あるコードに長7度の音を加えた、四和音のコードであるメジャーセブンスコードを見ていきましょう。あるコードとは、長三和音であるメジャーコードなので、それを基本にして考えていくことにします。

メジャーセブンスコード

メジャーセブンスコードのポジション指板図

メジャーセブンスコード

上の指板図はRoot(根音)の記号のルートがC音にあり、長3度を表す長3度の記号と、完全5度を表す完全5度の記号があるので、コード「C」のポジションを表しています。そこへ下の指板図のポジションのように、長7度を表す長7度の記号が加わると「CM7」になります。コード「CM7」を分けて考えると「C」が「根音+長3度+完全5度」の三音を表し、「M7」が「長7度」を表していることになるでしょう。

長七の和音の響き

メジャーセブンスコードの日本名は長七の和音(ちょうしちのわおん)と言います。一方の鍵盤図が根音をC音とする、長3度と完全5度の長三和音で、明るく楽しい響きが特徴です。そこへ更に長7度の音を加えたのが、もう一方の鍵盤図の長七の和音です。長7度が乗っかることにより、広がりが生まれ先が見えてくるような感じ、というのが僕のイメージです。そんな風に和音を耳で聴いて、イメージを持つのもいいと思います。

メジャーセブンスコードのベースライン

ルートが同じのメジャーコードと、メジャーセブンスコードが2小節ずつ続きます。2小節目の「CM7」のポジションは、先ほども確認したので分かりやすいですが、ルートが違ってくると、直ぐに分からないのが普通です。いきなりメジャーセブンスコードを考えようとはせず、まずはメジャーコードのポジションを確認し、それから長7度を足してやる感じでいいでしょう。

メジャーセブンスコードの書き方

一番多く見られるのが、2小節目の「M7」という表記かもしれません。他にも4小節目の「Ma7」や、6小節目の「Maj7」などがありますが、これは文字数が多くなるので、個人的には好きではありません。8小節目の「△7」が僕は最も好きでよく使い、これも割と多く見られる、メジャーセブンスコードの書き方かと思われます。