コードの構成音のことをコードトーンと言い、それらを一音ずつ分散して弾くことをアルペジオと言います。コードトーンもアルペジオも、どちらも同じ意味と受け取っても良いでしょう。コードのポジションを指板で把握さえしていれば、アルペジオのみで作るウォーキングベースは、手軽に使えて便利だと思います。因みに、アルペジオを日本式では琵音(びおん)と言います。

アルペジオのウォーキングベース

ルート⇒3度⇒5度⇒7度と昇順に並ぶアルペジオのウォーキングベース

アルペジオはコードトーンの分散奏法

上記の4小節のように「ルート⇒3度⇒5度⇒7度」と低い音から、または逆に高い音から順番に弾いていくのが、アルペジオの基本だと考えて良いでしょう。このようなウォーキングベースでも、決して間違いではないですが、実際に使用するジャズベーシストは多くないでしょう。同じアルペジオでも、次のようなウォーキングベースにすると、使いやすいと思います。

アルペジオをバラし4拍目から1拍目が全音か半音で繋がるようにしたウォーキングベース

アルペジオをバラし全音か半音で繋げる

今度も1拍目がルートのRoot(根音)の記号から始まるのは同じですが、2拍目からのコードトーンの順番はバラバラです。これによって4拍目から次の小節の1拍目が、全音か半音で繋げられるようになり、違和感の少ない自然なウォーキングベースになったかと思います。また、全てのコードトーンを全て使う必要もなく、同じ音を2回使っても良いでしょう。2・4小節目は7度の音を使っておらず、2小節目は長3度の長3度の記号を2回、4小節目はルートのRoot(根音)の記号を2回、使っているのが分かります。

アルペジオは安定感がある

1小節目から8小節目までを確認してみると、全てコードの構成音であるコードトーンを使った、アルペジオのウォーキングベースになっているのが分かります。コードの音だけを使っているので分かり易く、アンサンブル(合奏・バンド演奏)的にも安定感のあるウォーキングベース、だと言えるでしょう。

アルペジオのウォーキングベースは不人気?

しかし、ジャズ専門のベーシストはアルペジオのウォーキングベースを、あまり使わない傾向にあるようです。何故ならコードトーンだけで作ると型に嵌まり過ぎて、本来のウォーキングベースらしさが出ないためだそうです。僕はジャズ専門のベーシストではないので、それほどアルペジオのみのウォーキングベースに違和感はないですが、僕がベースを教えてもらっていたジャズベースの先生も、アルペジオのウォーキングベースはあまり使わない、と仰っていた記憶があります。一曲全てをアルペジオのみで乗り切るのはどうかと思いますが、それでも決して間違ったウォーキングベースではないので、気にし過ぎないでおきましょう。