コード進行の一つに4度進行というものがあります。4度進行を簡単に説明すれば、コード同士の繋がりが強く、良い感じに聴こえるコード進行です。これをコードのルートだけに注目して、エレキベースの指板図で見ていきましょう。また、4度進行を考えるのに便利な表もあるので、それも見ておくと良いでしょう。

完全4度進行を指板で考える

3弦3フレットのC音から2弦3フレットのF音への完全4度進行を示す指板図

完全4度進行

左の指板図はRoot(根音)の記号(ルート)を始めとする、長2度の記号(長2度)、長3度の記号(長3度)、完全4度の記号(完全4度)、完全5度の記号(完全5度)、長6度の記号(長6度)、長7度の記号(長7度)を、音程記号で表したものです。その中で注目してほしいのが、3弦3フレットのRoot(根音)の記号から、2弦3フレットの完全4度の記号への、完全4度という音程です。

それら2つを音名に直すと、3弦3フレットがC音で、2弦3フレットがF音になり、それぞれをコードのルートだと思ってください。このCからFまでのフレットの距離を、4度進行や完全4度進行と言います。次に見るのも完全4度進行ですが、フレットを変えて見てみましょう。

2弦3フレットのF音から1弦3フレットのBフラット音への完全4度進行を示す指板図

完全4度進行は同じフレットの距離

次は2弦3フレットをRoot(根音)の記号として、完全4度進行を考えましょう。ルートのRoot(根音)の記号が移動すると、完全4度の完全4度の記号も同じように移動し、その距離はいつでも一定となります。2弦3フレットがF音で、1弦3フレットがB音となり、これが2弦3フレットからの完全4度進行です。

ルートだけに注目する

例えば、これがルートだけを同じにした「FM7」から「B7」になったとします。コードの種類が変わったとしても、コードのルートだけを見ればいいので「FM7」から「B7」も、完全4度進行ということになります。

1弦3フレットのBフラット音と3弦1フレットのBフラット音の両方から見る完全4度進行

完全4度進行のフレットが足りない場合

今度は1弦3フレットをRoot(根音)の記号として、完全4度進行を考えましょう。1弦3フレットより下の弦はありませんので、そこから1オクターブ低い、3弦1フレットをRoot(根音)の記号として考えます。そうすると、完全4度の完全4度の記号は2弦1フレットになり、3弦1フレットのBから、2弦1フレットのEが完全4度進行となります。やはり「Bm7」から「Em7(♭5)」などになっても、完全4度進行です。

完全4度上と完全5度下の半音の数と同音になることを示す指板図

完全4度進行の半音の数

3弦3フレットのC音から、2弦3フレットの音F音までは、完全4度進行と説明しました。3弦3フレットから2弦3フレットまでを、半音の数で表すと5つ分になります。今度は3弦3フレットのC音から、2弦3フレットと同じ音名に当たる、4弦1フレットのF音までを、半音の数で表してみると7つ分になります。このように、同じフレットから音が上がるのと下がるのとでは、半音の数に違いが生じます。

完全4度上と完全5度下は同音

半音の数が5つ分になる2弦3フレットまでを完全4度上、半音の数が7つ分になる4弦1フレットまでを完全5度下、などと言うことがあります。同じ完全4度進行なのに、一方を完全5度下と呼ぶのでややこしいですが、4弦1フレットへ進んでも完全4度進行で、何も間違いではありません。

4度進行する4度圏表

4度進行を説明するために、音楽理論でも必ず取り上げられるのが4度圏表(よどけんひょう)です。4度圏表は4度進行を見るためだけのものではなく、平行調・調号・コード進行を考えるものでもあります。4度圏表は必ず覚えなければ困る、というものでもないので、ここでは確認する程度で良いでしょう。

平行調と調号を調べる4度圏表

平行調を調べる4度圏表

先ずは4度圏表の外側にある、英語音名に注目しましょう。時計の12時に当たるCから、時計回りに見ていくと、4度進行をしているのが分かります。片方の4度圏表の内側には、マイナーコードが記されており、これも時計回りに4度進行しているのが分かります。これら音名はキーとしても見られ、外側がメジャーキーで、それに対する内側はマイナーキーになり、平行調(へいこうちょう)の関係を示してもいます。

調号を調べる4度圏表

曲には音の高さを決めるキー、日本語では調(ちょう)というものがあり、それによって譜面の最初に付く、♭や#の数が違ってきます。もう片方の4度圏表で、3時に当たる「E」キーなら♭は3つ、6時に当たる「G」キーなら♭は6つで、8時に当たる「E」キーなら#は4つという具合です。逆に、#が2つ付く曲は「D」キーか、それの平行調に当たる「Bm」キーになる、と判断できます。それらを調号(ちょうごう)と言いますが、4度圏表では調号を見る時にも使われます。

5度圏表は4度圏表の逆

4度圏表を時計回りに見て、完全4度進行を説明してきました。これを反時計回りに見ていくと、完全5度進行する5度圏表になります。また、時計回りに作られた5度圏表もあり、音楽理論ではそちらの方が有名かもしれず、クラシック音楽を勉強する人は5度圏表という、勝手なイメージを僕は持っています。4度圏表や5度圏表は、前述した平行調や調号の他に、コード進行の流れを考えたり、後のページでも説明する、裏コードなどを調べるのにも使われます。因みに、英米式だと4度圏表はサークル・オブ・フォースで、5度圏表はサークル・オブ・フィフスと言われます。

4度進行の代表曲「枯葉」

音楽にはスタンダードナンバーという言葉があり、これは流行に関係なく、長年親しまれている曲という意味です。ジャズの名曲である枯葉は4度進行を代表するスタンダードなので、これでウォーキングベースを練習してみましょう。

4度進行は易しいコード進行

コード進行のルートだけを見てみると、1小節目から4小節目までと、5小節目から7小節目までが、完全4度進行ということになります。4小節目から5小節目にかけても、4度進行なのですが、これは完全4度進行ではなく、増4度進行になっています。4度進行はジャズ初心者にも易しいコード進行なので、ウォーキングベースも作りやすいかと思います。僕は上記のようなウォーキングベースになりましたが、この8小節でオリジナルのウォーキングベースを作ってみましょう。

同じコード進行の場合

コード進行を見てみると、前半の8小節と全く同じです。以前にも少し触れましたが、ジャズは繰り返しを嫌う音楽なので、コード進行が同じでも、異なるウォーキングベースを作ることが望ましいです。少しくらいなら被って構いませんが、8小節全て同じにするのは避けてください。僕は小節の1拍目に、3度や5度のルート以外のコードトーンを利用し、同じウォーキングベースになるのを避けてみました。使いすぎは良くないですが、6小節目のように、8分音符を使うのもありです。