これまでは三和音のコードを弾く為のフレットを見てきましたが、ここからは四和音目に使われる7度のフレットを見ていく事にします。7度のフレットは半音ずつの違いで、3種類に分ける事が出来ます。それぞれの7度のポジションと、ピアノでも音程を確認しておきましょう。

音程記号
  • Root(根音)の記号(ルート)
  • 長3度の記号(長3度)
  • 完全4度の記号(完全4度)
  • 完全5度の記号(完全5度)

長7度(メジャーセブンス)

3弦3フレットがルート時の長7度
3弦3フレットがルート時の長7度の指板図

長7度のフレット

左の指板図はこれまでに見てきた音程で、今回は1弦4フレットの7度に注目してください。これを正しくは長7度(ちょうしちど)と言い、右の指板図でも見られるように長7度の記号と示しています。

Major 7th

長7度を英語式でMajor 7th(メジャーセブンス)と言うので、音程記号は略して長7度の記号とする場合が多いです。

オクターブの長7度
オクターブの長7度の指板図

オクターブ上下の長7度

左右両方の指板図ともRoot(根音)の記号から、オクターブ上下の長7度の記号を表しています。下の長7度の記号Root(根音)の記号から半音低いフレットに位置する、というのが特徴的でしょう。

C音が根音の長7度 / F音が根音の長7度
C音が根音の長7度/F音が根音の長7度のピアノ図

長7度の響き

左のピアノ図はC音を、右のピアノ図はF音をRoot(根音)の記号とする長7度の音程です。両方の音の高さは違うものの、Root(根音)の記号から長7度の記号までの距離は同じなので、長7度という音程の響き方には変わりはありません。自分なりに長7度の響き方の、イメージを持つと良いでしょう。

短7度(ドミナントセブンス)

3弦3フレットがルート時の短7度
3弦3フレットがルート時の短7度の指板図

短7度のフレット

左の指板の1弦4フレットは長7度の記号ですが、それの半音下を短7度(たんしちど)と言い、ここでは短7度の記号で表しています。右の指板ではオクターブ上下の短7度の記号を表しています。

dominant 7th

短7度を英語式でdominant 7th(ドミナントセブンス)と言います。マイナーセブンスとしても間違いではないと思いますが、コード名と混同してしまうと思います。

短7度のフレット
短7度のフレットの指板図

下の短7度

左の指板のようにRoot(根音)の記号が3弦1フレットの時、同じ3弦では下の短7度の記号を弾く事が出来ないので、4弦4フレットで弾く事になります。右の指板のようにRoot(根音)の記号が4弦1フレットの時、下の短7度の記号はありません。

長7度(メジャーセブンス)/ 短7度(ドミナントセブンス)
長7度(メジャーセブンス)/短7度(ドミナントセブンス)のピアノ図

短7度の響き

両方ともC音をRoot(根音)の記号とする、左が長7度で右が短7度の音程です。見た目は半音1つ分だけ違う音程ですが、音を聴けば大きく違うのが分かると思います。

減7度(ディミニッシュセブンス)

3弦3フレットがルート時の減7度
3弦3フレットがルート時の減7度の指板図

減7度のフレット

短7度の記号より更に半音低いフレットを減7度(げんしちど)と言い、ここでは左の指板のように減7度の記号で表しています。右の指板でも分かるように減7度の記号のフレットは、6度のフレットと重なります。

diminish 7th

減7度を英語式でdiminish 7th(ディミニッシュセブンス)と言います。正確にはdiminishedと書き、ディミニッシュドと呼ぶかと思います。

減7度のフレット
減7度のフレットの指板図

減7度のオクターブ

左の指板は3弦3フレットを、右の指板は3弦1フレットをRoot(根音)の記号とする、減7度の記号のオクターブ上下を示した指板です。オクターブ上下の減7度の記号も、その都度ゆっくりと確認していきましょう。

長7度(メジャーセブンス)/ 減7度(ディミニッシュセブンス)
長7度(メジャーセブンス)/減7度(ディミニッシュセブンス)のピアノ図

減7度の響き

両方ともC音をRoot(根音)の記号とする、左が長7度で右が減7度の音程です。僕は長7度の音程に比べると、減7度は調和されているように感じますが、音程の感じ方は人それぞれです。

記事終了
このページのまとめ
  • 長7度を7度の基準と考える。
  • 短7度は長7度から半音下がったフレット。
  • 減7度は短7度から半音下がったフレット。