ポピュラー音楽でのベースラインなら、1拍目に弾くのはルート(根音)がほとんどです。しかし、ジャズでは同じコード進行を何週もするので、1拍目にルートばかりだと、同じようなウォーキングベースになりがちです。ジャズという音楽は繰り返しを嫌う傾向にあるので、それを避ける為にも1拍目にルート以外のコードトーンを弾くというウォーキングベースは頻繁に見られます。

1拍目をルート以外にする

1拍目に3度・5度・7度を置いたウォーキングベース4小節

ルート以外なら3度

1小節目はルートのRoot(根音)の記号を使っていますが、2小節目は長3度の長3度の記号を、3小節目は完全5度の完全5度の記号を、4小節目は短7度の短7度の記号を、1拍目に置いています。3度・5度・7度のどれを使っても問題ありませんが、2小節目のように1拍目にルート以外なら3度を使うことが多いと思います。

3度・5度・7度の音色

3度の音というのは、コードの色が最も強く出る音で、ルートの次に安定感があり、それほど違和感を覚えないでしょう。5度は少し中に浮いたような感じで、ハッキリとした色は、出せないかもしれません。ただ、減5度や増5度になってくると、その色は強く出ると思います。7度は3度と5度の、中間くらいの感じでしょうか。しかし、全ては実際に使ってみて、自分の耳で確かめることが大事です。

同じコードが続く時の1拍目にルート以外のコードトーンを置いた4小節

同じコードが続く時のウォーキングベース

1・2小節目は「F7」が続いています。1小節目の4拍目(4弦1フレット)では、Root(根音)の記号のルートを弾いています。2小節目の1拍目も、続けて同じRoot(根音)の記号でも問題ありませんが、コードの代わり映えがしないので、譜面のように長3度の長3度の記号を弾いてやると、ウォーキングベースに広がりが出るかと思います。

3・4小節目も「C7」が続いています。4小節目もルートのRoot(根音)の記号へと戻らず、短7度の短7度の記号を1拍目に置いています。このように、同じコードが何小節か続く場合にも、1拍目にルート以外のコードトーンを持ってくるのは効果的で、これはウォーキングベースに限らず、ポピュラー音楽でもよく使われていると思います。

1拍目はコードトーンでなくても良い

小節の1拍目にコードトーンを弾くと、ウォーキングベース的には安定します。しかし、何が何でも1拍目はコードトーンを弾かなければならない、というものでもありません。1・2小節目を一つのまとまりの「F7」と考えてやると、2小節目の1拍目は通過地点と考えられるので、コードの構成音とは全く関係のない、音を持って来ても良いでしょう。3・4小節目も同じく「C7」で一つにまとめると、4小節目の1拍目はコードトーンではなく、経過音を置いてやるのも良いかと思います。

1拍目と3拍目にコードトーンを置いた基本形ウォーキングベース4小節

ウォーキングベースの基本形

ウォーキングベースでは1拍目と3拍目にコードトーンを弾くというのが基本と考えることが多いでしょう。そうすることにより、ウォーキングベースが安定したものになるからです。上記の4小節では、1拍目にRoot(根音)の記号のルートを、3拍目にはルート以外のコードトーンを持って来ています。このウォーキングベースを次のように、少しだけアレンジしてやりましょう。

基本形ウォーキングベースの1拍目をルート以外のコードトーンにした4小節

ウォーキングベースの組み合わせ

同じコード進行ですが、2小節目の1拍目には長3度の長3度の記号を、3小節目の1拍目には完全5度の完全5度の記号を、4小節目の1拍目には短7度の短7度の記号を使っています。1拍目にルートのRoot(根音)の記号以外を使うことにより、ウォーキングベースの組み合わせが、限りないように増えていきます。

2拍目と4拍目の音について

1拍目と3拍目にコードトーンを置くとして、2拍目と4拍目をどうするかですが、強引な言い方をしてしまえば、どんな音を持ってこようが構いません。しかし、よりウォーキングベースらしくするなら、1拍目と3拍目に繋がるアプローチノート、というのが自然になってくるでしょう。また、そういった2拍目と4拍目のアプローチノートが、ウォーキングベースらしさを引き出してもくれます。

1拍目にルート以外の練習ベースライン

同じルートを持つコード

2小節目は小節内でコードが変化しますが、ルートが同じなので、3拍目は長3度の長3度の記号を使っています。3小節目と4小節目も、メジャーコードとマイナーコードの違いはありますが、同じルートを持つコードです。3・4小節目ともに、1拍目には3度を弾いていますが、メジャーコードとマイナーコードなので、当然3度のフレットは違ってきます。このように、同じルートを持つコードに対しても、ルート以外のコードトーンを使う、ということを覚えておきましょう。

ウォーキングベースも自由

今度は1拍目と3拍目に、コードトーンを弾く練習をしてみましょう。しかし、2拍目と4拍目にコードトーンを弾くのは良くない、と言えば決してそんなことはありません。この譜面でも、6小節目と8小節目の4拍目はコードトーンになっています。1拍目と3拍目にコードトーン、2拍目と4拍目はアプローチノート、というのを基本にするジャズベーシストも多いですが、それに縛られすぎず、使いたい音を優先させるのも良いことです。また、この譜面は1拍目にルートのRoot(根音)の記号を持ってきていますが、ルート以外のコードトーンを使った、ウォーキングベースも考えてみてください。