連結力の強いコード進行の一つにツーファイブというものがあり、人間の耳には心地よい流れだとされています。ツーファイブはジャズに限らず、ポピュラー音楽でも頻繁に使用されるので、これを覚えておけば、ベースラインを考えるのにも役に立ちます。

ツーファイブの仕組み

Cメジャーキーの2小節目からがツーファイブのコード進行

ツーファイブにはドミナントモーションが入る

調号や最初と最後のコードから、上記の4小節のキーは、Cメジャーだと判断できます。キーの主役になるコードをトニックコードと言い、1小節目のコード「C」と4小節目の「CM7」がトニックコードです。トニックコードから、5番目に当たるコードをドミナントコードと言い、ここでは3小節目のコード「G7」がドミナントコードです。3小節目から4小節目は4度進行をしており、ドミナントセブンスコードからトニックコードへドミナントモーションも起こしています。このように、ツーファイブにはドミナントモーションが入ってきます。ドミナントモーションについては、ドミナントモーションで解決するをご覧ください。

ツーファイブだと判断できるコード進行

今度は2小節目のコード「Dm7」から見ていきましょう。2小節目からコードのルートだけを見ると「D」「G」「C」と4度進行しているのが分かります。譜面のように「D」に「m7」を、「G」に「7」を付けて、トニックコードへ進行するのがツーファイブとなり、力強いコード進行が得られます。

  • ルートが4度進行している。
  • ○m7」→「○7」→「トニックコード」

何故ツーファイブと言う?

まとめると上記のような二つの条件を満たしていれば、そのコード進行はツーファイブと考えて間違いないでしょう。では、何故にツーファイブと言うのかというと、それはディグリーネームに関係があります。下記のディグリーネームと適当に選んだ、5つのダイアトニックコードで考えてみます。ディグリーネームについては、ディグリーネームはダイアトニックコードの基準を参照してください。

ディグリーネームと5つのダイアトニックコード表

ツーファイブは相対的な言い方

Ⅱm7」はダイアトニックコードの、2番目に当たるので「ツー」と言い、「Ⅴ7」はダイアトニックコードの、5番目に当たるので「ファイブ」です。上記の表からキーが「C Maj. Key」で見てみると、2番目が「Dm7」で、5番目が「G7」とあり、このページの最初に見た4小節のコード進行と、一致しているのが分かります。キーがその1つだけなら「Dm7」「G7」「CM7」という、コード進行だけを覚えておけばいいですが、キーは表以外にも全部で12種類あるので、全てのキーに当てはめられるように相対的にツーファイブと言う分けです。

ツー・ファイブ・ワン

ディグリーネームのトニックコードが「ⅠM7」で、それをツーファイブに合わせると「ワン」と言い、ツーファイブと同じ意味でツー・ファイブ・ワンと説明される場合が稀にあります。また、表のトニックコードは全てメジャーセブンスコードですが、ドミナントセブンスコードやシックスコードなども、トニックコードになる場合があります。

4度圏表で考えるツーファイブ

今度は4度圏表でツーファイブのコード進行を考えていきましょう。過去のページでは4度圏表を時計回りに見ていくと、ルートが4度進行していると説明しました。ツーファイブも4度進行をしているので、都合が良い分けです。

CとDフラットがトニックコードのツーファイブを考える4度圏表

Cがトニックコードの場合

片方の4度圏表のように、12時の「C」をトニックコードとすると、10時の「D」から、11時の「G」を経て、12時の「C」までで、2回の4度進行が作れます。ルートだけが4度進行をしても、ツーファイブにならないので「Dm7」と「G7」にしてやり、トニックコードの「C・CM7・C7・C6」などに繋いでやります。

Dがトニックコードの場合

もう片方の4度圏表は、5時の「D」がトニックコードとなる場合です。3時の「E」と、4時の「A」と、5時の「D」で4度進行が2回です。やはり「Em7」と「A7」というコードに直してやり、トニックコードの「DM7」などへ繋げ、ツー・ファイブ・ワンのコード進行を作ることが出来ます。

ベース指板で考えるツーファイブ

最初はディグリーネームで、次には4度圏表から、ツーファイブを考えてみました。最後はベーシストらしく、ベース指板からツーファイブを考えてみましょう。指板の音名や音程の並び方が分かっていれば、この方法が最も簡単だと思います。

音の低い弦から高い弦へタテに完全4度で並んでいる指板の音名

指板の音名は完全4度で並ぶ

上記は4弦ベースの指板の音名です。この音名の並び方ですが、ヨコには半音の短2度で並んでいますが、同じフレットのタテには、完全4度で並んでいます。タテと言っても、低い弦から高い弦へ見る必要がありますが、この並び方を利用すれば、ツーファイブを考えられます。一部の音名を抜き取って見てみましょう。

トニックコードの音名へ2回の完全4度進行をしている指板図

ツーファイブの覚え方

4つの指板の音名を例に挙げていますが、いずれも2回の完全4度進行で、タテに並んでいるのが分かります。この指板の音名で考えるツーファイブですが、考え方が分かれば、2弦からや1弦からでも可能ですが、先ずはここで説明したように、4弦と3弦から考え始めるのが基本となるので、制限や窮屈さを感じる人もいるでしょう。ツーファイブの覚え方は幾つかあるので、自分に合った覚え方をすると良いでしょう。