特にジャズで使われる音楽用語に裏コードというものがあります。ドミナントセブンスコードはトニックコードに、ドミナントモーションを起こす役割がありましたが、裏コードにもその効果があります。先ずはCメジャーキーで、裏コードを見ていきましょう。

裏コードとは?

Cメジャーキーの3小節目が裏コード

裏コードもドミナントモーション

4小節目の「CM7」にドミナントモーションをかけるなら、3小節目のコードは「G7」が普通です。しかし、コードにはそれの代わりをする、代理和音や借用和音というものが存在します。ドミナントセブンスコードの代わりは、通称で裏コードと言われます。「G7」の場合だと、3小節目の「D7」が裏コードです。何故こんなことが可能かと言うと、この2つのコードは構成音が似ているからです。裏コードからのドミナントモーションは、借用和音はノンダイアトニックコードでTAB譜面も使い、音の流れを詳しく説明しています。

裏コードは代理ドミナント

裏コードはドミナントセブンスコードの代理、ということで代理ドミナントとも言われます。説明したように、トニックコードを「CM7」とすると、ドミナントセブンスコードが「G7」で、代理ドミナントの裏コードが「D7」です。

Cメジャーキーダイアトニックコードと機能分類

2つの代理ドミナント

しかし「G7」の代理ドミナントは、上記の表からも、同じダイアトニックコード内にある「Bm7(♭5)」だと分かります。ですが、特にジャズでは「Bm7(♭5)」を代理ドミナントとして使うことは少なく、ノンダイアトニックコードである「D7」を、代理ドミナントとして使うことが多いです。理由としては「Bm7(♭5)」は性格のはっきりしない、少し特殊なコードのためでしょう。それでも「Bm7(♭5)」を代理ドミナントとして使用することもあり、それでも何ら問題ありません。

裏コードの探し方

Cメジャーキーのドミナントセブンスコードが「G7」で、それの裏コードが「D7」だと説明してきましたが、他のキーになったとしても、裏コードは必ず存在します。Cメジャーキーと、Eメジャーキーの裏コードを、4度圏表とベース指板を使い、探していきましょう。

4度圏表で探す裏コードのD♭7とE7

4度圏表で探す裏コード「D7」

時計でいうところの12時にある「C」を、トニックコードだとします。矢印でも示す左隣が「G」で、それがドミナントセブンスコードです。更に「G」の対角線上が裏コードの「D」です。そして、裏コードは四和音の、セブンスコード系にしなければならないので、正確な裏コードは「D7」となります。

4度圏表で探す裏コード「E7」

今度は3時にある「E」を、トニックコードとしましょう。矢印で示す2時の位置が「B」で、それがドミナントセブンスコードです。そして「B」の対角線上は「E」で、それが裏コードです。やはり、裏コードはセブンスコードになるので、正確な裏コードは「E7」となります。

ベース指板で探す裏コードのD♭7とE7-"

ベース指板で探す裏コード「D7」

3弦3フレットの音名は「C」で、それをトニックコードとします。そこから2弦5フレットの「G」が、ドミナントセブンスコードです。更に3弦4フレットの「D」が裏コードで、セブンスコードに直し「D7」とします。トニックコードの半音上が裏コード、という考え方が分かり易いでしょう。

ベース指板で探す裏コード「E7」

2弦1フレットの音名は「E」で、それをトニックコードとしましょう。そこから1弦3フレットの「B」が、ドミナントセブンスコードです。そして2弦2フレットの「E」が裏コードで、セブンスコードに直し「E7」とします。やはり、トニックコードの半音上に裏コードがあります。

裏コードはトニックコードの半音上

4度圏表は頭に入っていない、というベーシストは多いです。そいう方々はベース指板で、裏コードを探す方が、圧倒的に楽だと思います。そして裏コードはトニックコードの半音上のフレットに来るのは、どのキーでも同じことです。

裏コードでコード進行をアレンジ

裏コードを利用して、バグス・グルーヴのコード進行をアレンジしていきましょう。裏コードを利用することにより、ツーファイブに加え、更にウォーキングベースラインの幅が広がるでしょう。

ドミナントセブンスコードC7の裏コードG♭7でアレンジしたバグス・グルーヴのコード進行

裏コードにアレンジ

バグス・グルーヴのトニックコードは「F7」で、それに対するドミナントセブンスコードが「C7」でした。その「C7」を裏コードに変更したのが、10小節目と12小節目の「G7」です。裏コードに変えなければ、ツー・ファイブ・ワンでしたが、裏コードでツー・ウラ・ワン、というコード進行になりました。

裏コードで半音階

裏コードにアレンジしたコード進行を、ルートだけに注目してみると「G」「G」「F」という流れの、半音階になっているのが分かります。このことにより、ウォーキングベースラインが作り易くなる人や、逆に作り難くなる人も出て、流れに好き嫌いが生ずるかと思います。

ツーファイブを作ってから更に裏コードでアレンジしたバグス・グルーヴのコード進行

ツーファイブを作り裏コード

過去のページでは、同じコード進行が続く小節を、ツーファイブにアレンジしました。6・7小節目だと「Gm7」「C7」「F7」で、ツー・ファイブ・ワンになりますが、更に「C7」を裏コードの「G7」にしています。

もう一つは5小節目の「B7」を、仮のトニックコードに見立てて、4小節目にツーファイブの「Cm7」「F7」を置き、更に「F7」を裏コードの「B7」にしてやります。この裏コード進行も、ルートだけを見れば「C」「B」「B」という、半音階を辿っているのが分かります。

裏コードの比較

ドミナントセブンスコードと裏コードを、ベース指板を使い比較していきましょう。音程記号や音名で見比べてみると、ドミナントセブンスコードと裏コードの、共通点なども分かってくると思います。また、裏コードを使う時の、ウォーキングベースについても考えましょう。

ドミナントセブンスコードのG7と裏コードのD♭7の音程と音名を記した指板図

G7とD7の比較

ドミナントセブンスコードが「G7」で、それの裏コードが「D7」の時の、ポジションと構成音が、上記の指板図です。音名が逆にはなっていますが、長3度の長3度の記号と、短7度の短7度の記号の構成音が、B音とF音で共通しているのが分かります。これは他のキーでも同で、ドミナントセブンスコードと裏コードでは、長3度と短7度の音名が逆になります。他のキーでも見ていきましょう。

ドミナントセブンスコードのC7と裏コードのG♭7の音程と音名を記した指板図

C7とG7の比較

今度はドミナントセブンスコードが「C7」で、それの裏コードが「G7」のポジションと構成音です。長3度の長3度の記号と、短7度の短7度の記号の構成音に注目してみると、やはり逆になっていますが、E音とB音で共通しているのが分かります。このことが裏コードでも、ドミナントモーションを起こす理由です。

裏コードのウォーキングベース

ウォーキングベースでは「1拍目にルート以外のコードトーンを弾く」ということが多々ある、と過去のページでも説明しましたが、それは裏コードの時にも使えることです。完全5度の音を1拍目に弾いても良いですが、長3度と短7度の音が共通しているので、それらのどちらかを1拍目に弾いてやると、ウォーキングベースも安定するかと思います。

裏コードの使い過ぎにも注意

アドリブソロをとっているピアニストや、バッキングをしているギタリストも、裏コードを用いて演奏する場合があります。ウォーキングベースラインとの兼ね合いによっては、音がぶつかったりすることもあるでしょう。ジャズのアドリブは、それが楽しかったりもしますが、裏コードを使い過ぎるのも、よくないかと思います。コード進行のアレンジ方法には、ツーファイブや裏コードの他にもありますが、譜面にあるコード進行を基本に考える、ということも忘れないようにしましょう。