メジャーコードの長三和音と、マイナーコードの短三和音に分け、ベースラインについて考えてみましょう。メジャーコードではオリジナルのベースラインを考え、マイナーコードでは運指押弦についても考えてみてください。

メジャーコードから考えるベースライン

マイナスワンとは?

上記の8小節の譜面は「CEFG」のコード進行が2回繰り返されており、全てメジャーコードだけです。音源を聴いてもらえば分かると思いますが、エレキベースの音が入っていません。これより過去のページでも使用していましたが、これはマイナスワンと言って、自分の楽器パートだけが録音されていない、音源のことです。先ずはマイナスワン音源に合わせて、8分音符でRoot(根音)の記号のルート弾きをしている、上記8小節のベースラインを弾いてみましょう。

7フレットまでのコードC・E・F・Gのポジション指板図

ルート以外のコードトーンも使う

ルート弾きで合わせられたら、今度はルート以外のコードトーンも使ったベースライン、を考えてみましょう。メジャーコードのルート以外というと、長3度の長3度の記号と完全5度の完全5度の記号です。上記のポジション指板図を参考に、先ずはリズムを8分音符、使うフレットも7フレットまでに限定して、ベースラインを作ってみましょう。僕は次のようなベースラインになりました。

ベースラインは人それぞれ

5小節目からも同じコード進行なので、4小節目までと同じベースラインになっても構いません。それが退屈と感じたら、アレンジするのも良いでしょう。また、全てのコードトーンを無理に使わずとも、ルートと長3度だけの小節があっても良いです。先ずはリズムが8分音符と、フレット数を限定して作ってみましたが、縛りを無くせばベースラインの数は、ベーシストの分だけあると思うので、自分のベースラインを考えてみてください。

マイナーコードから考えるベースライン

次はマイナーコードのみで、ベースラインを考えてみましょう。今回もルート以外のコードトーンも利用して、ベースラインを組み立ててみましょう。また、出来上がったベースラインを、改めて考えてみると、楽な運指になる場合があります。

コードの基本はルート

上記はコード「Am・Dm・Em・Am」の4小節を、2回繰り返している簡略小節です。マイナスワン音源を聴いて、ベースラインを作ってみましょう。いきなりで難しければ、先ずはルートだけを弾くことから始めましょう。ベースのコードの基本はルートなので、どんな曲でもルートさえ弾いておけば、とりあえずはOKです。

コード「Am・Dm・Em・Am」のポジション指板図
AmDmEm

ベースラインの特徴

コード「Am・Dm・Em」のポジション指板図です。16フレットまで全体を見てしまうと、どの音を使っていいのか迷ってしまうものです。しかし、全てのコードトーンを使うにしても、ベースラインというものは、1つのRoot(根音)の記号から始まり、それの近くにあるコードトーンで済まされている、ことがほとんどです。なので、先ずは最初に使うRoot(根音)の記号から、最寄の短3度の記号完全5度の記号の、3ヵ所のフレットだけを使うと良いでしょう。

どのルート音から入るか

ベースラインの始まりの音である、コードのRoot(根音)の記号ですが、これにも少し特徴があります。ベースという楽器は、低い音でコードを支えるというのが、特徴の一つです。なので、1弦や2弦のルートから入るより、低い音の出せる3弦か4弦のルートから入っている、ベースラインが多く見られます。もちろん、例外も多くあるので、気にし過ぎる必要もありません。次に僕の考えたベースラインで、タブ譜面や運指についても見てみましょう。

開放弦を使わないタブ譜面

1小節目ならRoot(根音)の記号のルートを人差し指、短3度の記号の短3度を小指、完全5度の記号の完全5度を薬指、オクターブ高いRoot(根音)の記号を小指と複雑で、2・4小節目も同じような運指です。慣れればそれほど難しくない運指ですが、5フレット目は開放弦に直せるので、次のような運指にもすることが出来ます。

3弦と2弦の開放弦も使う

1・2・4小節目のRoot(根音)の記号を開放弦にすると余裕が生まれ、その後の運指が楽になりました。しかし、3小節目の2弦2フレットから4弦0フレットは、3弦を飛ばして弾かないといけないので、指弾きにしろピック弾きにしろ、今度はピッキングが少し難しくなった人もいると思います。そこで今度は、次のようタブ譜面にしてみました。

運指を自分の都合に合わせる

先ほどのタブ譜面とほぼ同じですが、2小節目の4拍目で使っていた2弦3フレットを、異弦同音である3弦8フレットにしています。同じように、3小節目の頭を2弦2フレットから、3弦7フレットに直しています。そうすると、4弦0フレットは、弦を飛ばさずに弾くことが出来ます。この場合、ポジション移動を必要としますが、開放弦を弾く間に行えるので、余裕はあると思います。このように、運指を自分の都合に合わせて、タブ譜面を作っていくのも良いでしょう。

ベースラインの最初の音

ベース教室などでも、ベースのコードについて教えていると「最初の音はルートと決まっているんですか?」と質問されます。このページまでにも、コードの頭の音はルートに限定してきましたが、最初の音はルートにしないとダメ、という決まりはありません。

コードCとCmで同じルート音が続くベースライン

同じルート音が続く場合

1小節目のコード「C」は、Root(根音)の記号の3弦3フレットで終わり、2小節目のコード「Cm」も、同じ3弦3フレットから入っています。もちろん、これでも問題ありませんが、次のようにしてやることも可能です。

2小節目のコードCmを短3度から弾いているベースライン

短3度から弾く

2小節目のコード「Cm」を、短3度の記号から弾くことにより、3弦3フレットのルート音が続くのを、回避しています。こうしてやると、コードの移り変わりを演出できると思います。これは完全5度の記号から弾いても問題ないのですが、完全5度の記号はコード「C」も持っているので、短3度の記号から入ってやる方が効果的です。

ルート音を使っていない2小節目のコードDm

ルート音を使わない

次は2小節目がコード「Dm」で、これも短3度の記号から弾き始めています。そして、次の音は完全5度の記号で、Root(根音)の記号のルート音を使っていません。こういったベースラインが使われることも時々あり、必ずRoot(根音)の記号を入れないとダメ、ということもないのです。

ルート音が最も安定する

ルートから入らないベースラインと、ルートを使わないベースラインを説明しましたが、やはりベーシストの基本はルートで、それがコードサウンド的にも、最も安定したものになります。なので、先ずはルートを弾くことが大事、ということを覚えておきましょう。