ハーフディミニッシュコードの構成は「根音・短3度・減5度・短7度」でしたが、そこから短7度を半音下げ、減7度になったディミニッシュセブンスコードを見ていきましょう。指板図のポジションは、ハーフディミニッシュコードから考えていきます。

ディミニッシュセブンスコード

ディミニッシュセブンスコードのポジション指板図

ディミニッシュセブンスコードのポジション

上の指板図はRoot(根音)の記号のルート、短3度の記号の短3度、減5度の記号の減5度、短7度の記号の短7度で構成された、ハーフディミニッシュ(マイナーセブンスフラットファイブ)コードです。そこから短7度だけを半音下げ、減7度の記号の減7度にしてやった下の指板図が、ディミニッシュセブンスコードのポジションです。Root(根音)の記号減5度の記号短3度の記号減7度の記号とが、右斜めに並んでいるのが分かります。

「dim7」と「dim」について

例えば、コード「Cdim7」なら、先ほども見たように「根音・短3度・減5度・減7度」の四和音構成です。これが「Cdim」なら「根音・短3度・減5度」の三和音構成だと、ディミニッシュコードは減三和音でも説明しました。しかし、ポピュラー音楽や、特にジャズの場合は確実に「Cdim」とあっても「Cdim7」と同じ、四和音構成で考えます。これまでにも何度か説明していますが、ややこしい話なので、何度か説明して、やっと分かってくるかと思います。

減七の和音の響き

ディミニッシュセブンスコードの日本名は減七の和音(げんしちのわおん)と言います。一方の鍵盤図がC音を根音とする、導七の和音です。導七の和音の短7度を半音下げ、もう一方の鍵盤図のような音程が、減七の和音です。異なる音は7度の半音だけですが、印象は大きく変わってくるでしょう。減七の和音は不安定で、何か恐ろしいことでも起きそうな、そんなイメージを僕は持っています。

ディミニッシュセブンスコードのベースライン

2・4・6・8小節目が、ディミニッシュセブンスコードです。2・4小節目は「ルート→短3度→減5度→減7度」と、分かりやすいコード進行をしていますが、6・8小節目のように、ルートから減7度へ進行しても問題ありません。また、そのコードの構成音である、コードトーンを全て入れる必要もなく、5・7小節目のように、ルートと3度だけ、というようになっても構いません。

ディミニッシュセブンスコードの書き方

2小節目の「Cdim7」は分かりやすいと思いますが、4小節目の「A7」もよく使われる表記です。前述したように、6小節目の「Ddim」や、8小節目の「G」も、四和音構成を表しています。三和音か四和音かは、譜面や和音から考えたり、可能ならば作曲者に尋ねれば確実でしょう。