?

今度は4弦のエレキベースで表した音名ですが、ハ長調である「C・D・E・F・G・A・B・C」の音名が、どのフレットで作られているかは、ピアノのように直ぐには分からないと思います。そこでハ長調のフレットだけを使い、色んなフレーズを弾き覚える、という練習があります。それを音楽用語でスケール練習と言います。次からはハ長調でスケール練習をしていきますが、スケール練習は運指の練習にも最適です。ハ長調のフレットも覚えられ、運指の練習にもなるので、スケール練習は一石二鳥の練習と言えます。

ハ長調のスケール練習

4フレット4フィンガーや4フレット3フィンガー、ポジション移動を利用しながら、ハ長調スケール練習譜面を弾いていきましょう。速く弾ける必要はないので、押弦する指とフレットを、一音ずつ確認しながら、ゆっくり練習してください。

運指押弦は一通りではない

譜面に表記している押弦の指示は、4フレット4フィンガーの運指にしていますが、それ以外の運指になっても構いません。最初は指示に従うのが無難ですが、運指しづらい押弦があれば、使いたい指を優先させても良いでしょう。矢印はポジション移動を表します。

5・6小節目の運指は、指を広げて押弦しているので、ポジション移動を少なくしています。逆のポジション移動を多く使う運指も考えられるので、弾き比べてみてください。7・8小節目はポジション移動なしの、4フレット4フィンガーで終わっています。

3フレット4フィンガーに切り替える

途中までは前の譜面と似ていますが、2小節目の終わりから音が下がっていきます。4小節目まではポジション移動をしながらも、4フレット4フィンガーで弾いていきましょう。5フレット目は開放弦に直すことも可能ですが、先ずは運指の練習のために、タブ譜面の通り弾いてみてください。

5・6小節目は、0フレットから3フレットのハーフポジションなので、3フレット4フィンガーの運指に切り替えてやりましょう。7小節目でポジション移動がありますが、ここからも3フレット4フィンガーを続けるといいでしょう。開放弦が入ってくると、3フレット4フィンガーが弾き易くなってくるかと思います。