メジャーセブンスコードは「根音・長3度・完全5度・長7度」という構成でした。そこから長3度を半音下げてやるとマイナーメジャーセブンスコードになります。コード名がややこしいので、何の音がメジャーになるのか、マイナーになるのかを、整理しながら見ていきましょう。

マイナーメジャーセブンスコード

マイナーメジャーセブンスコードのポジション指板図

マイナーメジャーセブンスコードのポジション

上の指板図は過去のページで説明した、メジャーセブンスコードのポジションです。長3度を表す長3度の記号を半音下げ、短3度の短3度の記号にしてやった、下の指板図のポジションがマイナーメジャーセブンスコードです。コード「CmM7」なら「C」が根音のルートを、「m」が短3度を、「M7」が長7度を表しています。5度が完全5度の場合は省略されますが、もしも完全5度が半音上がると「CmM7(#5)」といったように表されます。

短三長七の和音の響き

マイナーメジャーセブンスコードの日本名は短三長七の和音(たんさんちょうしちのわおん)です。左の鍵盤図がC音を根音とする、長七の和音で、右の鍵盤図もC音が根音の、短三長七の和音です。鍵盤図を見ても、長3度の長3度の記号と、短3度の短3度の記号が、半音だけ違うというのが分かります。3度の音というのは、その和音の性格を大きく左右する音で、この両方の和音の響きも、大きく違っているのが分かると思います。

マイナーメジャーセブンスコードのベースライン

1・3・5・7小節目は三和音のマイナーコード、2・4・6・8小節目は、四和音のマイナーメジャーセブンスコードです。2・4・8小節目はルートを始め、全てのコードトーンを使っていますが、6小節目はルートと長7度しか使っていません。このようにシンプルなベースラインでもいいですし、もっと動きを出したいと感じたら、残りの短3度と完全5度も使った、ベースラインを作ってみましょう。

マイナーメジャーセブンスコードの書き方

2小節目の「CmM7」という書き方が、最も多く見られるかと思います。4小節目の「BmMaj7」という表し方もありますが、文字数が多くなるので、個人的には好きではありません。6・8小節目の「m」を「」で、「M7」を「△7」で表す場合もあります。組み合わせは自由で「Dm△7」などとしても構いません。