まるでオーグメントコードの逆、を行くようなコードがディミニッシュコードです。オーグメントコードのポジションは、メジャーコードから見ましたが、ディミニッシュコードはマイナーコードを、基準に見ていきましょう。

ディミニッシュコード

ディミニッシュコードのポジション指板図

ディミニッシュコードのポジション

上の指板図はコード「Cm」のポジションで、そこから完全5度の記号の完全5度を半音下げ、減5度の記号の減5度にしてやったのが「Cdim」のポジションなので、マイナーコードのポジションを、基本にすると分かりやすいかもしれません。ディミニッシュコードはRoot(根音)の記号減5度の記号が、右肩上がりのポジションをとっているのが分かります。

ディミニッシュコードは四和音?

説明したように「Cdim」とあれば、ルートと短3度と減5度の三和音構成です。しかし、ディミニッシュコードは減7度という音が加えられ、四和音のコードとする場合もあり、特にジャズやポップスでは、ほぼ四和音として扱われます。クラシック系の音楽では、ディミニッシュコードを三和音、後のページでも説明している、ディミニッシュセブンスコードを四和音、とすることが多いようなので、このページでも、それに倣いたいと思います。

減三和音の響き

ディミニッシュコードの和名は減三和音(げんさんわおん)です。一方の鍵盤図は根音をC音とする、短三和音のピアノ図と和音です。短三和音であるマイナコードは、暗く悲しい響きが特徴です。もう一方の鍵盤図は、同じく根音をC音として、短3度と減5度で構成される減三和音です。聴き比べてみると、完全5度が減5度になった為に、短三和音より更に状況が悪くなった、というようなイメージを、僕は持っています。

ディミニッシュコードのベースライン

1小節目は「Cm」で「ルート→短3度→完全5度」という進行です。2小節目は「Cdim」で「ルート→短3度→減5度」と、1小節目とは5度が半音低くなったのが分かります。3・4小節目、5・6小節目も同じようなベースラインで、完全5度と減5度の半音分だけ違う、フレットに注目しながら弾いてみましょう。

ディミニッシュコードの書き方

2・4・6・8小節は、全てディミニッシュコードを表しています。2小節目の「Cdim」と、4小節目の「E」は、前述したように、四和音として扱われる場合がほとんどですが、三和音として扱ってほしい時は、6小節目の「Bm(♭5)」や、8小節目の「F#m(-5)」というような、書き方をしておけばいいでしょう。6小節目は「ビー・マイナー・フラット・ファイブ」8小節目は「エフ・シャープ・マイナー・マイナス・ファイブ」という言い方もされます。