根音・ルートからの距離は「度(ど)」という単位で表される、というのは過去のページでも説明してきました。更に度数によって「長」や「短」がついたり「完全」という言葉もつけられ、それにより音の性格が決められます。

完全4度のフレット

2弦3フレットが完全4度を表す指板図

4度は完全4度

ルートのRoot(根音)の記号を3弦3フレットとするなら、2弦1フレットの短3度の記号が短3度、2弦2フレットの長3度の記号が長3度、2弦4フレットの減5度の記号が減5度、2弦5フレットの完全5度の記号が完全5度、2弦6フレットの増5度の記号が増5度というのは、過去のページで説明してきました。今回は2弦3フレットにある4度の音で、これを正しく表すと完全4度(かんぜんよんど)と言います。英語式で表すと「Perfect・4th(パーフェクト・フォース)」と言い、指板図のように完全4度の記号と略されることが多いです。先ずはこの3弦3フレットから2弦3フレットの距離を、ルートと完全4度のフレットの基本として、次を見ていきましょう。

上下の完全4度を表す指板図

上下の完全4度

片方の指板図は先ほども見たように、ルートが3弦3フレットで、2弦3フレットが完全4度です。その完全4度からオクターブ低い4弦1フレットも、ルートから見た下の完全4度です。もう片方はルートを4弦0フレットとする指板図で、3弦0フレットが上の完全4度で、異弦同音の4弦5フレットも上の完全4度です。この場合、下の完全4度はありません。

完全音程は綺麗に響き合う

完全4度の他に「完全」がつく音程と言えば、完全5度でした。これらの完全音程は、ルートと上手く音が溶け合い、綺麗な音がするので「完全」という名前がついています。上記の鍵盤図でも見られるように、ルートをC音とする完全4度と、完全5度を聴き比べてみましょう。両方とも二音が上手く溶け合い、綺麗な音程に感じられるでしょう。エレキベースでも完全4度と完全5度は作れますが、低音域では音が濁って上手く聴こえないので、12フレット以上の高音域で確かめるといいでしょう。

増4度と減5度のフレット

完全5度が半音上がると増5度、半音下がると減5度と言いました。完全4度の場合も同じで、半音上がれば増4度(ぞうよんど)で、半音下がれば減4度(げんよんど)と表します。また、これらを音楽理論的にも考えて見ましょう。

増4度と減5度は同じフレットを説明する指板図

増4度と減5度のフレットは同じ

上記の指板図でRoot(根音)の記号から完全4度の記号が完全4度です。その完全4度から半音上がった増4度の記号が、増4度を表しています。Root(根音)の記号から完全5度の記号は完全5度ですが、そこから半音下がった減5度の記号は減5度です。なので、増4度と減5度のフレットは同じになる分けです。しかし、音楽理論的には違う答えになり、考え方は次のようになります。

増4度と減5度の音楽理論的違いを説明する小節とTAB譜面

増4度と減5度の考え方

TAB譜面を見ると、両方とも3弦3フレットから、2弦4フレットの音程です。どちらにも♯と♭が付いていますが、先ずはこれを外して考えます。増4度の音程は根音のC音から数えてF音まで、音符の数で見ると4つある完全4度です。そして、外していた♯をFに付けたF#音にしてやると、音程が半音広がり増4度となります。減5度の音程は、同じく根音のC音から数えてG音まで、音符の数だと5つの完全5度です。また、外しておいた♭をGにつけたGにすると、音程が半音狭くなって減5度となります。このようにして、増4度や減5度の音程は音符の数を見て先に度数を決めてしまう分けです。

減4度と長3度も同じフレットを説明する指板図

減4度と長3度のフレットも同じ

同じく3弦3フレットのRoot(根音)の記号から、完全4度の記号は完全4度です。そこから半音下がってやった減4度の記号が減4度を表します。この減4度のフレットですが、もう一方の指板図でも見られるように、長3度の記号の長3度と同じフレットになります。減4度と長3度もフレットだけなら同じですが、これも音楽理論的に考えてみましょう。

減4度と長3度の音楽理論的違いを説明する小節とTAB譜面

減4度と長3度の考え方

両方をTAB譜面で確認すると、どちらも3弦3フレットから、2弦2フレットの音程です。左の小節には♭が付いていますが、これも先ずはナシで考えます。C音から数えてF音まで、音符の数が4つの完全4度です。それからFにしてやると、音程が半音狭くなった減4度になります。右の小節はC音から数えてE音まで、音符の数が3つの長3度です。これは♭も♯もないので、このままの長3度です。やはり最初に音符の数を数え、度数を決定してから減4度なのか、長3度なのかを考える分けです。音符に慣れ親しんでいないと、分かりづらいことですが、これを理解できなくても、エレキベースのコードにはさほど影響は出ないので、安心してください。