これまでのウォーキングベースは、コードトーンのみを使ったウォーキングベースでした。ここからは、コードの構成音以外の音である、ノンコードトーンを利用した、アプローチノートのウォーキングベースを考えていきましょう。アプローチノートは目的の音であるコードトーンに、半音や全音などで繋げていく音のことだと思ってください。

アプローチノートについて

コードトーンに半音で繋げるクロマチックアプローチノート

クロマチックアプローチノート

  • 1小節目の4拍目(2弦4フレット)のは、2小節目のルートであるRoot(根音)の記号へ、フレットが隣り合う距離の、半音で繋がっています。
  • 2小節目の2拍目(1弦4フレット)のは、3拍目(1弦5フレット)の完全5度である完全5度の記号へ、半音で繋がっています。
  • 2小節目の4拍目(1弦4フレット)のは、3小節目のルートであるRoot(根音)の記号へ、半音で繋がっています。
  • 3小節目の4拍目(2弦0フレット)のは、長3度である長3度の記号でもありますが、同時に4小節目のRoot(根音)の記号へ、半音で繋がっています。
  • 4小節目の2拍目(2弦3フレット)のは、3拍目(2弦4フレット)の短3度である短3度の記号へ、半音で繋がっています。

このようにコードトーンへ半音で繋げていく、のような音のことをクロマチックアプローチノートや、アプローチを省いたクロマチックノートと言います。次も同じコード進行の4小節ですが、今度はの音に注目してみましょう。

コードトーンに全音で繋げるアプローチノート

アプローチノート

  • 3小節目の2拍目(1弦0フレット)のは、3拍目(2弦3フレット)の完全5度の記号へ、半音ではなく全音で繋がっています。
  • 4小節目の4拍目(2弦0フレット)のも、1小節目のRoot(根音)の記号へ、半音ではなく全音で繋がっています。

こういった全音でコードトーンに繋がるの音は、アプローチノートと言われます。しかし、アプローチノートは先ほど説明した、半音で繋げるクロマチックアプローチノートも含めた言い方、とする場合もあります。区別する方が分かり易いかと思うので、半音で繋がっていれば、のクロマチックアプローチノートで、全音で繋がっていれば、のアプローチノート、ということにさせてください。

アプローチノート考え方

全音で繋げる音をアプローチノートのと説明しましたが、それを僕はコードトーンの間を通り過ぎる、自由な音として考えています。なので、コードトーンに全音で繋がっていなくても、譜面にはと示すことにします。そういった音は、次のような呼び方をされることもあります。

  • ノンコードトーン
  • パッシングノート
  • 非和声音(ひわせいおん)
  • 経過音(けいかおん)
  • 刺繍音(ししゅうおん)

アプローチノートの種類

半音や全音でコードトーンに繋げていく、アプローチノートを説明してきましたが、それらを合わせたようなアプローチノートもあります。それぞれにアプローチの名前があり複雑ですが、要はどのようにしてコードトーンに繋がっているかが分かれば、アプローチの名前は後回しで良いと思います。

半音⇒半音で繋げるダブルクロマチックアプローチ

ダブルクロマチックアプローチ

1小節目の4拍目(4弦2フレット)のは、2小節目の1拍目(4弦1フレット)のRoot(根音)の記号へ、半音で繋がっています。これだけなら、先ほど説明したクロマチックアプローチですが、1小節目の3拍目(4弦3フレット)から見ると、更に半音がもう一つ加わりRoot(根音)の記号へと繋がっています。これをダブルクロマチックアプローチと言います。

ダブルクロマチックアプローチは、音が低くなって繋がるばかりではなく、3小節目の3拍目(2弦1フレット)→4拍目(2弦2フレット)→4小節目の1拍目の(2弦3フレット)のRoot(根音)の記号へと、音が上がりつつ繋げることもあります。

目的の音を半音同士で挟むように繋げるインディレクトレゾリューションアプローチ

インディレクトレゾリューションアプローチ

先ず目的の音となるコードトーンを、2小節目の1拍目(2弦3フレット)のRoot(根音)の記号とします。それを半音で挟むように並んでいるのが、1小節目の3拍目(2弦2フレット)と、同じ1小節目の4拍目(2弦4フレット)です。これをインディレクトレゾリューションアプローチと言います。ウォーキングベース的には、全音→半音という流れです。

次は目的のコードトーンを、4小節目の1拍目(2弦3フレット)のRoot(根音)の記号としましょう。挟むようにするのは先ほどと同じですが、今度は3小節目の3拍目(2弦4フレット)→4拍目(2弦2フレット)と逆になっており、このようなウォーキングベースの流れになっても、インディレクトレゾリューションアプローチです。

目的の音を半音と全音で挟むようにする繋げるスケールワイズアプローチを説明する4小節

スケールワイズアプローチ

目的のコードトーンを、2小節目の1拍目(2弦3フレット)のRoot(根音)の記号とします。インディレクトレゾリューションアプローチと同じく、今度もそれを挟むようにするのですが、1小節目の3拍目(2弦2フレット)と、4拍目(1弦0フレット)で挟むので、Root(根音)の記号から見れば、半音と全音で挟まれていることになります。これをスケールワイズアプローチと言います。

次は目的のコードトーンを、4小節目の1拍目(2弦3フレット)のRoot(根音)の記号とします。それを3小節目の3拍目(1弦0フレット)と、4拍目の(2弦2フレット)で挟んでおり、先ほどとは順番が逆になっています。目的のRoot(根音)の記号から見れば、今度は全音と半音という順番のスケールワイズアプローチです。

スケールワイズアプローチの考え方

スケールワイズアプローチは、音階(スケール)のことを考えた音の並びをしています。なので、本来なら音階に合わせた使い方をするのですが、必ずしもそうする必要はないでしょう。すごく簡単に言ってしまえば、半音同士で挟むのがインディレクトレゾリューションアプローチで、半音と全音で挟むのがスケールワイズアプローチで、その時々に応じて好きな方を使えば良いと思います。

次のコードのルートの完全5度で繋げるドミナントアプローチノート

ドミナントアプローチノート

今度は半音や全音で繋げるのではなく、完全5度を意識して繋げるアプローチノートです。上記4小節の4拍目の音にはとありますが、これは全て次のRoot(根音)の記号に対する完全5度の音です。3小節目の1拍目(2弦3フレット)のRoot(根音)の記号に対する完全5度なら、2小節目にもあるように、4拍目(3弦3フレット)でもの完全5度になりますが、それの1オクターブ高い、1弦5フレットでも完全5度になり、それでも問題ありません。このような、完全5度を用いた繋げ方をドミナントアプローチノートと言います。半音や全音で繋げるのに比べると、ドミナントアプローチノートは印象が薄く、何となく不思議な繋がり方に聴こえるかもしれません。

アプローチノートの練習ベースライン

全音か半音で繋げるウォーキングベース

小節内のコードトーンに対する音の繋がり方も重要ですが、コードが変わる前の4拍目に注目してみると、8小節目のドミナントアプローチノート以外は、1拍目へ全音か半音で繋がっているのが分かります。先ずは全音で繋げていくアプローチノートか、半音で繋げていくクロマチックアプローチノートを基本に、考えていくと良いでしょう。またこの譜面では、小節の1・2拍目にRoot(根音)の記号のルートを使っているので、2拍目の音をルート以外に変化させた、ウォーキングベースも考えてみてください。