ルートから長3度と完全5度のフレットは、以前のページでも説明してきたので、分かってもらえたと思います。ここでは新たに短3度(たんさんど)という度数を、やはりルートからどのフレットにあるのかを、長3度のフレットと比較しながら見ていきましょう。

短3度は長3度の半音下

長3度の半音下が短3度のフレットを説明する指板図

短3度のフレット

先ずは左の指板図で、3弦3フレットをRoot(根音)の記号のルートとした時の、音程度数を確認しておきましょう。2弦2フレットが長3度の記号の長3度、2弦5フレットが完全5度の記号の完全5度で、これは過去のページで説明しました。次は右の指板図に注目しましょう。長3度の長3度の記号から半音低い、2弦1フレットの短3度の記号が、短3度というフレットに当たります。次にルートが変わった時の、短3度のフレットを考えてみます。

2弦4フレットと4弦6フレットがルートの時の長3度と短3度の指板図

短3度は長3度から半音低いフレット

ルートのRoot(根音)の記号が2弦4フレットになった時と、4弦6フレットになった時も見てみましょう。長3度の長3度の記号のフレットから、半音低い隣のフレットに、短3度の短3度の記号があるのが分かります。このように、短3度の短3度の記号は長3度の長3度の記号から、いつの時も半音低いフレットにあります。次は長3度の長3度の記号をなくして、短3度の短3度の記号の運指を考えてみましょう。

短3度の運指

短3度が2弦1フレットと短3度が3弦6フレットにある指板図

異弦同音の短3度

片方の指板図は先ほども見たように、3弦3フレットをルートのRoot(根音)の記号として、2弦1フレットが短3度の記号の短3度のポジションです。もう片方の指板図は、ルートは同じ3弦3フレットにありますが、短3度は3弦6フレットにあります。2弦1フレットと3弦6フレットは、異弦同音(いげんどうおん)の関係にあり、ルートからの距離も全く同じになります。なので、両方の指板図は違うように見えますが、全く同じ音程を表しています。ただ、運指的には難易度が生じてくるでしょう。

短3度が2弦2フレットと短3度が1弦0フレットにある指板図

開放弦を使える短3度

一方の指板図は2弦2フレットがRoot(根音)の記号のルートで、そこから同じ弦の、半音3つ分上にある2弦5フレットが、短3度を表す短3度の記号のフレットです。これも異弦同音を使い、2弦5フレットを1弦0フレットに直してやると、開放弦を使える短3度になり、運指も楽になるはずです。短3度に限らずですが、4弦から2弦の5フレット目が絡んできたら、それを開放弦に出来る、というのを覚えておきましょう。

短3度と長3度と完全5度を含めた指板図

短3度と長3度と完全5度

最後に長3度の長3度の記号と、完全5度の完全5度の記号も含めて見てみましょう。一方の指板図は4弦1フレットがRoot(根音)の記号のルートで、そこから4弦4フレットが短3度です。これは異弦同音が使えないので、4弦1フレットのルートから、最寄の短3度は4弦4フレットだけです。ルートから短3度まで指が開かなければ、ポジション移動で押弦してやりましょう。

もう一方の指板図は4弦0フレットがルートなので、短3度の3フレットも、長3度の4フレットも楽に押弦できます。短3度はルートから半音3つ分、長3度はルートから半音4つ分の距離にあり、両方は隣り合うフレット、だということを覚えておきましょう。完全5度のフレットにも、意識を配れるようにしてください。

音程度数の略記号

ルートは英語で「Root」と表すので、その頭文字を取って「R」と略されます。これが指板図にもあるRoot(根音)の記号と思ってください。短3度は「minor-3rd」で、略して短3度の記号です。長3度は「Major-3rd」で、略して長3度の記号です。短3度が小文字の「m」で、長3度が大文字の「M」を使い、区別している分けです。完全5度は「Perfect-5th」で、略して完全5度の記号となります。大体がこのような、音程度数の略記号で表されているでしょう。