長三和音に長7度を加えて、四和音になったものがメジャーセブンスコードでした。ここでも元になるのは長三和音ですが、短7度を加えてやったドミナントセブンスコードを見ていきましょう。また、コードの表し方にも注意してください。

ドミナントセブンスコード

ドミナントセブンスコードのポジション指板図

ドミナントセブンスコード

上の指板図はC音をルートとする、メジャーセブンスコードで、ルートの半音下には長7度の記号の、長7度が位置しています。その長7度が半音低くなり、短7度の短7度の記号になったものが、下の指板図でも見られる、ドミナントセブンスコードです。上記両方の指板図からも「CM7」と「C7」の違いは、7度の長7度の記号短7度の記号が半音違うだけなのが分かります。

短7度は「7」だけ

メジャーセブンスコードは、長7度を表すのに「M7」としました。ドミナントセブンスコードは、短7度を使っているので「m7」になると思ってしまいますが、これだと他のコードになってしまいます。なので短7度をコードネームに表す時は「7」だけです。「C7」なら「シー・ドミナント・セブンス」と言うのが正式かと思いますが、ドミナントを省略して「シー・セブンス」や「シー・セブン」と呼ばれることの方が多いです。

属七の和音の響き

日本式ではドミナントセブンスコードを属七の和音(ぞくしちのわおん)と言います。片一方の鍵盤図と音源がC音を根音とする、長七の和音で、もう一方の鍵盤図と音源が、根音は同じC音の、属七の和音です。長七の和音に比べると属七の和音は、不安定で落ち着かない響き、と思う人が多いかと思います。実際に、属七の和音は不安定な響きを特徴としており、他のコードへ移りたがる習性があります。

ドミナントセブンスコードのベースライン

コード進行は、同じルートのメジャーコードからドミナントセブンスコード、という流れです。2・4・6・8小節目がドミナントセブンスコードで、短7度の記号の音が短7度を表していますが、2小節目のように、ルートから音が高くなっている、上の短7度と、6小節目のように、ルートから音が低くなっている、下の短7度の見分けが、出来るようにしてください。8小節目は、上と下の両方の短7度を使っているのが分かります。

ドミナントセブンスコードの書き方

ドミナントセブンスコードは、2・4小節目のように、ルートの右隣に「7」を書いての表記がほとんどです。しかし、6・8小節目にもある、アルファベットの小文字の「f」を、左右に反転させたような「欧米式の7」と書く場合もあります。これはコードネームに関係なく、欧米人は数字の「7」を「欧米式の7」と書く人もおり、それをコードネームにも使っている分けです。なので、ドミナントセブンスコードに関わらず、他のコードにも「欧米式の7」とあったなら、それは数字の「7」だと思ってください。