三和音に一音を加えた、四和音のコードも頻繁に使われます。三和音はトライアドコードと言いましたが、四和音はテトラッドコードと言い、度数では7度の音を使うことが多いです。7度のフレットについて見ていきましょう。

長7度はメジャーセブンス

1弦4フレットが長7度を説明する指板図

長7度はメジャーセブンスのフレット

3弦3フレットをRoot(根音)の記号のルートとすると、2弦2フレットが長3度の記号の長3度、2弦3フレットが完全4度の記号の完全4度、2弦5フレットが完全5度の記号の完全5度、となるのは説明してきました。今回は1弦4フレットに当たる7度ですが、このフレットは長7度(ちょうしちど)というのが正確な呼び方で、指板図にもあるような、長7度の記号という記号で表すことにします。長7度は英語式でメジャーセブンスと言い、この言い方もよく使われます。次も長7度のフレットを考えてみましょう。

上と下の長7度を説明する指板図

上と下の長7度

一方の指板図は先ほども見た、3弦3フレットがルートのRoot(根音)の記号で、1弦4フレットがRoot(根音)の記号の長7度で、これがルートから見て上の長7度です。1弦4フレットからオクターブ低いフレットは、3弦2フレットのRoot(根音)の記号になり、そこがルートから見て下の長7度になります。もう一方の指板図のように、ルートが4弦1フレットになった時も、上下の長7度までの距離は変わりません。下の長7度はルートの直ぐ左のフレットに、位置するのが特徴的です。次に長7度の音程を耳で確かめてみましょう。

長7度の音程

一方の鍵盤図と音源は根音がC音で、B音が長7度に当たるキーです。もう一方は根音がF音で、E音が長7度に当たるキーです。両方を聴き比べると、全体的な音の高さは違いますが、根音から長7度までは半音11個分で、音程的には同じになります。完全4度や完全5度の完全音程に比べると、長7度の音程は少し反発し合っている、と感じる人も多いかと思います。

短7度はドミナントセブンス

長7度の半音下が短7度のフレットと上下の短7度を説明する指板図

短7度は長7度の半音下のフレット

3弦3フレットをRoot(根音)の記号のルートとした時に、1弦4フレットは長7度の記号の長7度でした。そこから半音下の、1弦3フレットが短7度(たんしちど)という音程で、指板図にもあるように、短7度の記号と表すことにします。3弦3フレットのRoot(根音)の記号から見て、1弦3フレットが上の短7度になり、そこからオクターブ低い3弦1フレットが、下の短7度ということになります。次も短7度のフレットを考えてみましょう。

3弦1フレットと4弦1フレットがルートの時の上下の短7度の指板図

上と下の短7度

一方の指板図はRoot(根音)の記号のルートが3弦1フレットで、上の短7度は1弦1フレットの短7度の記号です。ルートから半音下が長7度の記号の下の長7度で、その下の長7度を異弦同音の、4弦5フレットで考えます。そこから半音下の4弦4フレットが短7度の記号の、下の短7度と考えてやりましょう。もう一方の指板図は、4弦1フレットがRoot(根音)の記号のルートで、上の短7度は2弦1フレットにある短7度の記号で表せますが、下の短7度は4弦ベースの場合だと、表すことが出来ません。

短7度の音程

片方の鍵盤図と音源は、先ほども説明した、根音から長7度の音程です。もう片方の鍵盤図と音源は、同じC音を根音とする、短7度の音程です。長7度と短7度の半音1つ分だけの微妙な音程ですが、音を聴けば確かに違いが分かるはずです。どちらも上手く調和している、とは言えない音程だと思います。

短7度はドミナントセブンス

短3度を英語式にするとマイナーサードで、短がマイナーに相当します。短7度にも短があるので、マイナーセブンスと言いたいところですが、短7度を英語式にするとドミナントセブンスと言います。マイナーセブンスだと、後のページでも説明している、違うコードを表してしまうので、注意が必要です。

減7度はディミニッシュセブンス

減7度と6度のフレットを説明する指板図

減7度は短7度の半音下のフレット

3弦3フレットをルートのRoot(根音)の記号とします。前述したように、1弦4フレットが長7度の記号の長7度、その半音下が短7度の記号の短7度で、更に半音下の1弦2フレットを減7度(げんしちど)と言い、指板図のように減7度の記号と表すことにします。

減7度は6度と同じフレット

ルートが3弦3フレットの時、1弦2フレットは6度(正しくは長6度)としても表せます。なので、減7度と6度は同じフレットということになり、物理的には同じ音を出せますが、音楽理論的には違う意味の音程になります。英語式でディミニッシュセブンスとも言われる減7度を、もう少し考えてみましょう。

上と下の減7度を説明する指板図

上と下の減7度

一方の指板図は先ほどと同じく、3弦3フレットがRoot(根音)の記号のルートで、上の減7度は1弦2フレットに当たります。下の減7度はルートから半音3つ分下がるので、3弦0フレットの減7度の記号が下の減7度で、異弦同音の4弦5フレットも、下の減7度です。もう一方の指板図は、3弦1フレットがRoot(根音)の記号のルートで、1弦0フレットと2弦5フレットが、上の減7度です。3弦1フレットがルートの場合、同じ弦ではフレットが足りないので、4弦3フレットの減7度の記号が、下の減7度となります。

減7度の音程

片方の鍵盤図と音源は、何度か聴いてきた長7度の音程です。もう片方は減7度の音程で、長7度からフレット2つ分下がったのが、減7度のフレットだったのと同じく、鍵盤のキーも半音2つ分下がっているのが分かります。長7度の音程と聴き比べると、減7度は調和されている感じがするかと思いますが、音程の感じ方は人それぞれなので、自分なりのイメージを持ってください。