コードネームが記された、8小節の譜面を例に挙げ「コードのルートとはどういうものなのか」を見ていきましょう。コードのルートを弾くというのが、エレキベースのコードでの、最初の仕事だと言えるでしょう。

ルートと指板の音名の関係

コードネームに記されるルート

上記は8小節の譜面で、コードネームは「CAmDmG」の4小節を2回繰り返しています。譜面中にあるRoot(根音)の記号はルートを示しており、8小節全てコードのルートを弾いているのが分かります。コードネームの中には必ずルートが記されているもので、この4つのコードネームにも、やはりルートが記されています。

ルートはアルファベットの大文字

1・5小節目のコードネーム「C」なら、Cがそのままルートです。少し飛ばして、4・8小節目のコードネーム「G」も、Gがそのままルートです。2・6小節目のコードネーム「Am」なら、Aだけがルートになり、3・7小節目のコードネーム「Dm」も、Dだけがルートを表しています。これら4つのコードネームの、ルートは分かったと思うので、次は指板の音名を見てみましょう。

コードC・Am・Dm・Gのルートの音名を表した指板図

指板の音名がルートになる

コードが「C」の1・5小節目で使われている音は、3弦3フレットと1弦5フレットです。指板図で音名を確認してみると、このフレットの音名は、C音だと分かります。コードが「Am」の2・6小節目で使われている音は、4弦5フレットと2弦7フレットです。同じく指板図で音名を確認すると、A音となっています。残り2つのコード「Dm」と「G」も確認してみると、コードのルートと指板図の音名が一致しています。このように指板の音名がコードのルートになるのです。

♭や♯が付くコードネームとルート弾き

指板にある「C・D・E・F・G・A・B・C」の音名には、半音下がる「♭」のフラットや、半音上がる「♯」のシャープという、音楽記号が付加されることもあります。コードネームにも「♭」と「♯」が付くことがあり、そうなるとコードのルートにも変化があります。下記のコードネームで見ていきましょう。

3小節目に♭(フラット)4小節目に♯(シャープ)の付くコード

ルートは♭や♯も含める

  • 1小節目の「CM7」は、シー・メジャー・セブンスと言います。ルートだけを取り出すとCなので、指板の音名からは、Cのフレットを探せば良いのです。
  • 2小節目の「Bm7(♭5)」は、ビー・マイナー・セブンス・フラット・ファイブと言います。ややこしいコードですが、これもルートを取り出すとBだけです。
  • 3小節目の「D7」は、ディー・フラット・セブンスと言います。ルートは♭も含めたDとなるので、注意が必要です。
  • 4小節目の「F#7」は、エフ・シャープ・セブンスと言います。ルートは♯も含めたF#なので、これも気をつけましょう。指板図でも確認しておきましょう。
D音から半音下がったD♭音とF音から半音上がったF♯音を表した指板図

♭はフレット1つ分「左」

♭という音楽記号には、半音下がるという意味があり、指板で考えるとフレット1つ分「左」に移動します。3弦5フレットの音名はDで、そこから半音下がってやると、3弦4フレットになり、Dから半音下がったという意味の、Dという音名になります。それが3小節目の「D7」のルートになります。

♯はフレット1つ分「右」

♯という音楽記号には、半音上がるという意味があり、指板で考えるとフレット1つ分「右」に移動します。4弦1フレットの音名はFで、そこから半音上がった4弦2フレットは、Fから半音上がったという意味で、F#という音名で表されます。同じく2弦3フレットのFから、半音上がった2弦4フレットのF#も、4小節目の「F#7」のルートとして弾くことが出来ます。

ルート弾きはルートだけを弾く

説明してきたように、それぞれのコードネームには、必ずルートが記されてあります。ルートを弾くことを主にルート弾きと言い、とりあえずベーシストはルート弾きをしておけば、最低限の仕事はしていると言えるでしょう。ベースがルートを弾くことによって、そのコードが最も安定するので「最高の仕事をしている」と言っても良いかもしれません。

ルートになる英語音名を表した4弦ベースの指板図(21フレットまで)

ルート弾きには指板の音名が必要

ルート弾きをする為には、指板にある音名を覚えておかないといけません。プロベーシストはもちろん、趣味でベースを弾く人も暗記しているものですが、初心者にはとても大変なことです。無理せず1日1フレットずつ、という軽い気持ちで覚えましょう。