オーグメントメジャーセブンスコードの、メジャーセブンスは長7度を表していましたが、これが短7度になったオーグメントセブンスコードを見ていきましょう。両方の違いは7度の音だけで、オーグメントコードの増三和音に変わりはありません。

オーグメントセブンスコード

オーグメントセブンスコードのポジション指板図

オーグメントセブンスコードのポジション

上の指板図は過去のページでも説明した、増三和音に長7度を加えた、オーグメントメジャーセブンスのポジションです。その長7度である長7度の記号を半音下げ、下の指板図のように短7度の短7度の記号にしてやったポジションが、オーグメントセブンスコードです。両方の指板図を見ても分かるように、オーグメントメジャーセブンスとオーグメントセブンスは、増三和音を基本にしたなら、7度の音が長7度か短7度の違いです。

オーグメントセブンスコードの響き

両方の鍵盤図とも根音を表すRoot(根音)の記号、長3度を表す長3度の記号、増5度を表す増5度の記号までは同じで、オーグメントメジャーセブンスは長7度の長7度の記号で、オーグメントセブンスは、短7度の短7度の記号となります。二つのコードはともに不安定な響きをしていますが、オーグメントセブンスの方が、増5度の記号短7度の記号の音程が近い為に、音がぶつかり合い、より不安定な響きを作っているかもしれません。

オーグメントセブンスコードのベースライン

2小節ずつルートが同じの、1・3・5・7小節目がメジャーコード、2・4・6・8小節目がオーグメントセブンスコード、というコード進行です。2小節目の「Caug7」は、全てルートから下の短7度(3弦1フレット)、下の増5度(4弦4フレット)、下の長3度(4弦0フレット)を使っています。逆に、ルートから全て上のコードトーンを使っても問題なく、そのことでベースラインの印象は大きく変わってくるでしょう。

オーグメントセブンスコードの書き方

2小節目の「Caug7」が、よく見られる書き方かと思います。4小節目に見られる「F7(#5)」は「エフ・セブンス・シャープ・ファイブ」と、6小節目の「E7(+5)」は「イー・セブンス・プラス・ファイブ」と言ったりもしますが、構成はオーグメントセブンスと同じです。8小節目の「欧米式の7」は、以前のページでも説明しましたが、数字の7を表しています。